韓国語

【韓国語 濁音】韓国語の濁音化(有声音化)のルールについて詳しくご紹介!

【韓国語 濁音】韓国語の濁音化(有声音化)のルールについて詳しくご紹介!

【韓国語 濁音】韓国語の濁音化(有声音化)のルールについて詳しくご紹介!
この記事を書いた人
この記事を書いた人
この記事を読むと韓国語の「濁音化(有声音化)のルール」についてマスターできますので最後まで楽しんでお読みください♪
韓国語大好き
韓国語大好き
韓国語には発音変化があると聞いたことがあるけど、どんなルールがあるんだろう?
韓国語には、さまざまな発音変化があります。今回は、その中でも最初に覚えるべき発音変化「濁音化(有声音化)」について詳しくご紹介していきます。

皆さんは韓国語の発音にどの程度の自信があるでしょうか?

長年韓国語の勉強をされている方でも、発音は難しいと感じる人が多いです。

韓国語は日本語との共通点が多く、日本語話者にとって勉強がしやすい言語と言われていますが、それは主に文法や単語の話です。

韓国語の発音は、日本語にはない音が多いです。

日本語を母国語として育った日本人は、耳から入ってくる音をすべて50音に当てはめて理解しようとします。

つまり日本語の50音にない音は、なかなか耳に入ってこないため、正確に発音するのがとても難しいです。

また、韓国語には「発音変化」というものが存在します。

発音変化とは、韓国人が言葉を言いやすくなるように発音を変化させるためのルールのことです。

このルールによって、ハングルと実際の発音が異なることから、発音を難しく感じる人が多いようです。

韓国語をきちんと聞き取れるようになるためには、この発音変化の仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。

そこで今回は、数多くある韓国語の発音変化のうち、最初に覚えるべき「濁音化(有声音化)」について詳しくご紹介していきます。

【韓国語 濁音】韓国語の「濁音化(有声音化)」とは?

【韓国語 濁音】韓国語の濁音化(有声音化)のルールについて詳しくご紹介!
基本子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」の発音は、「ㄱ」が「か」と「が」の間の「濁るような濁らない音」ですが、「ㄱ」が完全に濁る場合があります。

そのような発音変化のことを「濁音化(有声音化)」といいます。

日本語で例えると以下のようなイメージです。

日本橋(にほん+はし=にほんし)

綿菓子(わた+かし=わたし)

「にほん・はし」と書いて「にほんばし」と、日本語でも言いやすいように音が濁ることはよくあります。

韓国語の場合、これが規則的に起こり、文や単語の1文字目は少し濁らせて発音し、2文字目以降はしっかり濁らせて発音します。

この2文字目以降をしっかり濁らせることを「濁音化(有声音化)」といいます。

イメージができたでしょうか?

では、実際に韓国語の単語を使って説明をしていきます。

韓国の南にある観光地「済州島」は、ハングルで「제주도」と書きます。

それぞれのハングルをそのまま読むと「チェ・チュ・ト」になりますが、1つの単語になることで、発音変化が起こります。

最初の「제」は、子音の「ㅈ(ch)」に母音である「ㅔ」がついたものです。

「ㅔ」は「エ」なので、「제」は「チェ」と発音されます。

次の「주」は同じ「ㅈ」の下に母音「ㅜ(ウ)」がついて「チュ」となります。

ただし、この場合は語の2番目以降にきているので「주」は濁る音になり、「ジュ」と発音されます。

最後の「도」も、同じ濁音化が起こるため、「ト」ではなく「ド」になります。

ということで、「제주도」は「チェジュド」と読みます。

日本語の単語をハングルに変換する場合も見てみましょう。

「香川」は、ひらがな書くと「かがわ」で2番目の音が濁っています。

日本語では、「か」と「が」は形も発音も違いますが、韓国語の場合、同じ文字であっても2つ目は濁るという濁音化が起こります。

そのため、「香川」をハングルで書くと「가가와」となります。

【韓国語 濁音】「濁音化(有声音化)」のルール

【韓国語 濁音】韓国語の濁音化(有声音化)のルールについて詳しくご紹介!
ここまでで「濁音化」とはどのような発音変化なのか、イメージができたでしょうか。

「濁音化」が起こるには、ルールが2つ存在します。

濁音化のルール①母音に挟まれると濁る

子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」は母音に挟まれると濁音に変化します。

・ㄱ[ k ]➝[ g ]
・ㄷ[ t ]➝ [ d ]
・ㅂ[ p ]➝[ b ]
・ㅈ[ ch ]➝[ j ]

