韓国語

韓国語の翻訳についてご紹介。翻訳家としての働き方や、韓国語が活かせる求人先をご紹介

【韓国語「翻訳・求人」】韓国語の翻訳家についてや、翻訳家以外の韓国語を活かした求人について詳しくご紹介。

韓国語の翻訳についてご紹介。翻訳家としての働き方や、韓国語が活かせる求人先をご紹介
韓国語大好き
韓国語大好き
韓国語の翻訳家になるための知識や、韓国語を活かした求人先について知りたい。
韓国語の読み書きができたり、韓国語を少し話せるようになると、「韓国語を活かしたお仕事をしてみたい!」という気持ちが強く出てくるかと思います!
今回は韓国語の翻訳家になるための知識や、韓国語を活かした求人先を詳しくご紹介いたします!ぜひ、自分が好きなことをお仕事にして、毎日をもっと充実させましょう。

韓国語の勉強をすればするほど、「韓国語を活かしたお仕事をしてみたい!」という気持ちは強くなるかと思います!

今は日本にいても、韓国語を活かせるお仕事はたくさんあり、韓流ブームということもあるため、韓国語を話せたり、ハングルを読み書きできる方は、とても需要があると言われています

韓国語を活用したお仕事はたくさんありますが、代表的なお仕事といえば、「翻訳家」の名前が挙げられると思います。

「翻訳家」のお仕事は、韓国語以外の英語や中国語でも人気がある職種となっており、特にハングル検定や韓国語能力試験(TOPIK)を受けた方などは、一度は憧れたことがある職種ではないでしょうか?

今回は韓国語の「翻訳家」になるための基本的なご紹介や、「翻訳家」としての働き方、「翻訳家」の主な仕事内容についてをご紹介したいと思います!

また、「翻訳家」はハードルが高いと感じる方でも、気軽に韓国語をお仕事にできる「求人先」も合わせてご紹介したいと思います

韓国語を使用できるお仕事は幅広くあり、また企業からのニーズも高くなっております!

せっかく頑張って覚えた韓国語をお仕事にしてみてはいかがでしょうか?今回ご紹介する内容が、韓国語を活かしたお仕事に出会うきっかけになれば、嬉しいです。

【韓国語で「翻訳・求人」】韓国語の翻訳について、詳しくご紹介

韓国語の翻訳についてご紹介。翻訳家としての働き方や、韓国語が活かせる求人先をご紹介
それでは基本的な「翻訳」のお仕事内容について、詳しくご紹介いたします!

まずは、よく間違えられる「翻訳」と「通訳」の違いについて、しっかりと理解しておきましょう

「翻訳」と「通訳」のお仕事内容は、韓国語を日本語に訳したり、反対に日本語を韓国語に訳したりするお仕事内容なので、同じ職業だと思っている方も多いかと思いますが、実際は、ぜんぜん違った職業となっています!

「翻訳」は、書かれている文章を他の言語にする職業となり、「通訳」は、会話内容などを口頭で他の言語にする職業となっています!

「翻訳」と「通訳」のどちらも、元の文章を他の言語にするということは同じですが、変換する言語の内容や、求められるスピード力、対応力、また勤務体制なども大きく異なります!

もともと、「読解力」や「ライティング」がお好きな方や、得意な方は「翻訳」をオススメし、「スピーキング」や「リスニング」がお好きな方や、得意な方は「通訳」をオススメします。

もし、「翻訳」と「通訳」で悩んでいる方がいらっしゃいましたら、自分の得意な分野を選択してみてください。

職業主な業務内容
翻訳文章などを他の言語に変換する仕事
通訳会話内容などを他の言語に変換する仕事

また、「翻訳」や「通訳」のお仕事は、基本的な韓国語の単語以外にも、その場に応じた専門用語も必要となるため、日々勉強をしなければいけません。

文章や言語を直訳するのはもちろんのことですが、コンピューターの言語変換とは違って、そこに自分なりの表現も加えることが求められます

なので、韓国語能力のみならず、日本語能力も必要となるため、「韓国語が好き」という理由だけで挑むと、心が折れてしまう方も多いとのことです。

韓国語と日本語の2つの言語を表現する感性を磨きながら、自分が好きな分野の専門用語などを学んでおくことをおすすめします

「翻訳」や「通訳」をしている方は、かっこいいイメージがありますが、みなさん裏では、とても努力をしています。

【韓国語「翻訳・求人」】韓国語の翻訳家の働き方や主な仕事内容をご紹介。

韓国語の翻訳についてご紹介。翻訳家としての働き方や、韓国語が活かせる求人先をご紹介「翻訳」について、基本的なことをご紹介しましたが、次に韓国語の「翻訳家」としての働き方や、主な仕事内容をご紹介いたします。

韓国語の「翻訳家」としての働き方

実は、「翻訳家」は、資格などは無く、提出するような証明書などもありません。

その代わりに、ハングル検定や韓国語能力試験(TOPIK)の級や、点数が重視されます。

現在活躍されている、「翻訳家」の方は、韓国語能力試験(TOPIK)の上級である6級を基本的には取得されています。

また、「翻訳家」として活躍されている方の多くは、主に2パターンに分類されるので、1つずつご紹介いたしますね!

