MVNOへ移行することで大幅なコスト削減が可能。7万円も違います。

MVNOへ移行することで大幅なコスト削減が可能。7万円も違います。

MVNOへ移行することで大幅なコスト削減が可能。年間7万円も違います。

最近のキャリアサービスにおいては、定額パケットに加えて定額通話サービスが主流となりつつあります。

ビジネスなどで頻繁に電話を使うユーザには、比較的有効なサービスといえますが、

こちらから電話をかけることは滅多にないという方であれば、定額通話サービスを利用する意味がありません。

このような方の場合、中古でもかまわないので、キャリアに対応した携帯電話やスマートフォンを一台用意します。

そして、キャリアとの契約を、定額通話サービスやパケット定額はおろか、インターネットにまったく接続しない環境を指定して契約を結びます。

この契約では、利用できる割引などをすべて用いることで、実質数十円から数百円程度の安価なコストで、携帯電話やスマートフォンを持つことができます。

ただしこの契約では、インターネットへの接続ができません。また、キャリアの電子メールアドレスも持つことはできません。

しかし、電話番号でやり取りできるショートメールであれば用いることができるので、簡単な連絡であれば、問題なくやり取りが可能です。

「せっかくスマートフォンを持ったのに、ネットにアクセスできないのは、あまりにも不便」

と思われる方の場合は、大手キャリアから、格安のMVNOへナンバーポータビリティによる移行をすることで、千円前後でインターネットと通話環境を実現することができます。

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは、大手キャリアから回線を借り受けてサービスを提供している業者であり、仮想移動体通信事業者と呼ばれています。

自前で回線を敷設したりインフラを整備する必要がないことから、格安の料金でサービスを提供することができるわけです。

最近では、多くの業者がサービスを開始していることから、量販店などでも手軽に利用することができるようになっています。

通信速度が遅いため、大きなアプリをダウンロードしたり、動画を見たりするには適しませんが、それでもブラウジングやメール確認、SNSなどは問題なく行うことが可能です。

また、この業者から提供されたSIMカードを、モバイルルーターなどに差し込んで使うことで、モバイル環境でも、スマートフォン、タブレット、ノートPCなどを、無線LANを介してインターネットに接続する環境が整います。

ちなみにこれで通信料を月千円に抑えれば、先の例では月6千円、年間7万2千円ものコスト削減が可能となるのです。

最近は、中高年層においてもMVNOの利用が増加傾向にあります。

是非ともご検討されることをお勧めしておきます。

メンテナンスのお願いカテゴリの最新記事