韓国語

【韓国語】韓国語ってどんな言葉?韓国語について勉強してみよう!

【韓国語】韓国語ってどんな言葉?韓国語について勉強してみよう!

韓国語というと皆さんどのようなイメージがあるでしょうか?

韓国語のイメージ

文字が記号みたいに見える!
韓国アイドルが話す言葉を聞いていると、たまに発音が日本語と同じような単語がある!
英語と違って文法の順番が同じだから比較的学習しやすいと聞いた!

などなど…韓国語には色々なイメージがあるかと思います。

今日は韓国語完全初心者の方に向けて、韓国語の基礎中の基礎、そして単語から韓国旅行で使えるフレーズまでをご紹介していこうと思います。

趣味や資格や仕事のためなど、韓国語を知ることが韓国語勉強にも繋がります。今回は韓国語について特集ささます!

【韓国語】韓国語の文字、ハングルについておさらい

日本語の文字は、ひらがな、カタカナ、漢字が使用されるように、英語ではアルファベット、韓国語では「ハングル」と言われる文字が使用されます。

漢字も若干使用されることもありますが、基本は「ハングル」のみとなります。

このハングル、歴史的に見ると比較的最近できた言語であるため、とても効率よくできている文字と言われています。

世宗(セジョン)という昔の国王が作った文字です。韓国旅行などに行かれたことがある方は、キョンボックンという宮殿の前に、大きな銅像があるので、見たことがある方も多いかもしれません。

朝鮮半島全体で使われている文字のため、北朝鮮も同じくハングルを使用します。

また、韓国語北朝鮮で使われている言葉を比べると若干の発音の違い、使われる単語の違いはありますが、ベースは同じなので、方言くらいの違いだと思うとわかりやすいかもしれません。

【韓国語】ハングルの仕組み

それでは、ハングルはどのような仕組みになっているのでしょうか?

日本語は、ひらがなカタカナ漢字がありますが、ひらがなとカタカナを覚えるだけでもかなり多いのがわかるかと思います。

実はハングルも1つ1つ覚えていく場合は、日本語よりも多いと言われていますが、組み合わせることで構成されているので、逆に覚えるものは少ないです。

早速ハングルをご紹介していきます。

【韓国語】ハングル子音について

韓国語のハングル、その子音について表にまとめてみました。これは丸暗記してくださいね。

ハングル子音 読み方・発音
k,g
n
t,d
r,l
m
b,p
s
j,z
ch
k
t
p
h
kk
tt
pp
ss
cch

【韓国語】ハングル母音について

ハングル母音 読み方・発音
a
ya
eo
yeo
o
yo
u
yu
eu
i
e
e

以上が韓国語の基本になる子音と母音です。これは韓国語をマスターする上では丸暗記してくださいね。

教科書によって、ローマ字の表記が若干違うと思いますが、そもそもローマ字やカタカナでは表記できないので、あくまで目安で考えてもらえれば大丈夫です。

ハングルは上記の子音と母音が組み合わせることで、一つの文字となります。基本的には、子音単体、母音単体では成り立ちません。

【韓国語】ハングルを組み合わせて文字を作ってみましょう!

早速単語を例に、ハングルを組み合わせて文字を作って見ましょう!

【韓国語】まずは「道路」を韓国語で

まずは「道路」です。韓国語では「どろ」と言います。とても似ていますね!

