新しい公害と言われる香害。あなたは大丈夫?柔軟剤や洗剤の強い香りは「悪臭公害?」実際に起こってる病気や不調

新しい公害と言われる香害。あなたは大丈夫?柔軟剤や洗剤の強い香りは「悪臭公害?」実際に起こってる病気や不調

「香害」という新たな公害。柔軟剤のニオイで体調不調になる人が増えています。

最近テレビCMをみていると「香り付き柔軟剤や洗剤」を多く見かけませんか?

甘い匂いを感じるCMや優しい匂いの感じる柔軟剤のCM、本当に増えていますよね。私もどうせ洗濯機やランドリーに入れるだけだったら「良い香りを」と思っているうちの一人でした。

ご存知でした?「香害」という造語

「香害」
香り付きの日用品などに含まれる成分で、健康被害や体調不良になる方を対象とした造語です。

気軽に考えてはいけません。深刻なのは、隣席の同僚らが使う「香り付き柔軟剤」や「香付き潜在」にごく少量分含まれる微量の化学物質に過剰に反応するケースが多く発生しています。

思考力の低下、頭痛、皮膚の過敏、目のかすみや息苦しさを訴える、「化学物質過敏症」といわれる症状がそれに該当するのです。

これは花粉症などと同じく非常に厄介です。「一度発症すると、ごく少量の化学物質を感じるだけで発症する」という非常に厄介な過敏症なのです。

急に生活スタイルが激変します。例えばワックスなどにも反応していまうケースも。日常生活に大きな支障がでてしまう大変な「化学物質過敏症」の「香害」なのです。

こんな事例もあるようです「通勤電車に乗れずやむを得ず退職」

とあるサイトで拝見したのですが、「通勤電車に乗れずやむを得ず退職」。

最初意味が分かりませんでした。通勤電車には多くの人が乗っています。しかもある程度密室です。最近の電車は空調設備も整っているし、安全のため、窓の開くスペースが非常に狭くなっています。

もうお分かりですよね、そうです。偶然乗り合わせた方の「香り付き柔軟剤や洗剤」によって「化学物質過敏症」が発症してしまうのです。

「香り付き柔軟剤や洗剤」による「化学物質過敏症」が発症例

発症した方の声をまとめると

・頭痛をはじめとする健康被害
・普通の生活が徐々に困難になりつつある
・そして周囲からは「ニオイに神経質な人だ」

と思われてしまい、精神的にも苦しさがまして、徐々に孤立しがちであること。

しかも誰もが「化学物質過敏症」の「加害者」にも「被害者」にもなる可能性が

この問題、個人の問題ではなく、誰でも被害を受ける可能性のある一種の「公害問題」。

逆を返すと誰もが「化学物質過敏症」の「加害者」になる可能性があります。

「良い香り」をネタに利益増大にしのぎを削る企業と、気楽にいい香を安価に、そして満足を求めて動く消費者。まさに現代日本の経済社会が生み出した、この「新しい公害」の骨子はここにあります。

「香り付き柔軟剤や洗剤」による「化学物質過敏症」の症状例

症状は

頭痛がする
記憶力・思考力が低下する
目がかすむ、耳鳴りがする
のどが痛み声がかすれる
下痢や便秘を起こす
息苦しくなる
筋肉や関節が痛むなど多岐にわたる。

普通の日常生活を送ることができなくなる。

治療。しかし効果ある薬はない。日々の生活改善が中心

主だった治療方法もなく環境や食物から化学物質に触れる機会を減らすしかありません。
良く聞く話では「ビタミンミネラルの摂取」「運動で健康な生活」「症状緩和を待つ」この程度だそうです。

問題なのは使用している本人たちがは「いい香り」と思っていること。考え方によっては仕事中、横でたばこを吸われているのと同じで所謂「受動喫煙」と同じではないのでしょうか。

空気清浄器でも除去できないこの問題

このニオイ物質や化学物質はマスクや除去できないそうです。そして空気清浄器でも。こうなると周囲の協力なくしては一切の対策はできないことになる。

まとめ

だれでも加害者にも被害者にもなる問題。一応に香付き柔軟剤が悪いとも言えないが配慮も必要。今後「受動喫煙」や「花粉症」のように国を挙げての問題になる日は遠くないが、可能ならば日本の技術のチカラで改善してほしい。

まず私は使用をやめます。ここからかもしれません。

生活カテゴリの最新記事