音楽

【待望の1stアルバム】BLACKPINK(ブラックピンク)「THE ALBUM」徹底解説!

BLACKPINK「THE ALBUM」徹底解説!

ブラックピンクがデビュー4年目にして初の1ファーストアルバム「THE ALBUM」が10月2日に発売。ティザーが公開されてから、全世界が注目しましたよね。

アメリカビルボードのメインアルバムチャート、ビルボード200ではなんと、初登場2位を記録しました!

これはK-POPガールズグループの中では最高位となります。売り上げ枚数も120万枚を超えミリオンセラーを達成しました!

予約枚数だけでも100万枚というすごい数字ですがそれだけでなく、発売から1日で59万枚が売れるという韓国ガールズグループの初動の記録をも塗り替えてしまいました!

予約枚数だけで韓国国内で67万枚、米国・欧州で約34万枚を記録しました。予約だけでもこの数字はすごいことですよね。

今回のアルバムはブラックピンクがデビュー以来初めてリリースしたフルアルバムになります。メンバーたちは、「サプライズでいっぱいのアルバム」だと話していました。

今回のアルバムは、「How You Like That」をはじめとする全8曲が収録されています。アルバムにしては曲数が少ないかな?とも思いますが、1曲1曲がよかったので全然十分でした!(笑)

そしてなんといっても、コラボアーティストがすごいです!そこも今回のアルバムのポイントでもないでしょうか?

そしてブラックピンク特有のHIPHOPベースの楽曲からいつもとは違う感じのキュートで爽やかなPOPベースの曲まで、さまざまなスタイルのブラックピンクの曲が聞けるようになっています。

そして今回のアルバムは、 VERSION #1 VERSION #2 VERSION #3 VERSION #4の4形態となっています。

アルバムには、CDをはじめとする、ハードカバー・フォトブック、ポストカードセット、フォトカード、ポストカード、ステッカー、クレジットシート、マウント・フォトカード、歌詞ブックがついてきます。

10月14日には、Netflixでオリジナルドキュメンタリー「BlackPink:Light Up the Sky」」も公開されました。

ここからは、1曲1曲解説していきたいと思います。

BLACKPINK「THE ALBUM」徹底解説。まずはタイトル曲でもある「Lovesick Girls」

この曲の作詞にはメンバーのジスとジェニも参加していて、ジェニに関しては作曲にも参加しています。

愛に傷つき苦しみながらもまた愛を求めていく。そんな様子を歌っている曲となっています。

プローデュースには、TEDDYをはじめとするYGの傘下レーベルTHE BLACK LABELの方達が参加していました。

韓国の音楽番組「人気歌謡」では3週連続1位に選ばれトリプルクラウンも記録しました!
今回の活動を終え、

メンバーのリサは、「初めてのフルアルバムに大きな愛を感じさせてくれたことに感謝してとても幸せな時間だった。ファンの皆さんにたくさんのコンテンツを見せることができてとてもよかった。「Lovesick Girls」のステージを最後まで一緒に応援してくれたファンの皆さん愛しています」

とSNSを通じて語っていました。

BLACKPINK「THE ALBUM」徹底解説。続いては、「How You Like That」

この曲はアルバム先行公開1曲目として発表された曲になります。

アメリカの「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン」という番組でもこの曲を初披露していました。

この曲に対しジスは、「大げさに聞こえるかもしれないが、今回の歌を通して肯定的で希望的なメッセージを送りたかった、何か暗く厳しい状況に屈することなく再び立ち直れる力、自信を失わない気持ちを込めて歌おうと努力した」と語っていました。

MVに関しては、公開から32時間で1億回再生を突破し、史上最短で再生回数を4億回突破するなどK-POPの最短記録を塗り替えました。

なんといってもジェニのかわいく斬新な髪色が流行りましたよね!

BLACKPINK「THE ALBUM」徹底解説。続いては、「Ice Cream」

この曲は、「 How You Like That」リリース後1ヶ月という史上最も短いスパンでのリリースとなりました。

セレーナ・ゴメスとの初のコラボということで、アジアのファンだけでなく、世界中のファンたちからの期待もすごかったですよね!

MVもとってもキュートでポップな感じに仕上がっていてかわいかったです。YouTubeのミュージックビデオ・トレンディングワールドでは1位を獲得していました。

MV以外にもZEPETOのキャラクターとして5人が一緒に踊っているバージョンと、各自が自分の家で歌っているバージョンもリリースされています。ZEPETOバージョンが何ともいえない可愛さでした!