ハングルに慣れるまでは、考えやすいようにローマ字にひとまず置き換えてみるのもおすすめです。

①do roと考えます。
②d→ㄷ,o→ㅗ 組み合わせると「도」となります。
③r→ㄹ,o→ㅗ 組み合わせると「로」となります。
④道路→도로

子音と母音を組み合わせる際には、必ず子音が上もしくは左に書きます。縦線が長い母音は右に、横線が長い母音は下に書きます。

次は日本人でおなじみの「佐藤さん」を韓国語で

続いては、名前で考えて見ましょう!佐藤さんの場合、基本的には下記のように表記することが多いです。

①sa to u
②s→ㅅ,a→ㅏ 「사」
③t→ㅌ,o→ㅗ 「토」
④u→ㅜ

母音だけになってしまいました。基本的に韓国語は、母音のみ、子音のみでは成立しません。

そのため、子音にある「ㅇ」を使います。「ㅇ」自体には基本的に、音がないハングルになります。

⑤u→ㅜ 「우」
⑥satou→사토우

いかがでしょうか?組み合わせるだけで単語が完成しました!その気になれば、1日でも覚えることができるかもしれませんね。

【韓国語】韓国語で必須のハングル母音の発音について

続いて韓国語に母音の発音について説明していきます。

特に日本語にはなく、難しい発音のみピックアップしてご紹介します。

오と어

まず1つ目は오と어です。上記の母音には오(o)어(eo)と表記しました。

어も「エオ」ではありません。どちらもあえてカタカナで表記する場合は「オ」となります。

오は口をすぼめるようにして、「オ」と発音します。어は口を縦にあけ「ア」というような形を作り、「オ」と発音します。

우と으

2つ目は우と으です。どちらもカタカナで表記すると「ウ」になりますが、発音の違いがあります。

우は口をすぼめ「ウ」と発音するのに対し、으は口は平べったく横に開き「イ」と言うときのような形を作り「ウ」と発音します。日本人が発音しにくい発音のうちの1つと言われています。

애と에

母音の最後に애と에です。これは、実は韓国人でも区別して発音できる方はほぼいないと言われています。

どちらも日本語と同じ「エ」で発音すればOKです!単語によって、使うものが変わりますので、単語ごとに覚える必要があります。

なお、日本人が名前を表記する際には에を使う方が多くみられます。

【韓国語】ハングルの子音の発音

母音の次は、子音に関してです。基本的にはローマ字で組み合わせればできますが、日本語と少し異なる部分についてご紹介していきます。

ㄲ(kk) ㄸ(tt) ㅃ(pp) ㅆ(ss) ㅉ(cch)

これらのハングルは、すべて発音が少し強いものとなります。

ご覧の通り、ローマ字がすべて二つ連なっています。例えば、까の場合はkk aとなりますね。そのため発音は「ッカ」というイメージです。

ただ「カ」というのではなく、最初に「ッ」があるイメージで発音してみてください。
ㄸ ㅃㅆㅉも同様です。

【韓国語】韓国語の難敵パッチムとは?

続いて、韓国語のパッチムをご紹介します。ハングルにはパッチムと言われるものが存在します。

これは、子音+母音に、さらに子音のみプラスしたものです。パッチムは必ずハングルの下の段に書きます。

例えば、約束という単語は韓国語で「약속」と書きます。약속をローマ字に置き換えて考えてみると、「yaksok」となります。

ya→야 k→ㄱ so→소 k→ㄱになり、야ㄱ소ㄱになります。

子音だけや母音だけで存在することはできないので、ㄱはパッチムとなり、下の段に書きます。結果、약속となります。発音する際も、「ya ku so ku」とは発音せず、ヤッソッといった感じで発音します。なお、kを意識しながら喋ると自然な発音となります。

特に発音が難しいパッチムに、ㄴ,ㅇが挙げられます。

ㄴとㅇは、パッチムの時にはどちらも「ン」の発音ですが、発音に違いがあります。ㄴの際は、舌を上顎につけた状態で「ン」と発音するのに対し、ㅇの際は、下を下げた状態で「ン」と発音します。

実は日本語でもどちらの発音も使われますが、どちらも「ん」と表記され、単語によって無意識に使い分けています。

例を挙げると、「あんた」という時の‘ん’は、上顎についた状態かと思います。

そのため、ㄴの発音になっています。また「韓国」という時の‘ん’は、下が下がった状態になります、そのためㅇの発音に近いです。

これらを意識的に区別して発音しなければいけないため、パッチムの発音は特に日本人にとって難しいものになります。

【韓国語】空白について

日本語の場合、ひらがな・カタカナ・漢字があるのに対し、韓国語にはハングルしかありません。

もし日本語も、ひらがなのみで書かれていたらどうでしょうか?

