東京ラーメンの名店

【屋台拉麺 一’S 幕張店】話題の屋台拉麺 一’S 幕張店の牛骨塩ラーメンはほんのりと甘かった!

【屋台拉麺 一’S 幕張店】話題の屋台拉麺 一’S 幕張店の牛骨塩ラーメンはほんのりと甘かった!

今回は千葉市内でもグルメサイトの評価が高い「一‘S」幕張店に行ってきました。牛骨ラーメンは食べた記憶がないので、期待に胸が躍ります。

本店は稲毛にあり、轟町にも姉妹店があります。稲毛本店は1Fがラーメン屋、2Fが焼肉ダイニングになっているそうです。「牛」を得意にするのは、焼肉とのつながりによるのかも知れませんね。

又、店名にもあるようにそもそもは屋台からスタートしたお店と思われます。屋台の店主の味への一途な思いが、千葉市屈指の有名店に育て上げたのでしょうか

「一‘S幕張店」は京成幕張駅が近いです。

「一‘S」は京成幕張駅から徒歩6分程のところにあります。駅を出たら大通りに出て、国道14号(千葉街道)を目指しましょう。

左手に幕張公園がみえてきたら交差点を左に曲がります。次の四角を右折すると、右手にお店があります。

「屋台拉麺一‘S」幕張店はとてもお洒落な建物にあった

屋台拉麺・・・という屋号から連想されるイメージは昭和のテイスト漂う古びたお店ですが。着いてみてまずびっくり。

近代的な作りのビルに、透明なガラス戸。白いさっぱりとした看板に太文字で店名が掲げてあります。ラーメン屋と言うよりは、カフェのような雰囲気です。

ピカピカ光る扉には白文字で営業時間が。ラストオーダーが23:00とは、結構遅い時間まで営業していますね。

インスタグラムでフォローするとトッピング一品か替え玉一玉が無料ですか。サービス形態も、今風です。インスタのアカウントを持っていないことを少し後悔しました。

「一‘S幕張店」の店内に入ります。まずは牛骨のレクチャーを

店内に入ると、券売機はありません。野球帽を被った女性店員の奥に、若い男性店員の姿も見えます。2人とも若くて顔立ちも整っています。特に女の子はSEKAI NO OWARIのSaoriに似た美形です。

長いカウンター席とテーブルが1つあり、広さを感じる店内です。

まずはカウンターに置かれたメニューで、看板メニューの「牛骨塩拉麺」の解説を読みます。12時間も煮込んで出汁を取るのですか。惜しみなく材料費を注ぎ込んでいる印象ですね。勿論、牛骨塩ラーメンをチョイスします。

「一‘S幕張店」ラーメンは塩ベースが基本。

麺メニューは牛骨塩ラーメンの他にチャーシュー麺、牛すじ拉麺と、肉系ラーメンがそそります。香味拉麺、辛味拉麺、豆乳拉麺は女性に人気のありそうなメニューですね。麺はストレートが基本ですが、平打ち麺にも変えられます。トッピングも豊富で、様々なバリエーションを楽しめそうです。

「一‘S幕張店」サイドメニューも充実しています。

サイドメニューで目を引くのが、丼物です。すじこん飯は牛すじとコンニャクを絡めたもののようです。

塩すじコン飯、ネギチャーシュー飯とくれば、焼肉系のつながりを感じますね。全体的に強気の価格設定なので、平日にセットのサービスを有効活用するとお得感があります。

今回は日曜日の来店だったので、サイドメニューは涙を飲んでスルーです。

アルコールも飲めるので、遅い夕食にちょっと一杯飲んでからラーメンを楽しむ・・・なんて夜の楽しみもアリですね。

「一‘S幕張店」内装も洒落ています

白い壁に統一された店内は清潔感いっぱいです。黒いボードに周辺の略図が描かれています。まるでアメリカのバーに来たようです。

「一‘S幕張店」の厨房は整然としていました。さすが「一‘S幕張店」

カウンターには醤油、酢、ラー油、胡椒、箸、そして水がセルフ用に並んでいます。

ついに「一‘S幕張店」の牛骨ラーメンがお目見え

待つこと数分で、ジャーン!!牛骨塩ラーメンです。

昇り立つ湯気の香りは牛テールスープを連想します。具材はスライスチャーシュー2枚、白ネギ、青ネギ、紫蘇です。スープは少なめ。替え玉を前提に食べるには、ペース配分に気をつけたいところです。

