【大切な出産準備】産まれてからは無理!妊娠中にしておきたい5つの準備事項

【大切な出産準備】産まれてからは無理!妊娠中にしておきたい5つの準備事項

【大切な出産準備】産まれてからは無理!妊娠中にしておきたい5つの準備事項

妊娠期間ならではの、最も幸せなことは、出産準備。

まだ性別もわからない赤ちゃんの名前をあれやこれやと考えて。性別がわかったら、お洋服や産着を揃えて。

出産日が近くなると、新生児用のオムツや、早々と離乳食セットやお靴やリュックサックまで!

「まだ早すぎない?」と周囲から失笑を買いながらも、つい可愛いから揃えてしまうという方、たくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。

だけど、こんなにあれやこれやと万全の準備をしたにも関わらず

「アレもやっておくべきだった!」
「妊娠中、あんなに時間があったのに…!」

なんて、やり残した準備が、どなたも1つや2つはあるはず。産まれたばかりの新生児を抱えて、大慌てで準備!では、大変ですよ!今日は、もうすぐ出産!という、まさに「準備中」のあなたに。

「コレ、絶対にやっておいたほうがいいよ!!」のアドバイスを、ここでこっそり教えちゃいます。

【大切な出産準備】保育園、小児医療事情は、産まれる前からしっかりと!

この章では、主に産後に赤ちゃんを保育園に入園させたいと思っていらっしゃるママのためのお話ですから、該当しない方はスルーしちゃってくださいね。

保育園事情は地域によってさまざまですので、あなたがお住まいの市町村での事情をしっかりと調べておいてください。特に産休明け、すぐにお仕事復帰したい方は必須です。

たいていは、市・区役所に、「こども支援課」のような課が設けられています。保育園のことも、ここで調べられると思います。大人だけの家庭では、保育園や幼稚園、小学校等が、どこにあるかさえも、意外と知らないもの。

「こども支援課」なら、保育園の場所、入園方法、手順など、受付で教えてもらえます。もちろん自宅で、ネットでも調べられますが、対面相談に出かけるだけでも安心感が全然違いますよ。

また、万が一のことを考えて、病児保育や、一時保育、小児科や緊急外来のことも、一緒に調べておくと安心です。小児科も、保育園などと同様、自身に子どもがいないと、近所のどこにあるなんて、案外知らないものです。

特に、親族など身近な人が近所にいらっしゃらない方は、必ずひととおり、調べておいてください。育児で何か困ったときに相談できる公的機関があると、とても安心です。ただし、保育園の入園手続きなどは、産前では受け付けてもらえないところが殆どです。

ですが知識としてだけ、持っておくだけでも、安心感は全然違いますよ。

赤ちゃんが産まれてから、抱っこして役所を往復するのは、大変です。身軽な今だからこそ、調べるべきポイントを押さえておいてくださいね。

【大切な出産準備】妊娠中にしておきたい5つの準備事項 その1「
地域の保育園、小児医療事情を把握しておく」

子育て情報は宝!
ママ友を作っておこう

ここでは、子どもを通してつきあいが始まった女友達のことを「ママ友」と呼びます。もともと友人同士で、同じ時期にたまたま妊娠したって場合は、抜きでお願いしますね。

「ママ友作りなんて、出産してからでもよくない?」

そんな声が聞こえてきそうですが、実は出産前から始めておくほうがベスト。出産前は、喜びの反面、不安もいっぱい。

そんなときに、同じ時期に妊娠中の友人ができると、とっても安心です。しかも、あなたが初産で、友人が2人目・3人目のお子さんだったらなお、安心。

「そのベビーグッズ、すぐ要らなくなるからレンタルで十分だよ」
「これは、絶対に必要だから、ちょっと大目に買っておいてね」

出産を経験したママ友ならそんなアドバイスをしてくれます。ありがたい!!

「体重オーバーしちゃったよ。カロリー控えなきゃ」
「あ、私、低カロリーの玄米食べてるよ」

初産同士のママ友でもそんなふうに、情報交換ができます。

ここでのポイントはできるだけ出産予定日の近いママ友と知り合うのがベスト!

産まれてから予防接種に一緒に行けたり、同じくらいのスピードで育っていく我が子を、パパやご両親とはまた違った視点で、一緒に見ることができるのですから。

ただ、先述したとおり、ママ友作りは出産後でも、できることではあります。

だからそんなに慌てなくても大丈夫。

ですが。
早いに越したことは無し。産院や、近所や、電車の中でも。同じくらいお腹のふくらみを持つ感じのいい女性を見かけたら。

「こんにちは。何か月ですか?」なんて、たった一言声をかけるだけで、簡単に始まりますよ。出産前のママ友作り。

【大切な出産準備】妊娠中にしておきたい5つの準備事項 その2「同じくらいの時期に出産するママ友を探す」

引っ越しするなら出産前が
絶対にベター

「家族が増えるんだし、この際、もう少し広い部屋に引っ越そうか」
ご主人とそんな会話が出始めているというあなた!
ぜひ、妊娠中の今すぐ、実行してください!!
お子さんが産まれるのを機に、マイホームを購入したり、広い部屋に引っ越したりするのはよくある話です。だけど、身重の妊婦さんにとって、あちこち物件を見てまわったり、引っ越しの準備をするのは、ちょっとばかり億劫。
「ひとまず、産まれてからでいいんじゃない?」
今は、とにかく無事出産することをゴールとしている妊娠中の女性は、ついそうやって、引っ越しを先延ばしにしがちにしちゃうんですね。