いくつか単語を使って例をご紹介します。

「부부(夫婦)」

日本語韓国語
夫婦부부
(プブ)

ハングルをそのまま読むと、「ププ」となりますが、2文字目の「ㅂ」は、前後が母音「ㅜ」に挟まれているため、濁音化が起こり「プブ」と発音します。

1文字目の「ㅂ」は、母音に挟まれていないため、濁りません。

「가게(店)」

日本語韓国語
가게
(カゲ)

ハングルをそのまま読むと、「カケ」になります。

しかし、2文字目の「ㄱ」が母音の「ㅏ」と「ㅔ」に挟まれているため、濁音化が起こり「カゲ」という発音になります。

「바다(海)」

日本語韓国語
바다
(パダ)

ハングルをそのまま読むと、「パタ」になりますが、2文字目の「ㄷ」は、前後が母音の「ㅏ」に挟まれているため、濁音化が起こり「パダ」と読みます。

「아버지(お父さん)」

日本語韓国語
お父さん아버지
(アボジ)

ハングルをそのまま読むと、「アポチ」になりますが、2文字目以降の「ㅂ」と「ㅈ」は母音に挟まれているため、濁音化が起こり「アボジ」と読みます。

「시부모(義理の両親)」

日本語韓国語
義理の両親시부모
(シブモ)

「부모(夫婦)」の場合は、子音「ㅂ」は1文字目なので濁らず、「プモ」と発音します。

しかし頭に「시」がつくことで、子音「ㅂ」は母音に挟まれる形となるため、子音「ㅂ」は濁音化し、「シブモ」と発音します。

韓国語でパダってどういう意味?韓国語で海を表す「パダ」特集!
韓国語でパダってどういう意味?韓国語で海を表す「パダ」特集! 韓国語でパダってどういう意味?韓国語で海を表す「パダ」特集! 夏といえば「海」ですよね! 韓...

濁音化のルール②パッチム「ㄴ、ㅁ、ㄹ、ㅇ」の後は濁る

基本的に、パッチムのついた文字の後にきた子音は濁りません。

しかし、パッチム「ㄴ、ㅁ、ㄹ、ㅇ」のあとに子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」がくると、子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」は濁音に変化します。

これも例を挙げて説明します。

「일본(日本)」

日本語韓国語
日本일본
(イルボン)

ハングルをそのまま読む、「イルホン」となります。

しかし、パッチム「ㄹ」のあとに子音「ㅂ」がきているため、子音「ㅂ」は濁音化し、「イルボン」と発音します。

「운동(運動)」

日本語韓国語
運動운동
(ウンドン)

ハングルをそのまま読む、「ウントン」となります。

しかし、パッチム「ㄴ」のあとに子音「ㄷ」がきているため、子音「ㄷ」は濁音化し、「ウンドン」と発音します。

「물김치(水キムチ)」

日本語韓国語
水キムチ물김치
(ムルギムチ)

「김치(キムチ)」の場合は、子音「ㄱ」は1文字目なので濁りません。

しかし、頭に「물(水)」という語がつくことで、パッチム「ㄹ」のあとに子音「ㄱ」がくる形となるため、子音「ㄱ」は濁音化し、「ムルギムチ」と発音します。

「안 계시다(いらっしゃらない)」

日本語韓国語
いらっしゃらない안 계시다
(アン ゲシダ)

また、分かち書き(言葉と言葉の間のスペース)があっても、前の言葉の最後にパッチム「ㄴ、ㅁ、ㄹ、ㅇ」があると、その後にくる子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」は濁った音になります。