もしにほんごもひらがなのみでかかれていたらどうでしょうか?

とても読みにくいですね!

そのため、韓国語には띄어쓰기と呼ばれる、単語間にスペース(空白)を入れて書くという決まりがあります。英語と同じような感じです。

助詞などは離さずくっつけて書きますが、意外と難しく、韓国人でもよく間違えることもあります。

以上が韓国の文字、ハングルについての大まかな説明となります。文章で考えると難しいかもしれませんが、実際に学習してみると、とても形態的にできているので、学習しやすいかと思います。

韓国語のことわざに「시작이 반이다」というものがあります。

直訳すると、始めが半分だになります。スタートがかなり大変だけども、始めてしまえば半分は終わったようなものだという意味ですね。ぜひハングル学習、チャレンジしてみてください!

【韓国語】韓国語の文法

ハングルに引き続き、韓国の文法についてもご紹介していきます。

まず、語順は日本語と韓国語はほぼ同じです。また、日本語と同じように助詞も使用します。それでは、大まかに文法を見ていきましょう。

韓国語で「〜です」

「〜です」にあたる韓国語は、2種類あります。1つは입니다,もう1つは이에요/예요です。

입니다は少し硬い印象のある丁寧語です。ニュースや、会社の少し格式のある会議、また軍隊などで使われます。

日常会話ではそこまで多用することはありませんが、大ヒットドラマ「太陽の末裔」の影響で、一時期この입니다形式で話すというのも流行りました!(ドラマ内の主人公は、任務中ほぼ입니다の形式で話すためです)

一方で同じく「〜です」ですが、少し柔らかい印象のあるものは「이에요/예요」です。이에요は直前の単語の最後にパッチムがある際に、예요はパッチムがない時に使われます。

この「이에요/예요」は、タメ口ではありませんが、입니다よりはラフな表現です。そのため、会社の社長と話すなど、状況によっては입니다を使う方がいい時もあります。
それでは例文で見てみましょう!

学生です

1) 학생 입니다.
2) 학생 이에요.

学生は학생と言います。パッチムがあるので、이에요が使われますね!

佐藤です

1) 사토우 입니다
2)사토우 예요.

佐藤の場合はパッチムがありませんので예요が使われます。

韓国語で「〜ます」

「〜ます」にあたる韓国語も、「です」と同様に2種類が存在します。

ニュアンスの違いに関しては先ほどの입니다/이에요と同じです。動詞、形容詞、形容動詞すべてこの文法が使われます。

まず1つ目は「ㅂ니다/습니다」です。

動詞、形容詞、形容動詞はすべて基本形(原型)がありますが、その語尾の部分を「ㅂ니다/습니다」に変える必要があります。

韓国語の動詞、形容詞、形容動詞の基本形はすべて「〜다」の形です。もしその前にパッチムがない場合は+ㅂ니다、パッチムがある場合は+습니다です。

実際に例で見てみましょう。

可愛い: 귀엽다→귀업습니다
便利だ: 편리하다→편리합니다
食べる: 먹다→먹습니다
言う: 말하다→말합니다

続いて2つ目は、「아요/어요」です。

先ほどと同様、動詞、形容詞、形容動詞に使うことができます。

「〜다」の直前の母音がㅏ,오の場合は+아요

「〜다」の直前の母音がㅏ,오以外の場合は+어요

になります。

少し難しくなりますので、細かく分けて説明していきます!

基本(다の直前にパッチムがある時!)

美味しい: 맛있다→맛있어요

「맛있다」다の直前は있ですね!母音はlで、ㅏ,오ではないため、+어요になります。

良い: 좋다→좋아요

「좋」母音はㅗです。そのため、+아요になります。

食べる: 먹다→먹어요

「먹」母音はㅓのため、+어요です。

小さい: 작다→작아요

ㅏのため、+아요です。

ここまでは問題ないかと思います。続けて他のパターンも見ていきましょう!

