【副業時代突入】あと数年したら当たり前のように副業をする時代がきます。あなたはどうしますか?副業時代。

【副業時代突入】あと数年したら当たり前のように副業をする時代がきます。あなたはどうしますか?副業時代。

【副業時代突入】あと数年したら当たり前のように副業をする時代がきます。あなたはどうしますか?

もうすぐ副業が当たり前の時代がやって来る。大副業時代の到来です。

【副業時代突入】あと数年したら当たり前のように副業をする時代がきます。あなたはどうしますか?

今回はサラリーマンの副業の話をしていきます。この記事をご覧のあなたの身近にも副業をしているサラリーマンが沢山います。実は。

まさに大副業時代です。

日本経済新聞は、「大副業時代の幕開け?政府・企業が後押し」という見出しの記事を載せました。

【副業時代突入】あと数年したら当たり前のように副業をする時代がきます。あなたはどうしますか?

厚生労働省が1月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を策定し、この中で従来のモデル就業規則にあった「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」を「原則的に副業を認めるべきだ」と改めました。

政府・企業が副業を認める。180度の方向転換ですよね。副業時代の到来です。

副業は個人の当然の権利であり、「何をいまさら」という気もしますが



副業は個人の当然の権利であり、「何をいまさら」という気もしますが政府が方針を変えることで、個人が副業を行いやすくなるなら歓迎すべきです。

社員の本業と副業の間の利益相反については厳しく考えてもいいですが、本業に明らかに被害を与えているのでない限り(被害の立証責任はもちろん会社側)、社員に対して会社が副業の可否を判断したり、労働の量や稼ぎの額について口を出したりすべきではありません。働き方は、第1に働く個人本人が判断すべき問題です。

ところで、個人の当然の権利でありながら企業に好感を持たれなかった点で、「副業」は「転職」に似ています。

個人の当然の権利でありながら企業に好感を持たれなかった点で、「副業」は「転職」に似ています。

若い人はいまひとつピンと来ないかもしれませんが、大企業が社員の中途採用をある程度の規模で行うようになったのは、1980年代の半ばくらいからでした。

例えば、証券会社や信託銀行のような金融会社が、金融工学の素養がありそうな理科系のエンジニアを中途採用するといった求人が徐々に生まれました。

当時は、中途採用者は「専門職であって、ラインのマネージャーになって出世はしない人」といった扱いを受けることが多かったです。

また世間の人々も「転職は、もうこれが最後になるといいですね」といった、「上から目線での同情的な態度」を取ることが多かったのです。

2028年には副業が当たり前になる

転職者が日陰者的な存在から変化したのは、1990年代の後半からでした。2000年くらいになると、「何度も転職できるということは、それだけ求められている価値のある人材なのですね」といった、本人の意識以上の評価を受けることもあるようになりました。

会社の側も中途採用を行うことに慣れたし、自社の社員が辞めることにも慣れました

(1990年代の前半位まで、超一流会社は自社の社員が転職で辞めるという事態を、企業文化的に受け入れられませんでした)。

今や転職経験者は、日陰者ではありません。

「副業」も今年辺りから徐々に普及し始めるのだとすると、10年後の2028年くらいには、今の「転職」のように普通のことになるのではないだろうかということが予想されます。

人間の長寿化は、一企業が一人の社員の一生を抱え込むことを難しくしているし、

技術の変化による産業構造の変化に合わせて、人の移動がスムーズであることは重要です。

ただでさえ長寿化する老後を、年金などの公的な社会保障にのみ頼り続けるのは難しいことです。

概ね60歳以降に何をして働き、稼ぐのかという、セカンドキャリアの問題をたいていのビジネスパーソンは考える必要があるはずです。

セカンドキャリアと副業・複業をどう考える?

セカンドキャリアについては、45歳くらいから考える必要があります。

セカンドキャリアに必要なものは、仕事の能力と、その能力を買ってくれる顧客の2つだが、何れも獲得には数年単位の時間が掛かります。

「これまでの経験と知識」だけで向こう10年、20年を食って行くことが出来るビジネスパーソンは少ないはずですし、業種を変えようと思う場合にもそれなりの準備がいります。

そして、セカンドキャリアへの移行をスムーズに且つ小さなリスクで行う上で有望な方法の一つが「副業」です。

副業の形で将来のビジネスの基になるものを立ち上げておいて、徐々に本業から仕事のウェイトを移すようなアプローチが、多くのビジネスパーソンにとって有望であるはずです。

現実的なスキルを身につける上でも、将来の顧客を獲得する上でも、副業は有効です。

今後、副業への規制が緩和されるのであれば、是非、まずは「副業」を持って稼いでみることと、次には「複業」と呼べるような、それなりに「太い仕事」を持つことを試みるといいのではないかとおもいます。

普通の勤労者の場合、経済的に豊かに暮らせるか否かにあって最も影響が大きな要素は、資産運用の巧拙といったことよりも、自分自身の働き方をどうするかだと思います。

副業時代。多くの人に、「副業」を、そして「複業」への移行をお勧めします。

下手にネットで副業の情報収集をしても情報の膨大さに熱が冷めるだけです。

ではどうしたら良いのでしょうか?

まずはこちらへ無料登録をお勧めします。



登録後、プロに無料で気軽に面談をして情報を得つつ貴方にあった副業、複業を検討してみるのが良いでしょう。

私も昼のサラリーマン業務とは別に、知恵を活かした副業を見つけることができました。毎月12万円程度ですが、プラスの収入としては充分な額です。

貴方のキャリアを活かして下さい。登録や相談は会社にはバレません。

おそらく今年後半(2019年)にはこの副業面談すら、人が溢れて面談すら出来ない時代が訪れても不思議ではない、大複業時代。

行動は他に先駆けて今すぐをお勧めします。行動しないは負けを意味します。

無料登録はこちらから。今すぐに行動。副業に限らず成功のコツです。



ビジネスカテゴリの最新記事