韓国語・ハングル特集

韓国語にはお疲れ様がたくさんある?韓国語で「おつかれさま」を使い分けしよう!

韓国語にはお疲れ様がたくさんある?韓国語で「おつかれさま」を使い分けしよう!

韓国語でおつかれさま
韓国語でおつかれさま
韓国語で「おつかれさま」ってどう伝えたらいいの?お疲れ様、とか仕事や友達によっていろいろありそう。
韓国語で「おつかれさま」は「수고하다(スゴハダ)」が基本形だけど、もちろんTPOに応じて伝え方がたくさんあります。今回は韓国語でおつかれさまを利用シーン別にご紹介しますね。

日本語ではビジネスシーンをはじめ、日常でも「お疲れ様」という機会がたくさんあるかと思います。

もちろん韓国語にも「お疲れ様」という表現があるのですが「お疲れ様」の中にも実は色々な表現やフレーズがあるんです!

ここでは、ビジネスで使われるものから旅行の時など挨拶のようにも使えたり、友達とSNSなどでも使えたりする表現まで、幅広いハングルの「お疲れ様」を一気に解説していこうと思います。

まず韓国語のお疲れ様の「基本形」を知る

まず「お疲れ様」は韓国語でなんと言うでしょうか?

韓国語では「수고하다(スゴハダ)」が基本形となります。ただ、この単語は基本形そのままでは、あまり使うことはありません。

韓国語では「수고하다(スゴハダ)」が基本形

この「수고하다(スゴハダ)」をベースとして、シュチュエーションにあった形で変えていきますので、自分が使いたい状況にあっているものを選んで使ってみてくださいね。

よく使われる韓国語の「お疲れ様でした!」

まずは一番よく使われる「お疲れ様でした」から見てみましょう。

・会社のミーティングが終わり、「お疲れ様でした!」
・試合が終わり、「お疲れ様でした!」
・お疲れ様でした。お先に失礼します。

このような状況で使われる「お疲れ様でした!」は「수고하셨습니다(スゴハショッスmニダ)」になります。

発音は「スゴハショッスムニダ」よりも、ムの部分を英語のmを発音するような形で喋るのがコツです!この発音が上手くできると、さらにネイティブのように聞こえます。

韓国語でお疲れ様!本当にお疲れ様でしたと心を込めて言いたい時は?

ここで早速ですが、「수고하셨습니다(スゴハショッスmニダ)」の応用編をしていきます。

「お疲れ様でした」は簡単な挨拶程度で使われることも多いですが、「本当にご苦労様でした、お疲れ様でした」と心を込めて言いたい時は、ただ「수고하셨습니다(スゴハショッスmニダ)」ではなく、「정말 수고 많으셨습니다(チョンマル スゴ マヌショッスmニダ」というと、さらに気持ちが伝わります!

直訳すると、「本当にご苦労が多かったです」です。

本当にお疲れ様でした、と気持ちを伝えたい時にはピッタリです!

会社での立場別、韓国語の「お疲れ様でした」

お疲れ様でしたと言うワードは、やはりオフィスで一番よく使われるのではないでしょうか?

会社の場合ですと、上司、部下、同僚などそれぞれ立場があるかと思います。そのため、関係性にあった「お疲れ様でした」を使うのがポイントです!

特に韓国の場合は、年齢や上下関係を気にする方も多く、使うものを間違えると少し失礼になることもあるので、きちんと使い分けることをお勧めします。

韓国語で部下が上司に「お疲れ様でした」と言う時

このシチュエーションの場合は、先ほど説明した「수고하셨습니다(スゴハショッスムニダ)」が最適です。

状況によっては「수고 많으셨습니다(スゴ マヌショッスムニダ)」を使っても問題ありません。

基本的に、「수고하셨습니다(スゴハショッスmニダ)」と「수고 많으셨습니다(スゴ マヌショッスムニダ)」は、この後に出てくるものに比べると丁寧な表現なので、迷った時には2つのうちどちらかを使うことをお勧めします。

韓国語で上司が部下に「お疲れ!」と言う時

職場によっては、上司でも部下に敬語を使うこともあれば、敬語は使わずタメ口を使う会社もあるかと思います。

まず、上司が部下に敬語を使う場合、でも比較的フランクな感じの場合は「수고했어요(スゴヘッソヨ)」と言います。

日本語に訳すと「お疲れ様でした」にはなるのですが、「수고하셨습니다(スゴハショッスmニダ)」に比べると、部下が上司に対して使うには少しフランクすぎるニュアンスのため、部下から上司に使うには若干失礼な感じになってしまいます。

