ビジネス

【夜逃げは失敗する】事業に失敗しても夜逃げなどの行為は決して選択すべきではありません。自己破産含めて対策はいくらでもあります。

【夜逃げは失敗する】事業に失敗しても夜逃げなどの行為は決して選択すべきではありません。自己破産含めて対策はいくらでもあります。

夜逃げダメ
夜逃げダメ
結論から先にいうと「夜逃げは損です」。少しでもこの記事を見つけた貴方のヒントになれば。

夜逃げなどの行為は決して選択すべきではありません。対策はいくらでもあります。手続きを踏むことで債務は免責されるからです。

先にもふれているように、抜本的な生活改善をすれば多くの場合、多重債務による日々の返済負担から抜け出すことができるものです。

しかしどのように改善しても、返済が不可能であれば、借金を返済しない選択肢も存在します。

ただし、夜逃げなどの行為は決して選択すべきではありません。

夜逃げで債務者と連絡が付かない場合、債権者である金融機関は、時効成立前に期間延長の策を講じる措置をとります。

【夜逃げは失敗する】本来の借金の消滅時効は5年ですが、債務の時効を伸ばし続けることができるのです。

本来の借金の消滅時効は5年ですが、債務の時効を伸ばし続けることができるのです。

つまり、夜逃げでどこへ逃げても債務を逃れることはできないわけです。借金を返済しない正しい選択肢とは、任意整理や自己破産です。

これらには、かなりネガティブな印象を持つ方が少なくありません。

しかし、借金の大幅な減額や債務免責を、国が認める公的措置であり、正しい手続きを踏むことで、合法的かつ確実に行使することが可能です。

自己破産の場合、その後の人生に大きな汚点を残すのではと心配される方も少なくありません。

自己破産の場合、その後の人生に大きな汚点を残すのではと心配される方も少なくありません。しかし、ペナルティはほぼないといっても過言ではありません。

弁護士や司法書士など一部の資格取得によるビジネは、自己破産認定が下りるまでの一定期間、業務を制限される場合がありますが、一般的な仕事においては何の問題もなく続けることができます。

自己破産から7年間は、クレジットカードを持ったり金融機関から融資を受けることはできなくなりますが、各所でふれている抜本的な生活改善を行い、お金を積上げることができる環境を構築することさえできれば、その後、借金をする生活と決別したとしても、経済的自由を得ることは十分に可能となります。

【夜逃げは失敗する】「任意整理や自己破産は、耳にしたことがあるが、難しそうで自分にはできそうにない」

「任意整理や自己破産は、耳にしたことがあるが、難しそうで自分にはできそうにない」

このように思われていらっしゃる方も少なくないとききます。

しかしこれらの手続きは、専門の弁護士や司法書士に依頼することができます。後は彼らの指示に従うことで完了することができます。

手数料は20万円から50万円程度かかりますが、借金返済を免れた後に、月々1~2万円程度を、時間をかけて返済していけばよいため、大きな負担にはならないはずです。

借りた金を返さなくても良い訳とは?

借りた金を返さないこと自体、信じがたい。常識を重んじる日本人である私たちの中には、このように考えられる方も少なくないはずです。

確かに借りたお金は、責任を持って返済すべきです。しかしこれは「可能であれば」という範囲の中の話です。

返済ができない状態にまで陥り、夜逃げをしたり自殺をしたりするのは、人生を大きく狂わせることに他なりません。

実は、お金を貸し出す金融業者側においては、予め貸し倒れの確率を、統計値としてしっかりと認識しています。

つまり、貸し出したお金のうち、どの程度の割合で返済が不能になるのかの値を熟知しているのです。このため、その貸し倒れ分を、金利に乗せることで帳尻を合わせようとします。

つまり、お金を借りた際に支払うべき高い金利には、貸し倒れ分のコストも乗せられているわけです。

【夜逃げは失敗する】また、自己破産などの債務免責を、なぜ国が認めているかという点についても、多くの人が疑問に思われることでしょう。

また、自己破産などの債務免責を、なぜ国が認めているかという点についても、多くの人が疑問に思われることでしょう。

返済が不能な状態にまで陥った場合、夜逃げをしたり自殺をしたりという悲惨な結末を迎える場合も少なくありませんが、このような事態は、実は国にも損失を与えることになります。

夜逃げをしたり死なれてしまえば、国力の一部を失うのみならず、税金の徴収ができなくなるからです。

よって、その人を再生させ、その後も継続して税金を徴収する状態を作る方が、国としてのメリットは高いと言えます。だからこそ、国は債務免責と、生活の再生を認めているわけです。

【まとめ】夜逃げは失敗する。任意整理や自己破産は合法的なもの。最良の選択を。

任意整理や自己破産は合法的なものであり、その後の生活を再生の方向へと向けるための方法として、躊躇なく活用すべきものであるといえそうです。

ABOUT ME
韓国語大好き
韓国語、カカオフレンズの記事を書いています。 ブログのご相談や掲載のご相談は「(@mikage_hz)」までご連絡ください。韓国語を勉強したい人向けに書いていたブログですがいつの間にかブログそのものにも興味が沸いてきました! 皆さんのお役に立てるように韓国語もブログ情報も発信していますので是非フォローをよろしくお願いいたします!
コロナ時代を勝ち抜くために

今回のコロナ騒動。皆様も体感されたと思いますが在宅含め働き方が確実に変わりました。今後働き方がもっと変わっていくでしょう。

コロナ時代を生き抜く準備としての副業時代対策、貴方は万全ですか?

私はこの副業時代を勝ち抜くためにプロにキャリアを見てもらいキャリアからは疎遠と思っていた業界の副業を紹介してもらいました。これが見事にマッチ。

今では毎月12万円程度、副業収入を得ています。

転職ではなく副業。
考えてもいなかった業界での仕事。
副業だから出来るトライ。
まずは無料で相談を。

次は貴方の番です。
↓↓↓↓↓↓↓


テキストのコピーはできません。