ですが!
赤ちゃんを抱えての引っ越しは、大変・大変・大変、掛けることの3乗です。
私の場合、子どもが0歳8カ月くらいのときに、家を引っ越しました。
抱っこひもで乳児を抱えての不動産巡り。かなりきつかったです。
不動産の事務所の客室スペースの端っこを借りて、授乳したこともありましたっけ…。
引っ越し当日は、一日中、知人に赤ちゃんを預かってもらって、数時間おきに授乳の為に引っ越しを抜け出さなければなりませんでした。
トホホ…。
あの大変さは、経験した者にしか分かりません。

ただし身重での引っ越し準備も、相当大変です。
一日も早いに越したことはありません。家族が増えると決まったら、できるだけすぐに物件探しを始めることをお薦めします。でも、重いものを運んだりなど、無理は絶対にしないでくださいね。

真新しい新居で始める赤ちゃんとの暮らし。
気分的にも明るくなれそうじゃあないですか?

【大切な出産準備】妊娠中にしておきたい5つの準備事項 その3「赤ちゃんと一緒に暮らす家へ先に引っ越しておく」

夫婦でデート♪
できるのは、本当に今のうち

妊娠が判明した瞬間、お腹の子が日々育っていくのを実感した瞬間、女性の脳はどんどん、赤ちゃんのこと「だけ」に傾いていきがちです。
特に出産した後は、それが思い切り顕著になるので、覚悟しておいてくださいね。
となると、どうしてもおざなりになってしまうのが夫の存在。
殆どのパパさんは、妻の妊娠中には父性というものがまだまだ芽生えていませんから、そんな女性の心境の変化はなかなか理解できないものです。
そこでお薦めしたいのが、夫婦デート!

ハッキリ言っておきます!
赤ちゃんが産まれたら、オシャレな店での外食なんて、99%無理です!!
中には、赤ちゃんをバギーに乗せてホテルのフレンチレストランに、夫と3人で行ったという強者もいるそうですが、万が一子どもが泣いたり愚図ったりと、周囲へ迷惑をかけることを思えば、子連れできちんとしたレストランはやめておいたほうが無難です。
また、ご両親や親戚などにたまには赤ちゃんを預かってもらえるから大丈夫、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、少なくとも授乳期間は、長時間赤ちゃんと離れることは難しいでしょう。
1歳未満の乳児を連れて外食に行くとしたら、せいぜいファミリーレストランか、道の駅。
それも、周囲にかな~り気を使ってのことです。もちろん、哺乳瓶や離乳食持参の外食ですから、いっそ家で食べるほうが…と、どなたも思うでしょう。

一説によりますと、赤ちゃんが産まれた日から、妻から夫への愛情はぐんぐん冷めていくそうです。
素敵な「イクメンパパ」になってもらうためにも、夫婦はいつまでも円満でいたいですよね。そのためにも、夫婦でオシャレなデート! 奮発してとびっきり素敵なコースをセレクトしてください! 育児で疲れたとき、きっとこのデートの思い出が、夫婦の支えになってくれるはずです。

【大切な出産準備】妊娠中にしておきたい5つの準備事項 その4「夫婦二人だけで、オシャレなデートを楽しむ」

できれば妊娠中に決めておきたい
赤ちゃんの名前

いくつか候補をあげておいて、
「産まれた赤ちゃんの顔を見て、どれにするか決める」。
そう考えていらっしゃるご夫婦も多いと思います。
ですが、あくまで、個人的な意見ですが。聞き流していただいていいんですが。
赤ちゃんの名前は、産まれる前から決めておきたいものです。

なぜなら。
お腹の中の赤ちゃんへ、呼びかけられるから。

「○○ちゃん」、とお腹の中に名前で呼びかけるのは、この上ない、妊婦さんだけが味わえる幸福。
そして、産まれてきたときに、本当に「○○ちゃん」ぽい顔で産まれてくるのが不思議。
これは、厳密にデータ解析したわけじゃあないですが、
うちの子も含め、私の周りで出産した赤ちゃん、みーんなそうなんです。
お腹の中への名前の呼びかけって、けっこう重要なのかも。
少なくとも私はそう信じています。

ここからは余談ですが、私はお腹の子の性別がわかったときに早々と名前を決めていました。そして、ことあるごとに、ずっとお腹に向かって名前で呼びかけていました。恥ずかしながら、我が子の名前を連呼した、歌まで作ってしまいました(笑。
先日、9歳になった息子に、
「○○くんのこと、お腹の中からずーっと、呼んでたんだよぉ。知ってる?」
と冗談で言ってみたら、真顔で
「うん、知ってる」と言っていました。

…まさかね。いや、この子ったら、お腹の中からママの愛情、しっかり感じてたのかなぁ。
なーんて、親バカしています。

【大切な出産準備】妊娠中にしておきたい5つの準備事項 その5
呼びかけるために、名前を先に決めておく

生活カテゴリの最新記事