生活

【妊娠とカフェイン】赤ちゃんにどんな異変が!?妊娠中の飲み物としてカフェインを摂りすぎたとき

生徒様へのアンケートでは95.8%の方が上達を実感、99.7%の方がレッスンを楽しめた奇跡の英会話レッスン。今なら無料で体験。急いで!

赤ちゃんにどんな異変が!?妊娠中の飲み物としてカフェインを摂りすぎたとき

「どうか、どうか無事に、五体満足に元気な赤ちゃんが産まれてくれますように」。

妊娠が判明した瞬間、どんなママも皆さん、そう思うことでしょう。

そして、あれやこれやと、これまでは気にも留めなかったことにまで、気を使いはじめます。妊婦として、そう、母としてやるべきこと―。

そのダントツ一番が、「食べ物」「飲み物」ではないでしょうか。

そして妊婦さんの飲み物で摂ってはいけないものとして、真っ先に上がりそうなのが、カフェイン。

「少しくらいなら、どうってことないわよ」と、あまり気にしないママもいると思いますが、わざわざ妊娠中の飲み物としてNGとされる代表格であるカフェインを、ガンガン口にするのは、誰だって躊躇われますよね。

ですが、ところで。

妊娠中の飲み物として、カフェインはそんなに摂ってはいけないものなの?

例えば妊娠中に、カフェインを摂りすぎた場合、産まれてきた赤ちゃんに何か障がいでも起きるの? 起きるとしたら、その確率ってどれくらい?

「妊娠中のカフェインはNG」は知っていても、何故ダメなのか、どのくらいダメなのか、そこまで熟知している方はそんなにいらっしゃらないのではないでしょうか。

それもそのはず。カフェインが胎児に及ぼす影響。そんな臨床データは、実はまだ正確なところ、世に認知されていないからです。

じゃあ、妊娠中の飲み物として、カフェインは何故いけないの?

そもそもカフェインなるものが胎児に及ぼす影響を紐解きながら、妊娠中の飲み物について一緒に考えていきましょうね。

【妊娠とカフェイン】そもそもカフェインってどんなもの?赤ちゃんへにはどう影響するのか

コーヒーを飲むと頭がシャキっとする。集中力を高める。
自律神経の働きを高める。中毒性がある。眠れなくなる。

一般的なカフェインのイメージって、だいたいこんな感じではないでしょうか。

要するに興奮状態になって元気にしてくれる。でも中毒性もあるから摂りすぎには注意ね。…といった感じ。

このイメージ、かなり当たっています。っていうか、そのとおり、そのまんまです。

カフェインは、アルカロイドという化合物の仲間で、覚醒作用や解熱鎮静作用があります。眠気、倦怠感、頭痛にも効果があるとされ、医薬品にも使われているものなのです。摂取後、約30分で脳に到達し、交感神経を刺激する作用も認められています。

そのカフェインを、妊娠中の飲み物として何故NGとされているのでしょうか?

妊娠中にカフェインを摂取しないほうがいいといわれる理由の1つに、これらカフェインの作用が、胎盤を通過して「そのまま」の作用が赤ちゃんに移行してしまうということが挙げられます。

妊娠中は、カフェインの分解に時間がかかるため、それだけ赤ちゃんの体内にカフェインが留まる時間も長くなってしまいます。さらに、赤ちゃんの代謝機能は未熟なので、赤ちゃんの体から、カフェインが排出されにくい状態となってしまうのです。

念のためのご忠告として記述しておきますと、実際、妊娠中の飲み物としてカフェインを多量に摂取すると、低出生体重児や流産、死産のリスクが上昇するということは「ある」そうです。

しかしながら、先述したとおり、カフェインが胎児に及ぼす影響の確かな臨床データはなく、具体的なところはまだ判明していないため、カフェインが直接の原因になっているかどうかというところまでは、まだ断言できない段階でしょう。

【妊娠とカフェイン】妊娠中はカフェインは断絶したほうがいいみたい。でも変わりの飲み物だってたくさんある!

カフェインを気にする妊婦さんなら、WHOが発表した「コーヒーは1日3~4杯を上限」という情報もご存知かもしれません。それに、これもよく言われることですが、毎日の習慣、楽しみだったコーヒータイムをガマンして、ママにストレスがかかってしまうことも、絶対に良くはありませんよね。

「絶対NGでないなら、多量に摂取しなければ、少しくらいいいわよね」。

その考えも、もちろん、有りですよ。

ここで抑えておきたいポイントですが、カフェインが入っている飲み物について。

カフェイン=コーヒーと考えがちですが、実は玉露のほうがカフェイン配合量が2倍以上高く、また紅茶や煎茶、ウーロン茶、コーラ、ココア、チョコレート、また栄養ドリンク等にもカフェインは含まれています。

