韓国語・ハングル特集

韓国語の「パッチム」が難しい!韓国語「パッチム」の克服方法をご紹介

韓国語の「パッチム」が難しい!韓国語「パッチム」の克服方法をご紹介

韓国語を勉強し始めた方や、韓国語勉強中の方は必ずぶち当たる壁が韓国語独自の発音方法「パッチム」ではないでしょうか?

この「パッチム」は日本語にはない発音なので、難しいと思う方は多いと思います。筆者も独学で勉強を始めましたが、やはり「パッチム」の壁はありました。

ですが逆に言ってしまえばこの「パッチム」さえ理解できるようになれば、知らない単語でも読む事ができますし、何と言っても韓国人が話す韓国語と同じようなネイティブスピーカーになれます!

「パッチムを制す者は韓国語を制す」と言っても過言ではありません。

ではそんな韓国語で会話をする上で最も重要な発音「パッチム」についてご紹介していきたいと思います。

「パッチム」とは

「パッチム」は韓国語で「받침」といいます。日本語発音は「パッチム」というように、最後に口を閉じていれば上手く発音できています。

「パッチム」は韓国語で「받침」

「パッチム」を韓国語で書く時は

韓国語表記:「받침」
カタカナ読み:「パッチム」

となります。実はこの「パッチム」も、正確に言うとパッチムを使用するので一番近い日本語発音は「パッチム」というように、最後に口を閉じていれば上手く発音できています。

韓国語の「パッチム」は“終音”という意味

基本的に韓国語は母音と子音を組み合わせて使用します。

例えば日本語で「さ行」にあたる子音の「ㅅ」と、「あ行」にあたる母音の「ㅏ」を組み合わせると「사:サ」というように読みますよね。

「は行」にあたる「ㅎ」と「え行」にあたる「ㅐ」を組み合わせると「해:へ」と読むように、二つの文字で形成される場合はそのまま読むだけなので、比較的簡単かと思います。

しかし、上の「사:サ」に日本語の「ま行」に当たる「ㅁ」をつけると「삼:サム」、「해:へ」に「ㅁ」をつけると「햄:へム」と変換されます。これが“パッチム:終音”ということになります。

韓国語の「パッチム」は7種類

パッチムは全部で“7種類”に分類されるので、一つずつご紹介していきます。

「ng」の音「ㅇ」

「ng(ン)」の音にあたる「ㅇ」は

「ㅇ」

の1種類に分けられます。

例えば韓国で大人気の「앙버터:アンボト(アンバター)」はご存じですか?パンの間にあんことバターを挟んだものを「앙버터:アンボト」と呼びますよね。「ㅇ」が入ったパッチムを使用しています。

日本語で「ん」という発音は英語で「nn」だけですが、この「앙」は「nn」でなく「ng」という日本語にない発音になります。カタカナで表すと「ング」と「ン」の間といった感じでしょうか。

このパッチムは発音が結構難しいので、「ん」にあたる「ㄴ:nn」と「ㅇ:ng」を聞き分けるリスニング対策としても勉強した方が良いパッチムです。

「m」の音「ㅁ」

「m」の音にあたる「ㅁ」は

「ㅁ」「ㄻ」

という2種類に分けられます。

これも先ほど紹介した「ん」にあたる「ㄴ:nn」と「ㅇ:ng」と近いのですが、この発音はコツを掴めば簡単に発音できますので、今回は「ㅁ:nm」と表記します。

冒頭で紹介した「햄:へム」は日本語で「ハム」という意味です。「は行」の「ㅎ」と「え行」の「ㅐ」を組み合わせて「해:へ」と読むのばばっちりですよね。

そして「해:へ」に「ま行」にあたる子音の「ㅁ:nm」を組み合わせると「햄:へム」となります。

この「ム」を小さく表記しているのは、発音するときに「ま:ma」を最後まで言い切らずに「m」のところで止める感じで発音して、言い終わった時に口が閉じている状態であれば上手に発音できています!

「n」の音「ㄴ」

「n」の音にあたる「ㄴ」は

「ㄴ」「ㄵ」「ㄶ」

という3種類に分けられます。

よく使う単語でいうと「괜잖아:ケンチャナ」には「ㄴ」「ㄵ」の二つが含まれていますね。

「괜」は正しくは「クェン」という発音になります。「か行」にあたる子音の「ㄱ」、「う行」にあたる母音の「ㅗ」、そして終音の「ㄴ」があり「く・え・ん」と読めるので、一つにまとめて「クェン」となります。

そして「잖아:チャナ」は、「괜」と同じように読むと「ちゃ行」の子音「ㅈ」と「あ行」の母音「ㅏ」、「ん」の「ㄴ」と「は行」の「ㅎ」と読むので、「ちゃ・ん・は」となってしまいますよね?