다の直前にパッチムがない時!

慣れてしまえば簡単なのですが、最初はこれが一番難しいかもしれません。早速練習してみましょう。

①直前の母音がㅏ,ㅓ,ㅐの時
この3つの母音の時は、そのまま+요で完成です。

行く: 가다→가요
乗る: 타다→타요
立つ: 서다→서요
抜く、除く: 빼다→빼요

②直前の母音がㅜ,ㅗ,ㅣ,ㅚの時
これらは、先ほどのパッチムがある時と同様なので、ㅏㅗの時は+아、ㅏㅗ以外の時は+어になります。ですが、この4つの場合は特別で、合体することができます。

ㅜ+어→ㅝ
覚える:외우다→외워요

ㅗ+아→ㅘ
見る:보다→봐요

ㅣ+어→ㅕ
酸っぱい:씨다→쎠요

ㅚ+어→ㅙ
お目にかかる:뵈다→봬요

③直前の母音がㅡの時
直前の母音がㅡの際は、文字数に注目する必要があります。2文字の時と3文字以上の時とで分けて考えます。

<2文字の時>
2文字の時は、母音のㅡはなくなり、+어요です。
  
大きい: 크다→커요
使う、書く、苦い: 쓰다→써요
浮く: 뜨다→떠요

<3文字以上の時>
3文字の時は、다の2つ前の母音(ㅡの1つ前の母音)を見る必要があります。다の2つ前の母音がㅏㅗの際はㅡはなくなり+아요です。다の2つ前の母音がㅏㅗ以外の場合は、同じくㅡはなくなり+어요になります。

綺麗だ: 예쁘다→예뻐요
(다の前の母音がㅡです。3文字以上のため、もう1つ前の母音を見ます。ㅖはㅏㅗではないため、+어요になります)

痛い: 아프다→아파요
(프の前の母音がㅏのため、+아요ですね!)

④直前の母音がㅏ,ㅗ,ㅐ, ㅜ,ㅗ,ㅣ,ㅚ,ㅡ以外の時
+어요になります。

休む: 쉬다→쉬어요

하다の時!

〜ヘヨはもしかしたら聞いたことある方もいるかもしれません。韓国語の形容動詞の、基本形はすべて「하다」で終わります。また、動詞も「〜하다」と言う動詞がとても多いです。これらはすべて「〜해요」になります!

愛してる: 사랑하다→사랑해요
静かだ: 조용하다→조용해요
好きだ: 좋아하다→좋아해요
料理する: 요리하다→요리해요

例外!

例外が1つ2つではないので、ここですべてご紹介するのは難しいですが、特に使われるもののうち、注意が必要な例外をいくつかご紹介します。

①다の前のパッチムがㅂの時
例えば可愛いと言う単語は「귀엽다」になります。다の直前にパッチムがあり、母音はㅏㅗではないため、+어요ですね!ですが、귀엽어요ではありません。

귀엽다のㅂがなくなり、代わりに우になります。そしてそこに+어요が入るため、귀여우+어요になります。우と어は1つのハングルで워と表現できるため、귀여워요になります。

可愛い: 귀엽다→귀여워요
寒い:춥다→추워요
美しい:아름답다→아름다워요
ありがたい: 고맙다→고마워요

②다の前のパッチムがㄷの時
歩くは「걷다」と言います。これも例外のうちの一つですが、걷어요ではありません。다の前のパッチムがㄷの時には、ㄷがㄹに変わります!その上で、+아요,어요です。