「コーヒーは一日1杯だけ。だけどウーロン茶はガブガブ飲んじゃう」

これだと非常に危険ですよね。

ちなみに、カフェインレスの飲み物は、ローズヒップやカモミールなどのハーブティー、妊婦さんの間で話題になった、たんぽぽの根から作られているたんぽぽコーヒー、コーン茶などもあります。「カフェインレス」でネットで検索すれば、まだまだ出てきますから、お気に入りの飲み物を探してみるのも楽しいかも。

「いちいち調べるなんて面倒…」
「妊娠中の飲み物を自由に選べないなんて苦痛…」

そう思ってしまう気持ちもわかります。

だけど、妊娠中は、女性の一生で最も口にするものに気を配らなければならない時期です。女性の一生の間にそう何回も、何年も続くわけではありませんから、

「産まれてくる元気な赤ちゃんのために!」。

頑張ってみてくださいね。

【妊娠とカフェイン】カフェイン以外にだって妊娠中にNGなことはたくさん

以前、勤めていた会社の先輩で、もうすぐ産休に入るというお腹の大きな妊婦さんが、堂々と会社の喫煙所でタバコを吸っていて、腰が抜けるほど驚いたことがあります。

「いいんですか?妊娠されてますよね?タバコ吸っても…??」

当時、妊娠を経験していなかった私はビックリして思わずそう尋ねてしまいました。

「いーの、いーの。1日3本までって決めてるから」

本人は気さくに笑っていらっしゃいましたが、超・小心者を自覚する私は、大きなお腹の彼女の喫煙姿に、同じ女として酷く不快感を抱いたのを覚えています。

ねぇ、やっぱりダメでしょ。妊婦さんが喫煙。

いかにも、いかにもダメでしょ。お腹の赤ちゃんに何かあったらどうするの…? せっかく授かった赤ちゃん。もう少しだけ、気遣ってあげてもいいのにな、となんだか悲しくなりました。

とはいうものの!
私は、妊娠中、臨月まで自転車に乗っていました。
友人たちに「やめてー! 見てるだけでドキドキする!!」

なんて驚かれていましたが、私自身はいたって平気。「どうってことないって」と、平然としていました。もしかすると、喫煙している妊婦さんと、臨月まで自転車に乗ってる私は、同じレベルで他人に不快感を与えていたのかも。

女性が、妊娠中、何をどこまでどの程度まで、気にするかは、十人十色。

これは性格だから。どんな危険な情報を与えられても、そう簡単に考え方を変えることは、難しいかもしれませんね。

妊娠中の飲み物として、カフェインの摂取は、
それほど気にする必要はないかもしれません。
でも、徹底的に気にしなくてはならないかもしれません。

それも、貴女次第。十人十色。
でもこれだけは言えます。
平然としていて全く気にしないなら、やっちゃってもオッケー。
だけど少しでも「いいのかな?」「これ、大丈夫かな?」
なんて、いちいち不安になるならば、やめておきましょう。
その不安こそが、赤ちゃんに大きな影響を及ぼしてしまうといえるからです。

妊娠中のガマンを克服する方法とは

妊娠中の皆さんには、カフェイン以外にもお酒やタバコ、それからレバ刺し、ユッケ等加熱不十分なお肉、水銀を含むから危険だと一時期話題になった魚介類など、NGなものは他にも、たっくさんあります。

「大好物だったのに、ざんねーん!!」
「ビールが最高に美味しい季節なのに、1滴も飲めないなんて酷~」

そうです。妊娠中って、ガマン・ガマンの連続なんです。
私は臨月近くになると、うつ伏せ寝をして後ろから背中をグイグイマッサージされることに、死ぬほど恋い焦がれました(笑。

もちろん、ガマンしましたけどね。だけど、先ほども言いましたが、妊娠中という期間は、女性の人生のほんの一部。

わずか数か月の、わずか数回の、そして貴重な期間です。そして、ガマンを克服した後には、これまでに味わったことのない幸福が待っています。

私は、妊娠時代、出産してからやりたいことを、紙に書いてみました。敢えて産まれてきた子とは、関係のない自分だけのご褒美。

その中に、「思いっきりコーヒーを、カブ飲みする」「うつぶせに寝る」なんていうのもありましたっけ。

【妊娠とカフェイン】まとめ

産まれたら、カフェインよりアルコールよりうつ伏せ寝より、もっとしたくなることがいっぱい出てきますよ。

かわいい我が子にギューッとして、ナデナデして、チューして、またギューして、ミルクとヨダレの匂いを思う存分抱きしめて…。

そんな幸福が待っていると思えば、妊娠中のガマンなんて、軽~く克服できちゃうに決まってます!
あともうひとふんばり!

カフェインレスと、ガマンの日々を乗り切ってくださいね。

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
転職を数えること6回しています。無理しないが人生のテーマ。でも数社役員に。無理しないで転職を繰り返すことも大事。その上で婚活から音楽まで。幅広いジャンルの記事を書いています。Pairsでいろいろ検証も。そのあたりのノウハウも徐々に書いていきますね。