ですが、一文字の中の最後が「は行」の「ㅎ」になっていた場合はこの音が消えるという法則があり、それを踏まえると「ㄴ」が最後の文字になるので、次の文字の「아:あ」と「な行」にあたる「ㄴ」が「아:あ」と合体して「나:ナ」という音になります。

「p/b」の音「ㅂ」

「p/b」の音にあたる「ㅂ」は

「ㅂ」「ㅍ」「ㅄ」「ㄼ」

という4種類に分けられます。

よく使う単語だと「밥:パプ(ご飯)」や「앞:アプ(前)」「여덟:ヨドル(数字の8つ)」などがありますね。
パッチムで「ㅂ」や「ㅍ」がある場合は、最後に「p」がつくように発音をします。でも最後の「여덟:ヨドル(数字の8つ)」って最後「ル」になってるじゃんと思いますよね。
これは、カタカナで表現するのには限界があり、一番近い発音だと「여덟:ヨドルp」といったように、ほんの少し最後に「p」が入る感じで発音をします。

「k」の音「ㄱ」

「k」の音にあたる「ㄱ」は

「ㄱ」「ㅋ」「ㄲ」「ㄳ」「ㄺ」

という5種類に分けられます。
聞いたことがある言葉の中だと「박:パク(名前)」「볶음:ポックム(炒め)」「닭:ダク(鶏)」などが「ㄱ」のパッチムを使用していますね。

これも発音を小さい「ク」で発音しているので、もうなんとなくわかってきたかもしれませんが、「ク」を最後まで言い切らずに「ッk」と言うイメージで発音します。

「볶음:ポックム」は「~炒め」という意味で、「볶」は「は行」の「ㅂ」と「お行」の「ㅗ」、そしてパッチムの「ㄲ」が入っているので「ポk/ポク」という発音になります。

そして「ㄲ」のパッチムと次の「음:ウム」の「으」の部分がが連動して「ポックム」となります。

「r」の音「ㄹ」

「r」の音にあたる「ㄹ」は

「ㄹ」「ㄺ」「ㄼ」「ㄽ」「ㄾ」「ㅀ」

という6種類に分けられます。

この「ㄹ」も「ㅇ」と同様に日本人が発音しにくいとされているものなので、頑張って発音できるようになりましょう。巻き舌をイメージしてもらえると良いかと思います。

「빨리:ッパルリ(早く)」「밝다:パルッkタ(明るい)」などのよく使われる単語でご説明したいと思います。

“早く”という意味の「빨리:ッパルリ」は、「빠:ッパ」と「ㄹ」と組み合わせた言葉で、細かく言うと「빨리:ッパrリ」といったように少し「r」のニュアンスが入ったような発音をします。日本語読みの「ル」という文字は発音に含まれませんので注意しましょう。

そして「밝다:パルッkタ(明るい)」カタカナ表記にすると「???」となってしまいますよね。

先ほどの「빨리:ッパrリ」と同様に「ル」の音は発音せず、「r」のみ少し入った音プラス「か行」にあたる「ㄱ:k」が入っていますので、「밝다:パラッケタ」となります。

この「밝다:パラッケタ」は“明るい”という単語の基本形です。韓国語はパッチムを理解していないと、「明るいけど」と言いたい場合「밝은데:パルグンデ」というように形が変わるので、パッチムを理解しているかしていないかで、応用できる範囲が変わってきます。

「t」の音「ㄷ」

「t」の音にあたる「ㄷ」は

「ㄷ」「ㅅ」「ㅈ」「ㅊ」「ㅌ」「ㅎ」「ㅆ」

という7種類に分けられます。

「닫다:タッタ(閉める)」「따뜻하다:ッタットゥッタダ(暖かい)「핫하다:ハッタダ(ホットだ)」でご説明していきたいと思います。

「닫다:タッタ」はお店を閉める、という意味です。「た行」の「ㄷ」と「あ行」にあたる「ㅏ」で「다:タ」と読むのはもうばっちりですよね。

それにパッチムで「t」の音のパッチム「ㄷ」がつくので「닫다:タッタ」となります。
そして次からが少しややこしいのですが、「따뜻하다:ッタットゥッタダ」という単語の中で音が混ざる所は「뜻하」の部分です。

「さ行」の「ㅅ」と「は行」の「ㅎ」なのにどこから「t」の音のパッチム「ㄷ」が出てくるのか、と思いますよね。

これはもう規則性を覚えるしかない、というのが正直極論になります。韓国語の中で「ㅅ」のパッチムの後に「ㅎ」がきたら「ㅌ:タの音」になる、「さ行」の「ㅅ」ではなくこの場合は「だ行」の「d」の音になると覚えましょう。

ハングルで読み方あと当てはめると「따뜨타다」となります。

そして最後の「핫하다:ハッタダ」は若者の間でよく使われる単語で、英語から来ている韓国語になります。英語では「hot」、韓国英語になると、「핫:ハッ」と英語と同じように最後の「t」の部分を発音しません。

となると先ほどの「따뜻하다:ッタットゥッタダ」と同じ規則性が見えてきますよね。

「ㅅ」のパッチムの後に「ㅎ」がきたら「ㅌ:タの音」になるので、この場合は「핫하다:ハッタダ」となります。

韓国語大好き
韓国語大好き
こちらの記事もご覧いただくとより韓国語に詳しくなれますよ~。

韓国語を勉強しようかな、と思ったら

韓国語大好き
韓国語大好き
すこしでも韓国語に興味をもったら、全国に10校舎もある評判がいい韓国語教室K Villageで一度無料体験レッスンがお勧め!
韓国語大好き
韓国語大好き
こんなに綺麗な教室で安く楽しく韓国語が勉強できちゃいます!しかも最近はオンラインでもレッスン可能になったみたい!更に授業料金は据え置き!