翻訳関連会社に就職する

まず1つ目は、翻訳関連会社に履歴書を送り、面接を通して、正社員や契約社員、または派遣社員として、就職することです。

翻訳関連会社は、主に出版社や貿易会社などが挙げられます!

意外にも、募集をしている翻訳関連会社は多いので、自分の住んでいる地域などで絞ってから、探すことをオススメします!

翻訳者登録をする

2つ目は、翻訳者登録をすることです。

詳しくご紹介すると、フリーランスとして、翻訳者登録をした後、興味のあるお仕事に自分から応募をしたり、業務実績がどんどんと増えてくると、企業からスカウトなどを受けたりすることができます。

一部の翻訳会社は登録の際に、トライアルなども実施しており、それらを合格すると、正式に登録ができます。

韓国語「翻訳家」の主な仕事内容をご紹介

韓国語の「翻訳家」としての働き方をご紹介したところで、次に韓国語の「翻訳家」の主な仕事内容をご紹介いたします

実務翻訳

翻訳家のお仕事の大半をしめる「実務翻訳」は、契約書や報告書のような社内文章や、社内規定、企業のホームページ、またニュースや広告などを翻訳します。

また分野別に、政治や金融、投資について翻訳をする業務もあるため、専門的な単語の知識があるととても大きな強みになるかと思います!

出版翻訳

「出版翻訳」とは、韓国で発売されている本などを、翻訳するお仕事です。

特に自己啓発本などは、韓国語でしか表現できないニュアンスを日本語で上手く伝えることが必要なため、日本語力もとても重視されます。

映像翻訳

最近はYouTubeのおかげで、「映像翻訳」のお仕事も増えてきていると言われています。

また、YouTubeのみならず美術館や展示会などでも必要とされています

スキルを積むと、映画やドラマ、ニュースなどの翻訳を任されることもあります!

【韓国語で「翻訳・求人」】韓国語を活かした求人先について、詳しくご紹介。

韓国語の翻訳についてご紹介。翻訳家としての働き方や、韓国語が活かせる求人先をご紹介次に「翻訳家」以外の、韓国語をお仕事にできる「求人先」も合わせてご紹介したいと思います。

韓国語を学び始めた方でも、チャレンジができるように、「初級レベル=日常会話」、「中級レベル=ビジネス会話」、「上級レベル=ネイティブ」といったレベル別に職種をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

職種レベル
免税店スタッフ初級レベル
ホテルスタッフ初級レベル
航空業界初級レベル
観光案内所初級レベル
貿易事務中級レベル
韓国企業の日本支社中級レベル
日本企業の韓国渉外担当中級レベル
韓国語講師上級レベル

【まとめ】韓国語の翻訳についてご紹介。翻訳家としての働き方や、韓国語が活かせる求人先をご紹介。

韓国語の翻訳についてご紹介。翻訳家としての働き方や、韓国語が活かせる求人先をご紹介
今回は韓国語の翻訳や求人について、詳しくご紹介いたしました!

韓国語を趣味だけではなく、お仕事に活かしてみてはいかがでしょうか。

きっと楽しい日常を送れるかと思います。

韓国語大好き
韓国語大好き
こちらの記事もご覧いただくとより韓国語に詳しくなれますよ~。
kvillage
【徹底比較】新大久保・新宿にある韓国語教室・オンライン学習のおすすめをまとめてみました!【徹底比較】新宿や新大久保にある韓国語教室・オンライン学習のおすすめをまとめてみました! アンニョンハセヨ! いつもブログをご覧いた...
ABOUT ME
アバター
韓国語大好き
韓国語、カカオフレンズ、K-POPの記事を書いています。 TOPIK6級取得。韓国語を勉強したい人向けに書いていたブログですがいつの間にかブログそのものにも興味が沸いてきました! 皆さんのお役に立てるように韓国語もブログ情報も発信していますので是非フォローをよろしくお願いいたします!
テキストのコピーはできません。