パッチム「ㄴ」のあとに子音「ㄱ」がきているため、子音「ㄱ」は濁音化し、「アン ゲシダ」と発音します。

濁音化した子音の読み方

「가」

1文字目なら「カ」と「ガ」の間の音、2文字目以降の場合は「ガ」としっかり濁らせます。

例)
・「고기」・・・「コギ(肉)」
・「불고기」・・・「プルゴギ(プルコギ)」

「다」

1文字目なら「タ」と「ダ」の間の音、2文字目以降の場合は「ダ」としっかり濁らせます。

例)
・「두부」・・・「トゥブ(豆腐)」
・「순두부」・・・「スンドゥブ(純豆腐)」

「바」

⇒1文字目なら「パ」と「バ」の間の音、2文字目以降の場合は「バ」としっかり濁らせます。

例)
・「보도」・・・「ポド(歩道)」
・「횡단보도」・・・「ファンダンボド(横断歩道)」

「자」

⇒1文字目なら「チャ」と「ジャ」の間の音、2文字目以降の場合は「ジャ」としっかり濁らせます。

例)
・「죽」・・・「チュク(粥)」
・「깨죽」・・・「ッケジュク(ごま粥)」

韓国語で「プルコギ」はなんという?プルコギの正しい発音や韓国語のレシピをご紹介!
【韓国語 プルコギ】韓国語で「プルコギ」はなんという?プルコギの正しい発音や韓国語のレシピをご紹介! 韓国語で「プルコギ」はなんという?プルコギの正しい発音や韓国語のレシピをご紹介! 今回は韓国料理として有名なプ...

【韓国語 濁音】韓国語の「濁音化(有声音化)」の例外

【韓国語 濁音】韓国語の濁音化(有声音化)のルールについて詳しくご紹介!基本的には上で説明した2つのルールを覚えておけば問題ありません。

しかし、濁音化には例外もあります。

濁音化の例外①漢字語は濁らない

韓国語の語彙には、漢字に由来した「漢字語」というものがあります。

この漢字語の場合、基本子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」が2文字目以降にきていても、濁らないことが多いです。

例えば、「漢字」という意味の「한자」は2文字目の「자」は濁音化が起こらないため、「ジャ」ではなく「チャ」と発音します。

分かち書きをする「한 자(一文字)」の場合は、漢字語ではないため、「ハンチャ」ではなく「ハンジャ」と濁音化します。

すべての漢字語で濁音化が起こらないわけではないですが、漢字語が出てきたときは、発音に注意しましょう。

日本語の場合は、音読みや訓読みなど1つの漢字に対し複数の読み方がありますが、韓国語の場合は、基本的に漢字1語に対し1つの読み方しかありません。韓国語の単語の約70%が漢字語であると言われており、韓国語の漢字の読みがわかると、語彙力をぐんと伸ばすことができます。

濁音化の例外②合成語は濁らない

単語と単語が組み合わさってできた単語を「合成語」といいます。

合成語の場合も、基本子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」が2文字目以降にきていても、濁音化が起こりません

例えば、「김밥(海苔巻き)」は「김(海苔)」と「밥(ごはん)」という2つの単語が組み合わさってできた合成語です。

そのため、パッチム「ㅁ」のあとに子音「ㅂ」がきていても、「キムバブ」にはならず、「キムパプ」と発音します。

濁音化が起こらない単語の例

・「글자」・・・「クルチャ(文字)」
・「문법」・・・「ムンポプ(文法)」
・「결정」・・・「キョルチョン(決定)」
・「술집」・・・「スルチプ(酒屋)」

濁音化のルールに当てはまっている単語でも、例外があるので少し難しいですよね。

初めのうちは、完璧に覚える必要はありません。

濁音化のルールが適用されない単語はそこまで多くはないうえに、試験などで出てくる単語も決まっています。

単語を覚える際は、濁音化が適用されているかどうか発音をしっかり確認するようにしましょう。

【韓国語 濁音】その他の発音変化①「激音化」

【韓国語 濁音】韓国語の濁音化(有声音化)のルールについて詳しくご紹介!濁音化が起こらない例外について説明しましたが、濁音化が起こらないときには「激音化」もしくは「濃音化」という別の発音変化が起こっています。