この楽曲の作詞・作曲には、セレーナ・ゴメスだけでなく、あの世界的アーティスト アリアナ・グランデも参加しています。

アメリカのビルボードチャート「HOT100」では13位にランクインし、自己最新記録も更新しました。

BLACKPINK「THE ALBUM」徹底解説。続いては、「Pretty Savage」

この曲は、HIPHOP感が強くまさにブラックピンクらしい曲でした。リサはこの曲がお気に入りだそうです!

ジェニは
「アルバムリリース直前に『Ice Cream』で良いエネルギーをもらい、セレーナに応援されているような気分になれた」

と語っていました。

BLACKPINK「THE ALBUM」徹底解説。「Bet You Wannna」

この曲は、女性ラッパー、カーディ・Bとのコラボ曲となっています。ブラックピンクの曲の中では珍しく、作詞・作曲にTEDDYが参加していません。

TEDDYが参加しない楽曲というのも珍しく、新しい感じではないでしょうか。

カーディ・Bは作曲するにあたって、とても苦労したそうです。韓国では、汚い言葉や年齢制限のかかるような言葉が歌詞に入っていると引っかかることがり、ブラックピンクが楽曲に参加するにあたり歌詞に大きな制約がかかっていたようです。

そのためカーディ・Bは「汚い言葉や、年齢制限がかかる言葉を使わないヴァースは私にとって難しかった」と語っていました。

カーディ・Bに寄せた感じのHIPHOPでもなければブラックピンクに合わせたK-POPでもない中間のPOPな感じに仕上がっていてとてもよかったです!

この楽曲は、海外で聞かれる可能性が高いことを考慮してかすべて英語の歌詞となっています。

BLACKPINK「THE ALBUM」徹底解説。「Crazy Over You」

イントロからいつものブラックピンクの感じと違い新鮮でした。なんか、インド?アラビア?みたいなアップテンポな感じのビートでした。

こちらの楽曲も英語の歌詞なんですが、4人ともやはり英語の実力があるだけ、聞きながらものすごく気持ちがよかったです。

BLACKPINK「THE ALBUM」徹底解説。「Love To Hate Me」

この楽曲は、いつものブラックピンクの感じで歌詞が力強い感じでした!
個人的にはサビの部分がとてもよかったです。

BLACKPINK「THE ALBUM」徹底解説。「You Never Know」

タイトルからも分かるように、この楽曲はバラード曲となっています。この曲のメロディーには、ロゼの声がものすごく刺さっていました!

やはりアルバムの最後にバラード曲を持ってくるのは、定番中の定番ですよね。笑

【まとめ】BLACKPINK「THE ALBUM」徹底解説。


というような感じで今回のアルバムは、世界的プロデューサーをはじめ、世界的アーティストも加わりいつもとはまた違う感じに仕上がっていました。

そして魅力あふれる多彩なサウンドが盛り込まれていましたね。ブラックピンクの実力はもちろんプロデューサー人も素晴らしいといことも分かりました。

世界中の人に向けてたくさん聞いてもらえるように英語の歌詞が多くなっていましたね。
今回のアルバムでまたブラックピンクの新しい一面が見つけられたのではないでしょうか。

そしてメンバーのコメント通りサプライズにあふれるアルバムになっていてファンたちにとっては素晴らしいブラックピンクからのプレゼントになったと思います。

みなさんも今回のアルバムから自分のお気に入りの曲を見つけてみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
韓国語大好き
韓国語、カカオフレンズの記事を書いています。 ブログのご相談や掲載のご相談は「(@mikage_hz)」までご連絡ください。韓国語を勉強したい人向けに書いていたブログですがいつの間にかブログそのものにも興味が沸いてきました! 皆さんのお役に立てるように韓国語もブログ情報も発信していますので是非フォローをよろしくお願いいたします!
コロナ時代を勝ち抜くために

今回のコロナ騒動。皆様も体感されたと思いますが在宅含め働き方が確実に変わりました。今後働き方がもっと変わっていくでしょう。

コロナ時代を生き抜く準備としての副業時代対策、貴方は万全ですか?

私はこの副業時代を勝ち抜くためにプロにキャリアを見てもらいキャリアからは疎遠と思っていた業界の副業を紹介してもらいました。これが見事にマッチ。

今では毎月12万円程度、副業収入を得ています。

転職ではなく副業。
考えてもいなかった業界での仕事。
副業だから出来るトライ。
まずは無料で相談を。

次は貴方の番です。
↓↓↓↓↓↓↓


テキストのコピーはできません。