歩く: 걷다→걸어요
聞く: 듣다→들어요
尋ねる: 묻다→물어요

ただパッチムがㄷの時にㄹに変わる例外は、そこまで多くありません。例えば、閉める(닫다)の場合は、例外にはならず닫아요になります。

③다の前のパッチムがㅅの時
다の前のパッチムがㅅの時は、特に例外なく+아요,어요の時もあります。例外ではないものからご紹介します。

脱ぐ: 벗다→벗어요
笑う: 웃다→웃어요
洗う: 씻다→씻어요

続いて例外の時をご紹介します。例外の時は、ㅅがなくなり、+아요,어요になります。

治る: 낫다→ 나아요
建てる: 짓다→ 지어요

日常会話で使われるㅅの単語のうち、例外自体はそこまで多くないので、まずは例に出した単語を基本に覚えておけば大丈夫です。

ここではすべての「〜ます」についてご説明することはできませんが、以上が「〜ます」の大まかな説明になります。少し複雑なので、最初は少し難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です!

とにかく、例文などを作りながら声に出して練習をすると、このシステムを考えなくても自然と「아요,어요」を使えるようになるかと思います。

韓国語の「助詞」

韓国語も日本語と同じように助詞があります。また、助詞による若干のニュアンスの違いもほぼ同じなので、とても学習しやすいです!

韓国語の助詞「が」

まず、日本語で「が」にあたる助詞は韓国語で、이/가です。直前にパッチムがある場合は이を使用し、パッチムがない場合は가になります。

例)あなたが先生ですか? 당신이 선생님 입니까? (당신: あなた 선생님:先生 입니까:ですか)
  はい、私が先生です。 네 제가 선생님 입니다. (네:はい 제가:私が)

韓国語の助詞「は」

続いて、「は」は은/는です。「が」と同様、パッチムがある場合は은、ない場合は는になります。

例)私は日本人です。저는 일본 사람 입니다.(저는:私は 일본사람:日本人)
先生は40歳です。 선생님은 40살 입니다.(살: 歳)

韓国語の助詞「を」

「を」は韓国語で을/를です。もしかしたら勘付いた方もいらっしゃるかもしれません。パッチムがある場合は「을」、ない場合は「를」です。

例)今日、映画を見ます。오늘 영화를 봅니다.(오늘:今日 영화:映画 봅니다:見ます)
  プルコギを食べました。불고기를 먹었어요.(불고기:プルコギ 먹었어요:食べました)

韓国語の助詞「に」

「に」はいくつかあります。まず、「人+に」の場合は에게です。また「場所+に」の場合は에になります。これらは、パッチムの有無にかかわらずつ同一で使われます。

例)友達にプレゼントをあげました。친구에게 선물을 줬어요.(친구:友達 선물:プレゼント 줬어요:あげました)
  ソウルにいます。서울에 있습니다.(서울:ソウル 있습니다:います)

韓国語の助詞「で」

「場所+で」の場合は、〜에서です。これもパッチムの有無にかかわらず에서を使います。また、「〜で 〇〇する」という時は으로/로を使用します。パッチムがある場合は으로、ない場合は로です。
例)公園で遊びます。공원에서 놀아요.(공원:公園 놀아요:遊びます)
  飛行機で行きます。비행기로 갑니다.(비행기:飛行機 갑니다:行きます)

韓国語の助詞「の」

韓国語では「의」と表現されます。もちろん韓国語も使われますが、日本語ほど使われません。

例)これは彼女のカバンです。이것은 여자친구의 가방입니다.(이것:これ 여자친구:彼女 가방:カバン)
  今日の夜、雨が降ります。오늘 저녁에 비가 내려요.(오늘:今日 저녁:夜 비:雨 내려요:降ります)

この時は、「の」の「의」は省略されることが多いです。日本人は「의」を多用しがちなので、注意が必要です。

韓国語の助詞の例外!

