【味噌ラーメン大島】札幌「すみれ直系店」ラーメン大賞名店みそ部門3連覇!つまり日本一美味しいラーメン

【味噌ラーメン大島】札幌「すみれ直系店」ラーメン大賞名店みそ部門3連覇!つまり日本一美味しいラーメン

味噌ラーメン「大島」|札幌すみれ直系店熱々濃厚であのラーメン大賞名店みそ部門3連覇!つまり日本一美味しい味噌ラーメン

前回日本一美味いつけ麺として、つけ麺青葉をご紹介さましたが、今回は日本一美味い味噌ラーメンです。

もう20年くらい前でしょうか。横浜にラーメン博物館ができて、年間パスポートを購入して毎週のように当時の彼女と食べに行ってました。

調子に乗ってラーメン博物館にいくためにクルマまで買ったことを覚えています。

そこで出会ったのは今でも忘れることができない、味噌ラーメン「すみれ。北海道札幌にある味噌ラーメンの名店「すみれ」。衝撃的でした。とにかく熱くそして美味い。そこからは「すみれ」のトリコでした。

わざわざ北海道札幌市のすみれ本店まで食べにいったことは今でも良い思い出です。今回はその味噌ラーメンの名店「すみれ」と縁が深いお店、ラーメン「大島」さんへ行ってきました。一言でいうと「世界一美味いラーメン」です。

札幌の名店「すみれ」で修行した店主による関東初の暖簾分け店

業界最高権威と称される面々によって毎年厳正な審査が行われる「東京 ラーメン・オブ・ザ・イヤー(通称:TRYラーメン大賞)」において、2013年5月創業にも関わらず3年連続1位の偉業を達成した江戸川区船堀のラーメン専門店「大島」。あの味噌ラーメンすみれ暖簾分けならうなずく結果です。

船堀駅から徒歩8分。味噌ラーメン「大島」| 札幌すみれ直系店熱々濃厚であのラーメン大賞名店みそ部門3連覇!

「TRYラーメン大賞」で「みそ部門」3連覇。「大島」の味噌ラーメン。札幌の名店「すみれ」で10年以上修行した店主による関東初の暖簾分け店舗です。それがこの暖簾なのでしょう。

場所は、都営新宿線・船堀駅から徒歩8分。大通り沿いあるラーメン専門店「大島」

都営新宿線、船堀駅をおり、ひたすらまっすぐ。急に行列が見えてきます。そこがラーメン専門店「大島」です。本当にまっすぐなので街並みを感じながらゆっくり歩いて見ましょう。ちなみに私は車でいきました。当然駐車場はありません。

ただ目の前にタイムズなど時間貸しの駐車場が複数ありますので、ご利用になられてはいかがでしょうか。尚、名店故、並ぶことは覚悟してくください。行列に並んでいる時間は約30分、店内に入ってから食事が終わるまでは約15分。合計で1時間くらいのコンパーキングコストはかかります。

ただ目の前にタイムズなど時間貸しの駐車場が複数ありますので、ご利用になられてはいかがでしょうか。尚、名店故、並ぶことは覚悟してくください。行列に並んでいる時間は約30分、店内に入ってから食事が終わるまでは約15分。合計で1時間くらいのコンパーキングコストはかかります。

因みに、ラーメンの名店らしく並んでいる間におまわりさんが2回くらい巡回していました。これも名店あるあるです。なんでんかんでんの環七ラーメン路駐を思い出します。路駐はやめましょう。

味噌ラーメン「大島」。さすが札幌すみれ直系ラーメン。そしてラーメン大賞名店みそ部門3連覇!だけあり、予想通りの大行列

場所は、都営新宿線・船堀駅から徒歩8分。大通り沿いあるラーメン専門店「大島」

ラーメン名店に行列はつきもの。開店時間と称されている11:00には間に合いませんでしたが、11:20着でこの行列。しかも都内は例年を越えたこの猛暑。ある程度は予想していましたが、ここまでとは。それほど惹きつけるものがるお店なのでしょう。このラーメンの名店味噌ラーメン「大島」は。

さすが札幌すみれ直系ラーメン。そしてラーメン大賞名店みそ部門3連覇!だけあり、予想通りの大行列。

味噌ラーメン「大島」。暖簾に「すみれ」の文字が。そして外看板メニュー

味噌ラーメン「大島」。暖簾に「すみれ」の文字が。じわっと期待が高まります。
そして店の中は無言。美しさん中でみなさん黙々と麺をそそり、味噌スープを味わう光景。
店員さんも多くは語らず、黙々と。いい光景です。個人的にうれしかったのは家族でいらっしゃる方が多いこと。その理由は後ほど。

