韓国語

韓国語の連音化をマスターしよう。韓国語の連音化を覚えると一気に会話がはずみます!

韓国語の連音化をマスターしよう。韓国語の連音化を覚えると一気に会話がはずみますよ~

韓国語は日本語と同じ発音、同じ意味の単語があったりと、日本人にとって取得しやすい第二言語として人気が高いですよね。

確かに日本人が学習しやすいですが、韓国語には「連音化」など日本語にない発音や発音のルールがいくつかありますので、それが難しくて挫折してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが逆にそこさえを克服してしまえば、ネイティブ並みの発音でスムーズな会話ができるようになりますので、今回は筆者の韓国語の連音化の勉強方法も合わせながらご紹介していこうと思います!

韓国語の連音化とは?

そもそも韓国語の連音化(れんおんか)って何?というところからご説明していきますね。

韓国語の連音化は「発音がつながること」

簡単に言ってしまえば、音がつながって発音されることを連音化といいます。

この連音化ができるかできないかで、韓国人のようなネイティブ発音ができるかの分かれ道になるので、ぜひマスターして頂きたいです!

ですが、なんでもかんでも音がつながるというわけではありませんので、いくつかルールをご紹介します。

韓国語の連音化の条件

この連音化される場合は、必ずパッチムの後に来る単語が連音化されるというルールがありますので、ここはしっかり押さえておきましょう。

そして今回の連音化は、ハングルが全て読めるという事が前提で進めていきます。

連音化は“パッチムの後に来る単語”と言いましたが、例外として2つのパターンがありますので、それは後半でご説明していきたいと思います。

ではまずパッチムのおさらいからしていきましょう!

韓国語の連音化の前にパッチムのおさらい

連音化を学ぶにあたってパッチムの理解は必須ですので、もう一度だけおさらいしておきましょう。

パッチムとは

基本的に韓国語は母音と子音を組み合わせて使用しますよね。

「な行」の子音「ㄴ:n」と「あ行」の母音「ㅏ:a」を組み合わせると「나:ナ」
「ら行」の子音「ㄹ:r」と「え行」にあたる「ㅐ」を組み合わせると「래:レ」

というように読みのはもうばっちりですよね。しかし「ま行」の子音「ㅁ:m」をつけると「남:サㇺ」、「램:へㇺ」と変換されます。これが“パッチㇺ:終音”ということになります。

パッチムは全部で7種類

この“パッチム:終音”は全部で7種類あり

①「ng」の音「ㅇ」(「ㅇ」)
②「m」の音「ㅁ」(「ㅁ」「ㄻ」)
③「n」の音「ㄴ」(「ㄴ」「ㄵ」「ㄶ」)
④「p/b」の音「ㅂ」(「ㅂ」「ㅍ」「ㅄ」「ㄼ」)
⑤「k」の音「ㄱ」(「ㄱ」「ㅋ」「ㄲ」「ㄳ」「ㄺ」)
⑥「r」の音「ㄹ」(「ㄹ」「ㄺ」「ㄼ」「ㄽ」「ㄾ」「ㅀ」)
⑦「t」の音「ㄷ」(「ㄷ」「ㅅ」「ㅈ」「ㅊ」「ㅌ」「ㅎ」「ㅆ」)

と種類分けがされ上記に当てはまるパッチムの次に来る単語が連音化されるということになります。

韓国語の「パッチム」が難しい!「パッチム」の克服方法をご紹介

ではさっそく連音化の法則を見ていきましょう。

韓国語の連音化の法則

連音化は必ずパッチムの後に来る単語が連音化されるとご説明しましたので、さっそく解説していきたいと思います。

連音化の法則と文例

上記でパッチムをおさらいしましたので、「韓国」という単も「한국:ハングㇰ」とパッチムが使用されており、パッチムで終わっていることがわかりますよね。

ここで「韓国人」と言いたい場合は「한국:ハングㇰ」に「인:イン(人)」をつけて「한국인」と表しますが、読む時に「ハングㇰイン」ではなく「국の一番下にあるパッチムㄱ:k」と「인の最初の이:イ」繋がって「긴:ギン」で“ハングギン” となり、これが連音化と呼ばれています。

他にも

「연어:ヨノ(言語)」という単語だと、「ヨンオ」ではなく「연の最後にあるパッチムㄴ:n」と「어」が繋がって「너:ノ」で“연어:ヨノ”という発音になります。

「활약:ファリャㇰ(活躍)」という単語でも、「ファルヤク」ではなく「활のパッチムㄹ:r」と「약の야:ヤ」の部分が繋がって「リャ」という音に変わります。

ここでなんとなくわかってきたでしょうか。パッチムの次が「ㅇ」を含んだ単語だった場合、パッチムの文字と「ㅇ」を含んだ単語の部分をつなげて発音するという法則が見えてきましたでしょうか?

