インフルエンザに罹患し、インフルエンザ脳症の超初期症状を体験しました。

インフルエンザに罹患し、インフルエンザ脳症の超初期症状を体験しました。

先月インフルエンザに罹患し、インフルエンザ脳症の超初期症状を体験しました。

多分誰にもうつさずに済んだので書けますが、先月インフルエンザに罹患し、インフルエンザ脳症の超初期症状を体験しました。

もうだいぶ時間が経ちましたが、正直、まだ少し怖いです。初期症状なのでたいしたことはないのですが。

インフルA型のワクチンは打っていて、罹患したのはB型。

既往症・特段の持病なし、病院でインフルエンザ用に処方された薬以外、服薬なしです。医師の診断に従い、発熱してから1週間通院以外は外出していません。仕事もきっちり有休取りました。(復帰後に地獄を見たけど)

インフル自体は、20年前に罹患した時に比べてとても軽く済んだと思います。

熱は最高でも38.9℃まで、発熱当日から4日目には微熱程度に下がり、6日目には完全に平熱。食欲もあり、頭痛や咳はありましたが比較的元気でした。

おかしいと思ったのは、医師にこの日まで外出しないようにと言われていた最終日、ほぼ元気(だと自分では思っていた)

ただインフルになってから初めてPCを開いて愕然としました。

デスクトップ右下に表示されている年月日が分からなくなっていました。

2019年だというのが理解できず、何でキリのい2020年じゃないのかが判らない。(年なんだから毎年数が1つずつ増える訳で、常にキリのいい数字になる訳ない) 月日も判らない。

療養中に給料日があったのは分かるのですが、何日なのか判らない。平日は毎日会話している同僚の名前がまったく判らない。

1週間寝込んでいたことで浮き世離れして、数分思い出せないということではないのです。考えても考えても判らない。

怖くなり、家族の名前、住所、誕生日などが分かるか、片っ端から試してみて、その時は分かると思っていましたが、後から考えると誕生日は合っていなかったと思う…

今だから分かりますが、療養中は現実にあったことと夢で見たこと、本などで読んだことの区別がついていなくて、頭の中の白い霧の中に全てがごった煮のように混ぜられているような感じ。

普段はむしろ、記憶力は良い方です。だからこそ考えても判らないという状態が不安で仕方ない。

すぐにネットでインフルエンザ脳症の症状を調べ、お医者さんが書いているサイトにたどり着きました。

インフルエンザウイルスにより、脳内でサイトカインという物質が増殖し、脳が炎症反応を起こしていることが原因だと。

つまり熱は完全に平熱で体は復調したつもりでも、私の脳はまだ炎症を続けていた、ということ。

私の症状はごく軽いもので、解熱後12時間経ってもおかしいと思うならすぐ病院へ、サイトでは書いてありましたが、おかしいという自覚すら分からなくなるのではないかという不安。

幸い、半日ほどすると自然と思い出せるようになりましたが、あの時の怖さは焼き付いたように残っています。
もしあの状態で車など運転したら?信号機が赤だから停まる、が理解できなかったら? 

いや、冗談のようですが、本当にあの時の自分はそんなことも判ったか自信がないのです。

インフルエンザ脳症は、熱が下がってからも長く炎症が続くことが怖い。

AI(Artificial Intelligence) concept, 3D rendering, abstract image visual

熱が下がったからと言ってすぐ出かけたり動いたりせず、解熱後丸1日は家の中で、自分の状態を観察しないとならないと、心底実感しました。

だいたいは、医師が言う外出禁止期間とは、解熱後12時間以上を含んだ期間だと思いますが

自分がおかしい自覚が持てないほど症状が酷かったり、解熱後に徐々に症状が進行する場合もあるようなので、おかしいと思ったら12時間なんて待たずに病院へ行った方がいいと思います。

何なら「病院にかかるべき症状なのか」を教えてくれる医療相談サイトもあります。

byoinnavi.drsquare.jp

自分では気づけない可能性もあるので、インフルが治ったと思っても、周りの人も出来れば気を付けてあげて欲しいです。

これは医師にも言われましたが、インフルエンザワクチンはインフルエンザにならないためではなく、A型ワクチンを打っていた私も、A型インフルになった可能性もあるということです。

ただ、脳症などの重症化を防げる可能性が高いのでワクチンは毎年打ってね、だそうです。ワクチンを打ってなかったら脳症の症状がもっと重かったかもしれない…

繰り返しますが、
・型は違うけどワクチン接種済
・普段は健康な成人、記憶力は良い
・市販薬はいっさい飲んでいない
・医師の診断に従い、発熱より1週間外出せずしっかり療養していた
・会話能力は問題なし、時々原稿も書いていたので言語能力もほぼ問題なし
・熱が下がってからも、自分の状態を注意深くチェックすべし
・お子さんは自分の状態を自己判断できない場合もあると思うので、お医者さんが書いているサイトを参考に気を付けてあげて下さい

本当にインフルエンザ脳症怖い…

友達に「ツイもないし、死んでるのかと思った」と言われましたが、私は生きてます。

生活カテゴリの最新記事