「激音化」と「濃音化」についてもご紹介します。

「激音」とは

激音は、基本子音に1本線や点が加えられたもので、激しく息を吐きながら発音する音です。

日本語にはない発音なので難しいですが、口の前にあるティッシュを前に押し出すようなイメージで発音してみましょう。

子音発音発音の仕方
[kh]強く息を吐きながら「カ行」を発音する。語頭・語中での発音の区別なし。
[th]強く息を吐きながら「タ行」を発音する。語頭・語中での発音の区別なし。
[ph]強く息を吐きながら「パ行」を発音する。語頭・語中での発音の区別なし。
[t∫h]強く息を吐きながら「チャ行」を発音する。語頭・語中での発音の区別なし。
【韓国語で激音】韓国語で激音とは?濃音との違いや発音方法を徹底解説!【韓国語で激音】韓国語で激音とは?濃音との違いや発音方法を徹底解説! 日本語の発音は、外国人にとっては比較的簡単だ...

「激音化」のルール①パッチム「ㅎ」+子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」

「激音化」とは、基本子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」が激音「ㅋ、ㅌ、ㅍ、ㅊ」に変化する発音変化のことです。

激音化には2つのルールがあります。

1つ目は、パッチム「ㅎ」のあとに、基本子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」が来る場合、基本子音が激音「ㅋ、ㅌ、ㅍ、ㅊ」に変化するというものです。

日本語で例えると以下のようなイメージです。

四季(しき/si khi

「四季(しき)」と言うときの「き」の発音が、普通に「き」と発音した時と、ほんの少し違うのがわかるでしょうか?

「四季」の「き」は、息を強く吐き出しながら発音する「き」です。

すなわち、激音に似た発音になっています。

濁音化のルールで説明したように、2文字目以降の基本子音は濁るはずですが、激音化が起きると濁りません。

では、実際に韓国語の単語で見てみましょう。

「良い」という意味の「좋다」は「좋」のパッチム「ㅎ」のあとに子音「ㄷ」がているため、子音「ㄷ」の発音が激音化して「ㅌ」になります。

そのため、「좋다」の発音は「チョダ」と濁るのではなく「조타(チョタ)」となります。

また、「大丈夫でしょ?」という意味の「괜찮지?」は、「찮」の二重パッチムに「ㅎ」があり、そのあとに子音「ㅈ」がきているため、子音「ㅈ」の発音が激音化して「ㅊ」になります。

そのため、「괜찮지?」の発音は、「クェンチャンジ」と濁るのではなく、「괜찬치(クェンチャンチ)」となります。

パッチム「ㅎ」と次にくる子音のどちらかの音が変わるのではなく、パッチム「ㅎ」と次に来る子音が合わさって1つの音になると考えましょう。

その他の例も見てみましょう。

「낳고(生んで)」

「낳」のパッチムは「ㅎ」、次にくる子音は「고」の「ㄱ」です。

パッチム「ㅎ」と「ㄱ」が合わさって激音化が起こり、「ㅋ」になります。

そのため、「낳고」の発音は「ナゴ」と濁らず、「나코(ナコ)」となります。

「그렇지만(しかし)」

2文字目の「렇」にパッチムの「ㅎ」があります。

次に来る子音は「지」の「ㅈ」です。

パッチム「ㅎ」と「ㅈ」が合わさって激音化が起こり、「ㅊ」になります。

そのため、「그렇지만」の発音は「クロジマン」と濁らず、「그러치만(クロチマン)」となります。

「많다(多い)」

「많」の二重パッチムに「ㅎ」があり、次にくる子音は「다」の「ㄷ」です。

パッチム「ㅎ」と「ㄷ」が合わさって激音化が起こり、「ㅌ」になります。

そのため、「많다」の発音は「マンダ」と濁らず、「만타(マンタ)」となります。

「激音化」のルール②パッチム「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」+子音「ㅎ」

2つ目は、激音化のルール①とは反対に、パッチム「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」の後に基本子音「ㅎ」が来る場合、激音「ㅋ、ㅌ、ㅍ、ㅊ」に変化するというものです。