すると応用が効いてくるのが「젊은:チョㇽムン(若い)」のような単語です。これも同じでパッチムの次に「은」の「으:ウ」の部分が繋がることになるので、

最初は「절:チョㇽ」まで読み最後の「ㅁ:m」のパッチムが次の「은の「으:ウ」の部分と繋がるので「믄:ムン」“젊은:チョㇽムン”

「밝은:パㇽグン(明るい)」も同様に最初は「발:パㇽ」まで読み最後のパッチム「ㄱ:k」の次の「은」の「으:ウ」の部分と繋がるので「근:ムン」“밝은:パㇽグン”

と変換されます。

そしてもう一つ同じ法則で使われるのが「ㅎ」を含んだ単語です。

「백화점:ペックァジョㇺ(百貨店)」という単語だと、「ペクファジョㇺ」ではなく「백の最後にあるパッチムㄱ:k」と「화:ファ」が繋がり、同時に「ㅎ:h」の音が消えますので「백과:ペックァ」

という発音になります。

「은행:ウネン(銀行)」という単語でも、「ウンヘン」ではなく「은のパッチムㄴ:n」と次の「행の해:へ」の部分と繋がると同時に「ㅎ:h」の音が消えるので「내:ネ」

という音に変わります。

子音「ㅎ:h」がパッチムの次に来ると「h」の音が消えて母音と組み合わさるという法則が見えましたでしょうか。

説明だけを見ても、やはり実際に連音化のある単語を発して体に覚えさせるのをおすすめします。

「단어:単語」「직업:職業」「일본어:日本語」「입학:入学」「삶은:茹でた」「얇은:薄い」「신용:信用」

というような単語もすべて連音化されますので、練習してみてください!

韓国語大好き
韓国語大好き
こちらの記事もご覧いただくとより韓国語に詳しくなれますよ~。

韓国語の連音化の例外

さきほど連音化の法則はパッチムの次が「ㅇ」と「ㅎ」が来た場合とご説明しました。ですが連音化の前に来るパッチムが「ㅇ」と「ㅎ」だった場合は例外とされます。

なんだかまたややこしいような気もしますが、丁寧に見ていけば「なるほど!」と理解できると思いますので、じっくりみていきましょう。

例えば「영어:英語」という単語だと、最後の単語が「어:オ」ですが、パッチムも「ㅇ」で終わっていますよね。このような場合は「ヨンオ」と連音化はされずに発音されます。逆に連音化しようとしても難しいのではないでしょうか…。

他にも

「강아지:犬」「오징어:イカ」など
「ㅇ」で終わって次も「ㅇ」の場合は「강아지:カンアジ」「오징어:オジンオ」

というように、そのまま発音されます。

これは「ㅎ:h」の場合も同じで、「좋아:好き、いい」という単語でも連音化されていないのがわかるかと思います。

「좋아」を分解すると「좋」のパッチムは「ㅎ:h」ですよね。しかし、次に来ている単語が「아:ア」ですので「ㅎ:h」が消えるので「조아:チョア」と発音されます。

「ㅇ」がパッチムで終わった場合はそのまま読み、「ㅎ」がパッチムで終わった場合は「ㅎ:h」が消えると覚えましょう。

とは言っても最初から区別するのは難しいので、何度も単語を読んで、自分の口で発音するという練習がやはり重要になってきますので、頑張って覚えていきましょう!

韓国語大好き
韓国語大好き
こちらの記事もご覧いただくとより韓国語に詳しくなれますよ~。

韓国語の連音化まとめ

いかがでしたでしょうか。“連音化”と聞くと何だか難しそうで、覚えられるかな…と不安になるかもしれませんが、連音化について記事を探していたという事は、パッチムはばっちり理解できている証拠だと思います。

パッチムがわかっていないと連音化は難しいので、ここにたどり着いた自分をまずは褒めてあげてください。素晴らしい!

パッチムの発音がしっかりできていれば、連音化はスムーズに覚えられますし、連音化をマスターすれば外国人が話すような韓国語ではなく、韓国人のようなネイティブ発音に近づけます。

発音は練習して体に覚えさせるしかありませんが、最初は間違えても当たり前だと思って、根気強くたくさん発音練習をしてみてください!

今回は韓国語の連音化を特集しました

今回は韓国語の連音化を特集しましたが他にも覚えておくといい韓国語がたくさんあります。こちらも是非ごらんくださいね。

韓国語大好き
韓国語大好き
こちらの記事もご覧いただくとより韓国語に詳しくなれますよ~。
ABOUT ME
韓国語大好き
韓国語、カカオフレンズの記事を書いています。 韓国語を勉強したい人向けに書いていたブログですがいつの間にかブログそのものにも興味が沸いてきました! 皆さんのお役に立てるように韓国語もブログ情報も発信していますので是非フォローをよろしくお願いいたします!
なんと500円で学べる韓国語


韓国ドラマを字幕なしで見てみたい!
旅行で使える韓国語を身につけたい!
K-POPをもっと楽しみたい!

すこしでも韓国語に興味をもったら8,000人がレッスンをする、日本最大級の韓国語教室K Villageでまずは無料の体験レッスンがお勧めです。しかも安心の上場グループ会社。

なんと今なら500円分のQuoカードキャンペーン!(今月だけみたい)
今すぐ無料体験が絶対にお得!!
↓↓↓↓↓↓↓


テキストのコピーはできません。