助詞は、基本的には同じようなものも多いですが、例外もいくつか存在します。特によく間違えやすいものをいくつかご紹介します。

ケーキが好きです

케이크를 좋아합니다.(케이크:ケーキ 좋아합니다:好きです)

日本語をそのまま韓国語に変える場合は、「が」のため「가」ですが、韓国語では「を」にあたる「을/를」を利用します。

車に乗ります

차를 타요.(차:車 타요:乗ります)
「に」の場合は本来「으로/로」ですが、韓国語では「を」にあたる「을/를」が使われます。

以上は日常生活でもよく使われ、日本語から韓国語に変えるさいに間違いやすいので、注意が必要です。

韓国語の「数字」

最後にご紹介するのは、韓国語の数字です。まず一番基本になる、1〜10までご紹介します。

韓国語基本の数字

それでは韓国語基本の数字についてみていきましょう。

数字 韓国語 読み方
1 イr
2
3 サm
4
5
6 ユk
7 チr
8 パr
9
10 シp
100 ぺk
1000 チョン

日にちや階などに使われます。例えば1月1日の場合、1월1일(イrウォr イrイr)と言います。

なお、6月と10月は例外で、육월と십월ではなく、유월と시월です。日にちは、日本語のように不規則ではなく、すべて数字+日(일)なので学習しやすいです。
また、階数も同じく数字+階( 층)です。

韓国語の助数詞

日本語でもひとつ、ふたつと言うように、韓国語にも助数詞の表現があります。

数字 韓国語の助数詞
1 하나,한
2 둘,두
3 셋,세
4 넷,네
5 다섯
6 여섯
7 일곱
8 여덟
9 아홉
10

一つ二つ以外にも、人数などにもよく使われます。1人、2人の時は한명,두명と言います。日本語では1個(いっこ)2個(にこ)と表現しますが、韓国語では한개,두개とこの助数詞を利用します。

他にも時間にもこの助数詞が使われます。時間を助数詞で、分数は数字で表現します。例えば10時10分の場合は、열시 십분と言います。십시 십분ではないので注意が必要です。

【まとめ】韓国語についてまとめてみた

いかがでしたでしょうか?韓国語はどんな言葉なのか、特にこれから韓国語の勉強を独学で始めたい!と言う方に向けて、基礎から韓国語についてまとめてみました。

特に、韓国語を話すためには、発音ももちろん重要ですが、語彙を増やしたり、文法を学習したりすることもとても重要です。

また、韓国語の資格のうち、韓国語能力試験もあります。特にスピーキングのテストはないので、独学で勉強することも可能です。

韓国語、勉強してみようかな?と言うきっかけになればと思います!

今回は韓国語について特集しました

今回は韓国語について特集しました。韓国語を勉強する際のポイントをまとめていますのでこちらの記事もご覧下さいね。

韓国語大好き
韓国語大好き
こちらの記事もご覧いただくとより韓国語に詳しくなれますよ~。

韓国語を勉強しようかな、と思ったら

韓国語大好き
韓国語大好き
すこしでも韓国語に興味をもったら、全国に10校舎もある評判がいい韓国語教室K Villageで一度無料体験レッスンがお勧め!
韓国語大好き
韓国語大好き
こんなに綺麗な教室で安く楽しく韓国語が勉強できちゃいます!しかも最近はオンラインでもレッスン可能になったみたい!更に授業料金は据え置き!


なんと今なら500円分のQuoカードキャンペーン!(今月だけみたい)
今すぐ無料体験が絶対にお得!!

↓↓↓↓
\ 無料体験はこちら /

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
韓国語、カカオフレンズ、そして副業時代の生き方まで幅広いジャンルの記事を書いています。
なんと500円で学べる韓国語


韓国ドラマを字幕なしで見てみたい!
旅行で使える韓国語を身につけたい!
K-POPをもっと楽しみたい!

すこしでも韓国語に興味をもったら8,000人がレッスンをする、日本最大級の韓国語教室K Villageでまずは無料の体験レッスンがお勧めです。しかも安心の上場グループ会社。

なんと今なら500円分のQuoカードキャンペーン!(今月だけみたい)
今すぐ無料体験が絶対にお得!!
↓↓↓↓↓↓↓


テキストのコピーはできません。