単語を例に説明します。

「祝賀」という意味の「축하」は「축」の「ㄱ」パッチムの後に「하」の基本子音「ㅎ」があるため、「ㄱ」パッチムと基本子音「ㅎ」がが合わさって激音化し、発音が「ㅋ」に変わります。

そのため、「축하」の発音は、「チュクハ」ではなく「추카(チュカ)」となります。

「10号」という意味の「십호」は「십」の「ㅂ」パッチムの後に「호」の基本子音「ㅎ」があるため、「ㅂ」パッチムと基本子音「ㅎ」がが合わさって激音化し、発音が「ㅍ」に変わります。

そのため、「십호」の発音は、「シボ」ではなく「시포(シポ)」となります。

その他の例も見てみましょう。

「착하다(優しい)」

「착」のパッチムは「ㄱ」、次にくる子音は「하」の「ㅎ」です。

パッチム「ㄱ」と「ㅎ」が合わさって激音化が起こり、「ㅋ」になります。

そのため、「착하다」の発音は「チャガダ」と濁らず、「차카다(チャカダ)」となります。

「육호(6号)」

「육」のパッチムは「ㄱ」、次にくる子音は「호」の「ㅎ」です。

パッチム「ㄱ」と「ㅎ」が合わさって激音化が起こり、「ㅋ」になります。

そのため、「육호」の発音は「ユゴ」と濁らず、「유코(ユコ)」となります。

「뜻하다(志す)」

「뜻」のパッチムは「ㅅ(発音ㄷ)」、次にくる子音は「하」の「ㅎ」です。

パッチム「ㅅ」と「ㅎ」が合わさって激音化が起こり、「ㅌ」になります。

そのため、「뜻하다」の発音は「ットゥダダ」と濁らず、「뜨타다(ットゥタダ)」となります。

「입학(入学)」

「입」のパッチムは「ㅂ」、次にくる子音は「학」の「ㅎ」です。

パッチム「ㅂ」と「ㅎ」が合わさって激音化が起こり、「ㅍ」になります。

そのため、「입학」の発音は「イバク」と濁らず、「이팍(イパク)」となります。

韓国語の「パッチム」が難しい!韓国語「パッチム」の克服方法をご紹介
韓国語の「パッチム」が難しい!韓国語「パッチム」の克服方法をご紹介韓国語の「パッチム」が難しい!韓国語「パッチム」の克服方法をご紹介 韓国語を勉強し始めた方や、韓国語勉強中の方は必ずぶち当たる壁が韓国...

【韓国語 濁音】その他の発音変化②「濃音化」

【韓国語 濁音】韓国語の濁音化(有声音化)のルールについて詳しくご紹介!

「濃音」とは

濃音は、基本子音を2つ重ねたもので、音のはじめに小さな「っ」があるイメージで発音する音です。

濃音は、激音と同様に日本語にはない発音です。

特に1文字目が濃音の単語を発音するのは、日本人にとってかなり難関です。

音声を聞きながら、何度も繰り返して練習しましょう。

子音発音発音の仕方
[kk]「カ行」の詰まった音。「いっかい」の「か」のイメージ。語頭・語中での発音の区別なし。
[tt]「タ行」の詰まった音。「いったい」の「た」のイメージ。語頭・語中での発音の区別なし。
[pp]「パ行」の詰まった音。「いっぱい」の「ぱ」のイメージ。語頭・語中での発音の区別なし。
[ss]「サ行」の詰まった音。「いっさい」の「さ」のイメージ。語頭・語中での発音の区別なし。
[jj]「チャ行」の詰まった音。「へっちゃら」の「ちゃ」のイメージ。語頭・語中での発音の区別なし。

「濃音化」のルール

「濃音化」とは、基本子音「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅅ、ㅈ」が濃音「ㄲ、ㄸ、ㅃ、ㅆ、ㅉ」に変化する発音変化のことです。

濃音化のルールは1つです。

パッチム「ㄱ、ㄷ、ㅂ」の後に子音の「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅅ、ㅈ」が来る場合、濃音「ㄲ、ㄸ、ㅃ、ㅆ、ㅉ」に変化するというものです。