なんと今なら500円分のQuoカードキャンペーン!(今月だけみたい)
今すぐ無料体験が絶対にお得!!

↓↓↓↓
\ 無料体験はこちら /

韓国語で「パッチム」は必須

「パッチム」を理解していないと文が成り立たないので韓国語で「パッチム」は必須です。

「パッチム」を理解していないと文が成り立たない

“書けなくても話せればいい”と思って勉強される方もいらっしゃいますが、韓国語の単語ほとんどにパッチムがあるので、その単語のパッチムを理解していないと接続詞などが来た時に繋げる事ができません。

上でご紹介しましたが、「밝다:パラッケタ」は“明るい”という単語の基本形です。確かに“明るい”だけ伝えたい場合は良いですが、「明るいけど」のように「근데/은데:~だけど」という意味の接続詞が来た場合、「밝다:パラッケタ」の中にどんなパッチムが入っているか知っていないと「밝은데:パrグンデ」とパッと出てこないですよね。

ですので韓国語をネイティブ並みに話したい!という方は、パッチムをしっかり理解しておきましょう。

私の韓国語パッチム克服法

私のパッチム勉強方法は、ハングルは全て覚えた上で、韓国人が実際に喋っている韓国関連の映像コンテンツが流れるツール(SNSやYouTube等の無料動画サイト)をひたすら見ました。

通勤時間や、半身浴、運動中など、少しでも時間がある時は動画を見るようにし、常にネイティブの韓国語に触れるようにしました。

動画を見る時のポイントは、毎回同じ人を見ないということです。日本語でも同じように、人によって若干の違いがありますよね。色んなパターンを見る方が、韓国語に早く慣れた気がします。

後個人的に歌を歌うのが好きだったので、発音対策として韓国の歌を歌詞表示させながら見て歌ったりしていましたね。

この歌を歌う時のポイントは、上手く歌うのも良いですが、自分の耳で聞いた音の通りに発音するというのが大事なポイントです。

韓国語の「パッチム」難しい。克服法のまとめ

いかがでしたでしょうか?韓国語を学び始めると、まずぶつかる壁が「パッチム」ではないかなと思います。

韓国語を勉強する上でパッチムは難しいと思いますが、必ず通らなければいけない道なので、根気強く理解できるよう頑張りましょう!

筆者も独学で韓国語を勉強し、パッチムを克服しました!

今の時代、web検索すればパッチムの説明記事やハングルブログなど、Google翻訳では訳しきれないようなたくさんの情報が得られると思います。

情報は上手に取り入れて、後は自分が楽しく発音練習できる何かを見つけれれば、パッチムもしっかり理解でき、韓国語はすぐに上達すると思いますので、コツコツ一緒に頑張りましょう!

今回は韓国語の「パッチム」難しい。克服法のまとめを特集しました。

今回は韓国語の「パッチム」難しい。克服法のまとめを特集しましたが他にも覚えておくといい韓国語がたくさんあります。こちらも是非ごらんくださいね。

韓国語大好き
韓国語大好き
こちらの記事もご覧いただくとより韓国語に詳しくなれますよ~。

韓国語を勉強しようかな、と思ったら

韓国語大好き
韓国語大好き
すこしでも韓国語に興味をもったら、全国に10校舎もある評判がいい韓国語教室K Villageで一度無料体験レッスンがお勧め!
韓国語大好き
韓国語大好き
こんなに綺麗な教室で安く楽しく韓国語が勉強できちゃいます!しかも最近はオンラインでもレッスン可能になったみたい!更に授業料金は据え置き!


なんと今なら500円分のQuoカードキャンペーン!(今月だけみたい)
今すぐ無料体験が絶対にお得!!

↓↓↓↓
\ 無料体験はこちら /

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
韓国語、カカオフレンズ、そして副業時代の生き方まで幅広いジャンルの記事を書いています。
なんと500円で学べる韓国語


韓国ドラマを字幕なしで見てみたい!
旅行で使える韓国語を身につけたい!
K-POPをもっと楽しみたい!

すこしでも韓国語に興味をもったら8,000人がレッスンをする、日本最大級の韓国語教室K Villageでまずは無料の体験レッスンがお勧めです。しかも安心の上場グループ会社。

なんと今なら500円分のQuoカードキャンペーン!(今月だけみたい)
今すぐ無料体験が絶対にお得!!
↓↓↓↓↓↓↓


テキストのコピーはできません。