「수고했어요(スゴヘッソヨ)」はタメ口ではありませんが、基本的には上司から部下に使う軽い敬語のようなイメージです。

またタメ口でいう場合は、「수고했어(スゴヘッソ)」「수고해(スゴへ)」になります。

スゴヘッソの方は過去形なので、お疲れでした〜!くらいのイメージです。また、スゴへの方は現在形なのでお疲れ!といった感じになります。

韓国語で同僚や友達に「お疲れ!」と言う場合

タメ口で、対等な関係、同僚や友達にお疲れという場合は、上司が部下に言う時と同じく「수고해(スゴへ)」「수고했어(スゴヘッソ)」を使うことができます。

なお、さらにフランクに、おつ!くらいのニュアンスで使う場合は「수고(スゴ)」と言います。

これは会社で使う際には、日本語からも分かるように、かなりフランクな関係である必要があります。上司から部下へとても軽い挨拶で使うこともできなくはありませんが、関係性が近い必要があるので、使う際には要注意が必要です。

また、この「수고(スゴ)」をLINEなどメッセンジャーやSNSで文字に書いて使う場合は、「ㅅㄱ」と書くこともあります。

よく若い方のチャットなどに登場してくる単語です。辞書や翻訳機などでは検索しても出てこないので、覚えておくといいかもしれませんね!

韓国語で「おつかれさま」。ビジネスだけでなく旅行の時にも!

お疲れ様という言葉は、実はビジネスだけでなく、普段の生活や旅行の時などにも使うことができるんです。どんな風に使えるのか、こちらも紹介していきます。

「ありがとうございます」より「ご苦労様です」

旅行に来た時に、レストランやコンビニ、タクシーなど、店員さんや運転手さんに挨拶をする際に「감사합니다(カムサハムニダ)」(ありがとうございますの意味)を使う方も多いのではないでしょうか?

もちろん「감사합니다(カムサハムニダ)」も使われますが、ありがとう以外の表現もかなり多く使われます。

まず、1つ目はさようならの意味の「안녕히 계세요(アンニョンヒ ケセヨ/안녕히 가세요(アンニョンヒ カセヨ)」 です。

韓国語には、さようならという単語は2種類あります。もし自分がその場から去る立場の場合は、「안녕히 계세요(アンニョンヒ ケセヨ)」、自分がその場に残る場合は「안녕히 가세요(アンニョンヒ カセヨ)」を使います。旅行中は大体の場合が、自分が去ることが多いので、アンニョンヒ ケセヨを使うことが多くなるかと思います。

そして2つ目が、お疲れ様です、ご苦労様ですの意味の「수고하세요(スゴハセヨ)」です。特に、コンビニやタクシーなどで、別れ際によく使われます。

ありがとうございますに加えて、お疲れ様です、ご苦労様ですの「수고하세요(スゴハセヨ)」まで現地の言葉で使えると素敵ですね。

【まとめ】色々な韓国語のお疲れ様!

今回は、韓国語の色々な「お疲れ様」をまとめてみました。

日本語では「お疲れ様です」「ご苦労様です」など、そこまで種類は多くありませんが、韓国語ではかなり多くの表現があります。少しずつニュアンスが違うので、最初は少し覚えるのは大変ですが、状況に合わせて使いこなせたらかっこいいですね!

また旅行の時などでも、「수고하세요(スゴハセヨ)」を使えるシーンもたくさんあるかと思うので、是非使ってみてくださいね。

今回は韓国語で「おつかれさま」を使い分け特集でした

今回は韓国語で「おつかれさま」を使い分け特集しました。他にも覚えておくといい韓国語はたくさんあります。こちらも是非ごらんくださいね。

韓国語大好き
韓国語大好き
こちらの記事もご覧いただくとより韓国語に詳しくなれますよ~。

韓国語を勉強しようかな、と思ったら

韓国語大好き
韓国語大好き
すこしでも韓国語に興味をもったら、全国に10校舎もある評判がいい韓国語教室K Villageで一度無料体験レッスンがお勧め!
韓国語大好き
韓国語大好き
こんなに綺麗な教室で安く楽しく韓国語が勉強できちゃいます!しかも最近はオンラインでもレッスン可能になったみたい!更に授業料金は据え置き!


なんと今なら500円分のQuoカードキャンペーン!(今月だけみたい)
今すぐ無料体験が絶対にお得!!

↓↓↓↓
\ 無料体験はこちら /

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
韓国語、カカオフレンズ、そして副業時代の生き方まで幅広いジャンルの記事を書いています。
なんと500円で学べる韓国語


韓国ドラマを字幕なしで見てみたい!
旅行で使える韓国語を身につけたい!
K-POPをもっと楽しみたい!

すこしでも韓国語に興味をもったら8,000人がレッスンをする、日本最大級の韓国語教室K Villageでまずは無料の体験レッスンがお勧めです。しかも安心の上場グループ会社。

なんと今なら500円分のQuoカードキャンペーン!(今月だけみたい)
今すぐ無料体験が絶対にお得!!
↓↓↓↓↓↓↓


テキストのコピーはできません。