日本語でも濃音化に似た現象が起きています。

発表(はつ+ひょう=はっぴょう)

「発表(はっぴょう)」は「発+表(はつ+ひょう)」をそれぞれ言いやすいように変化させ、音を詰まらせています。

これと同じように、言いやすいように音を詰まらせているのが「濃音化」です。

では、実際に韓国語の単語で見てみましょう。

「学校」という意味の「학교」は「학」の「ㄱ」パッチムの後に「교」の子音「ㄱ」がきているため、濃音化が起こり、基本子音「ㄱ」の発音が「ㄲ」になります。

そのため、「학교」の実際の発音は「학꾜(ハクッキョ)」となります。

「合格」という意味の「합격」は「합」の「ㅂ」パッチムの後に「격」の子音「ㄱ」がきているため、濃音化が起こり、基本子音「ㄱ」の発音が「ㄲ」になります。

そのため、「합격」の実際の発音は「합껵(ハプッキョク)」となります。

その他の例も見てみましょう。

「롯데(ロッテ)」

「롯」のパッチムは「ㅅ」、次にくる子音は「데」の「ㄷ」です。

パッチム「ㅅ」と子音「ㄷ」が合わさって濃音化が起こり、「ㄸ」になります。

そのため、「롯데」の発音は「ロッデ」と濁らず、「롣떼(ロッテ)」となります。

「없다(ない)」

二重パッチムの音変化はどちらを発音するかに関係なく、右の文字と次の子音の関係で発音変化が起きます。

「없」の二重パッチム「ㅂㅅ」は、左側の「ㅂ」を読みますが、発音変化は右の「ㅅ」と次にくる子音「ㄷ」で起こります。

パッチム「ㅅ」と子音「ㄷ」が合わさって濃音化が起こり、「ㄸ」になります。

そのため、「없다」の発音は「オプダ」と濁らず、「업따(オプッタ)」となります。

「없습니다(ありません)」

上の単語と同じ「없」ですが、次に来る子音が「ㅅ」なので音も変わります。

パッチム「ㅅ」と子音「ㅅ」が合わさって濃音化が起こり、「ㅆ」になります。

そのため、「없습니다」の発音は「オプズムニダ」と濁らず、「업씀니다(オプッスムニダ)」となります。

【韓国語 発音】韓国語の母音・子音・パッチムの発音方法と発音のコツを一覧でご紹介!【韓国語 発音】韓国語の母音・子音・パッチムの発音方法と発音のコツを一覧でご紹介! 韓国語と日本語の文法は共通点が多く...

【まとめ】韓国語の濁音化(有声音化)のルールについて詳しくご紹介!

【韓国語 濁音】韓国語の濁音化(有声音化)のルールについて詳しくご紹介!
今回は、韓国語の濁音化(有声音化)をはじめとする発音変化のルールについて、詳しくご紹介しました。

濁音化のルール自体はそこまで難しくないですが、例外の単語もあるため複雑ですよね。

ですが、韓国語を聞き取れるようになるためには、発音変化をしっかりと覚える必要があります。

韓国語の発音変化は、今回ご紹介した濁音化、激音化、濃音化の他にもたくさんあります。

音声を参考にしながら、1つずつ丁寧に発音変化のルールを覚えていきましょう。

韓国語大好き
韓国語大好き
こちらの記事もご覧いただくとより韓国語に詳しくなれますよ~。
kvillage
【徹底比較】新大久保・新宿にある韓国語教室・オンライン学習のおすすめをまとめてみました!【徹底比較】新宿や新大久保にある韓国語教室・オンライン学習のおすすめをまとめてみました! アンニョンハセヨ! いつもブログをご覧いた...
ABOUT ME
アバター
韓国語大好き
韓国語、カカオフレンズ、K-POPの記事を書いています。 TOPIK6級取得。韓国語を勉強したい人向けに書いていたブログですがいつの間にかブログそのものにも興味が沸いてきました! 皆さんのお役に立てるように韓国語もブログ情報も発信していますので是非フォローをよろしくお願いいたします!
テキストのコピーはできません。