「一‘S幕張店」牛骨スープは透き通っていた

トンコツスープと違い牛骨スープは透き通っています。

そして、何といっても最大の特徴は、紫蘇です。牛骨の動物感と塩のアッサリ感に紫蘇の香りが絶妙に絡みます。鼻を近づけてスープの香りを嗅いだ途端、虜になります。

「一‘S幕張店」の麺はストレート、中細

麺は中細のストレートです。硬めに茹でてあります。

スープが美味しいので平打ち麺との相性も良さそうですね。しかし、平打ち麺はスープを多く拾うので、微妙なところです。平打ち麺の時にはもう少しスープの量を増やしてくれると良いのですが。

そして「一‘S幕張店」で替え玉!

順調に一玉目を食べ終え、替え玉発注の時が来たのですが。ここで最初から気になっていたメニューがあります。

その名も「あぶら玉」。基本メニューに「油そば」は無いお店です。どうやら替え玉の味変を狙った変化球のようです。

油そばとして、そのまま食べても良さそうですが。そそりましたが、悩んでスープがぬるくなってしまう間が惜しい。ので、普通に「替え玉、青ネギ追加で」をコールします。

「固さはどうしますか?」店主が訊いてきました。ここは博多ではありません。メニューに固さの指定も載ってない。

おそるおそる「バリカタはできますか?」頼んだところ、間髪いれず「バリカタ入ります!」この間合い、すこぶる大事です。若いのに、立派な接客です。

来ました、替え玉+青ネギ。もう、気分はノリノリ、全開です。どんどん食べます。替え玉しても、スープの紫蘇の香りは消えません。さすが人気店です。

完食です。「一‘S幕張店」の一途なスープに、ノックアウト

完食です。スープも飲み切りました。青ネギひとかけらも残したく無い勢いで美味しく食べました。

赤くて太い「一‘S」の文字と太い筆で豪快に買いたような模様が、「どうだ!?」と問いかけてきます。美味しかった。

余韻を残して「一‘S幕張店」を後に

ご馳走様でした!と声をかけると、SEKAI NO OWARIのSaoiriに支払いして店を出ます。いい気分です。今度は丼物も一緒に食べたいな。

いい気分で、来店時とは逆方向にブラブラ歩きます。国道14号、幕張町5丁目交差点を更に横切って、イトーヨーカドー横をすり抜け、15分ほど歩くと、幕張メッセやマリンスタジアムの案内板が見えてきます。

ここまで来ると、京葉線海浜幕張駅にも容易に到達できるのです。食前食後で散歩の「味変」を楽しむのも、オツなものですよ。

屋台拉麺 一‘S 幕張店

店名 屋台拉麺 一‘S 幕張店
ジャンル ラーメン
住所 千葉県千葉市花見川区幕張5−417−112ミサノ幕張1F
電話番号 043−205-4806
営業時間 平日 11:30-14:30 / 17:30-23:00
土日祝 11:30-15:30 / 17:30-23:00
定休日 不定休

今回は千葉の名店屋台拉麺 一‘S 幕張店を特集しました。

今回は屋台拉麺 一‘S 幕張店を特集しましたが東京・千葉ラーメンの名店は他にもあります。是非他の記事もご覧いただきラーメンを愉しんでくださいね。

東京千葉ラーメン大好き
東京千葉ラーメン大好き
東京近郊のラーメン美味しいですよね。駅チカの名店を一軒一軒丁寧に特集しています♪

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
韓国語、カカオフレンズ、そして副業時代の生き方まで幅広いジャンルの記事を書いています。
コロナ時代を勝ち抜くために

今回のコロナ騒動。皆様も体感されたと思いますが在宅含め働き方が確実に変わりました。今後働き方がもっと変わっていくでしょう。

コロナ時代を生き抜く準備としての副業時代対策、貴方は万全ですか?

私はこの副業時代を勝ち抜くためにプロにキャリアを見てもらいキャリアからは疎遠と思っていた業界の副業を紹介してもらいました。これが見事にマッチ。

今では毎月12万円程度、副業収入を得ています。

転職ではなく副業。
考えてもいなかった業界での仕事。
副業だから出来るトライ。
まずは無料で相談を。

次は貴方の番です。
↓↓↓↓↓↓↓


テキストのコピーはできません。