そして、店外にあるメニュー。

・味噌
・塩
・醤油
・昔風
・こく辛味噌  ※時間によるそうです。今回はありませんでした。

全てを食べたい気持ちを我慢して、今日は「すみれ」の暖簾わけ、味噌ラーメンを味わいます。
味噌ラーメン「大島」今日はこれです。日本一美味しい味噌ラーメン

日本一美味しい味噌ラーメン「大島」。入口左手の券売機で食券を購入します。

日本一美味しい味噌ラーメン「大島」。入口左手の券売機で食券を購入します。

日本一美味しい味噌ラーメン「大島」。入口左手の券売機で食券を購入します。

味噌ラーメン 800円
塩ラーメン 800円
醤油ラーメン800円

決して高くもないお値段です。人気であり看板商品は味噌ラーメンで、塩、醤油やら昼夜各限定の昔風とこく辛味噌、トッピングやら何やらと続きます。あと白飯は必須です。

ナンバーワンのお店らしく、食べログのシールや付箋が貼られています。

そして有名人のサインも。これも安心感の演出でしょう。

日本一美味しい味噌ラーメン「大島」の店内風景

日本一美味しい味噌ラーメン「大島」の店内風景。安心感があるラーメン屋さんです。最近はギラギラしたこ綺麗を装ったラーメン屋さんも多くありますが、そのあたりでの差別化は不要、ということですね。

座席数は20席くらいでしょうか。BOX席もあい家族でも安心。このあたりが素敵です。


そしてお一人様用のカウンターも綺麗。すばらしいです。集中して日本一美味しい味噌ラーメン「大島」を味わうことができます。

船堀「大島」の日本一の味噌ラーメンを味わう。分厚い油膜の内に秘めたるアツアツの濃厚スープ!

分厚い油膜の内に秘めたるアツアツの濃厚スープ。湯気が立ちません。
私はメガネ使いです。ラーメンを食べる時の悩みは曇ること。しかいこの日本一の味噌ラーメン「大島」にはその心配は無用。

分厚い油膜でラッピングしているせいか、湯気が出にくく、「熱くないのかな?」と思うほど。
しかしそれは大きな間違い。油膜でラッピングされています。少し混ぜてま見ましょう。
閉じ込められた熱さが一気に飛び出て火傷の危険性もあるくらいです。あせらず食べてください。

そして麺。
北海道の味噌ラーメンと言ったらこのビジュアルでしょう。すこし「黄味」が強い卵麺。スープにバッチリあいますこれぞ本当の立役者。

並んでいた常連さんにお聞きしたところ

「並盛で麺量130gだけ、スープの味が強いので、少し少なめかも」
「たりなかったら替え玉をしな。でもその前に白飯を頼むといい」

と親切にありがとうございます。

とにかく美味い。これが日本一の味噌ラーメン「大島」か・・・・・・・・

そして日本一の味噌ラーメンの味噌スープ。
油膜の正体であるラードだけが頼りだと単なるこってり味に留まりますが、門外不出の特製味噌ダレ、ショウガとニンニクが利いていため濃厚ですがとにかく旨い。

北海道札幌で食べた「すみれ」を思い出しました。もしかして「大島」のほうが少しだけ熱さが低いかもしれませんし、少しあっさりかもしれませんが、もう数10年前。きっと錯覚でしょう。


(濃すぎと感じる方向けに薄めるスープも用意されていますが不要です)

船堀「大島」の日本一の味噌ラーメンを味わう!まとめ

実際のラーメンに関するレポートは多くは書きません。
ですが、とにかく美味しい。スープもさることながら、やはり札幌ラーメンの麺が最高。
白飯は必須です。日本一の味噌ラーメンに浸したもやしは日本一白飯にあいます。オンしてたべてください。

行列は必死ですが回転もはやく気になりません。車もそれほど走っていないため熱気は少ない方です。
船堀「大島」の日本一の味噌ラーメン、虜になります。私は年末に札幌へいくことをきめました。
ぜひ一度お試しください。

店名 大島
住所 東京都江戸川区船堀6-7-13
電話番号 03-3680-2601
営業時間(火~土) 11:00~15:00、17:00~20:30(売切れ次第終了)
営業時間(日・祝) 11:00~16:00、17:00~20:00(売切れ次第終了)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日休)
最寄駅 船堀駅

食事カテゴリの最新記事