韓国語

【韓国語 専門学校】韓国語専門学校ってどんなところなの?学んだ先はどんな将来設計が出来る?

【韓国語 専門学校】韓国語専門学校ってどんなところなの?学んだ先はどんな将来設計が出来る?

韓国語学習
韓国語学習
韓国語をもっと学習して、将来韓国語を活かせる仕事に就きたいと思っています。韓国語を学ぶのに良い方法やスクールなどはありますか?
韓国語先生
韓国語先生
韓国語を学ぶのであれば、通信教育や専門学校など様々な手段があります。ただ、学べるものや身につく知識などはそれぞれ違ってきます。専門学校も1つの視野に入れるのも良いかもしれないですよ。

韓国語を学習しているみなさんの中には、「もっと韓国語が話せるようになりたい!」や「韓国語を活かせるような仕事に就きたい」という思いを抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし、進路検討段階でそのような希望を持っているという方がいらっしゃれば、専門学校への進学を検討しているかも知れないですね。

韓国語を活かせる職業を探している方もいらっしゃるかも知れませんね。

最近は、K-POPが好きすぎて韓国語勉強に力がみなぎった結果、韓国関連の仕事に就きたいと思う方も増えてきているようです。

そこで今回は、韓国語が学べる専門学校は、一体どんなところなのかについて調べて見ました。

専門学校には、どんな授業があるのかや、専門学校の特徴、将来どんな仕事に役立てそうかなども調べてみたので、参考にしてみて下さいね。

【韓国語 専門学校】韓国語が学べる専門学校はどんなところ?

そもそも専門学校とは何か?ご存知でしょうか。意外と聞き慣れた言葉ではあるのですが、いつ通うものなのか等、分からなかったりします。

専門学校は、高校を卒業した後に通う学校です。

高校を卒業してからの進路としては、大学、短期大学、専門学校、もしくは就職となるのが一般的です。中でも、大学や短期大学とは違い、専門学校は色々な職業に対して必要な技能や能力を専門的に学ぶことのできる学校です。

学問のためというよりも、仕事に関しての知識をピンポイントにかつ実践的に学べるという位置づけです。

もうお分かりかも知れませんが、韓国語の学べる専門学校は、単に韓国語を話せるようになるという目的だけでなく、将来の就職先、進路に結び付ける目的で通う学校と言えるのです。

大学でも、韓国語を学べるところは沢山あります。実は、私も大学時代の第二外国語は、韓国語専攻でした。もちろん大学でも学べるには学べますが、仕事に活かせる、直結出来るかと言えば、やはり難しいかなと思います。

しかし、専門学校は、韓国語の場合は通訳・翻訳、ホテルや観光などの観光業、飛行機や空港関連などの職業を視野に入れつつ韓国語が学べます。

言わば、韓国語を話せることがその職業の一つの条件であるような進路を目指す人のための学校ですね。

最近は、もっと面白いことに、語学だけではなく、韓国の美容やグルメ、ファッション、ダンスや音楽に関するような専門的なことが学べるという専門学校もあるみたいですよ

【韓国語でダンス】韓国語で「ダンス」を表すフレーズ特集!
【韓国語でダンス】韓国語で「ダンス」や「踊り」表すフレーズ特集!【韓国語でダンス】韓国語で「ダンス」や「踊り」表すフレーズ特集! 日本人メンバーがいることでも有名な韓国の大人気ア...

【韓国語 専門学校】韓国語専門学校の授業はどんな感じ?

では、専門学校ではどういった授業が行われるのでしょうか。

まず、語学に関して言えば、基本的なカリキュラムとして、文法、会話、発音、リスニング、作文などの韓国語の授業があります。

それに加えて、将来仕事で韓国語を使うことを見越したビジネス韓国語会話、資格取得のための韓国語能力試験対策などが盛り込まれているところが多いようです。

基本的には、平日に毎日、朝から午後まで韓国語の授業が行われるそうです。

学校によって異なりますが、韓国語以外にも一般教養と呼ばれる選択制科目も必須とするような所もあるのだそうです。カリキュラムは、学校によって多種多様。

最近は、韓国系企業などで働けるように、パソコンの授業を行うところもあるそうですよ。

ご自身が将来、韓国語を活かしてどのような仕事に就きたいのか、どうありたいのか等の将来設計をしっかり考えた上で学校やカリキュラムを選ぶことが重要になってきます。

【韓国語 先生】韓国語で先生って何と言う?先生と親しみを込めた言い方は?
【韓国語 先生】韓国語で先生って何と言う?先生と親しみを込めた言い方は? 【韓国語 先生】韓国語で先生って何と言う?先生と親しみを込めた言い方は? 韓国語で「先生」は、何と言うか知っていま...

【韓国語 専門学校】韓国語専門学校の特徴について知ろう!

韓国語専門学校の特徴を見ていきましょう。

韓国語専門学校の特徴その1 カリキュラム

先にも少し触れましたが、韓国語専門学校の最大の特徴は、以下のようなカリキュラムを通し、あらゆる角度から韓国語を学べることだと言えます。

・韓国語文法
・韓国語会話
・韓国語作文
・韓国語リスニング など

また、専門学校により、ソーシャルマナーやキャリアスタディ、IT系など、大学ではなかなか学べない実習なども用意されていたりします。

韓国語専門学校の特徴その2 ネイティブの講師陣

ネイティブの韓国人講師に教えてもらえるところも、大きな魅力の1つです。

もちろん、大学などでもネイティブの韓国人講師が教えてはくれますが、専門学校となれば、10~20人以上の韓国人講師が在籍している事がほとんどです。

仕事で韓国語を使えるようにするには、正しい発音が必要不可欠ですよね。そのため、ネイティブの講師から教わったほうが効率よく習得できます。

その上、韓国にも地方によりイントネーションが違ったりします。より多くの韓国人講師の方が在籍していれば、様々なイントネーションの韓国語を聴いた上で標準の発音にも触れることが出来るのも魅力的です。

また、韓国文化や地歴などの授業では、韓国人の先生からリアルな話を聴くこともできます。

韓国語専門学校の特徴その3 資格習得

先程も述べましたが、専門学校は、韓国語検定やハングル能力検定等の資格取得にも力を入れてくれています。

韓国語を使った仕事で活躍するには、このような資格を履歴書に記載し、自分の語学スキルを数値化してアピールしていく必要があるので、資格習得は外せないです。

一方、大学で韓国語専攻として学ぶ場合は、普段の授業が行われ、資格取得対策に力を入れていることはあまりありません。韓国語の教授や講師の方がこんな資格もあるんだよという程度に資格の存在を教えてくれるような感覚です。

実際、私の大学では受けてみたい人の人数を把握した上で低級で出てくる単語を教えてくれたり、少しだけ過去問を解かせてくれたりする程度でした。

そのため、検定を受けたい生徒は独学+先生に分からない箇所を授業とは別に聞いて学ぶスタイルが多かったです。

就職に向けての韓国語資格はレベルを要することもあるため、より多くの合格者を輩出している専門学校で本格的に対策授業を受ける方が良いでしょう。

また、専門学校には、先述の2大資格の他にも、英語、韓国語を使う業界で人気が高い以下の試験対策も行ってくれるのだそうです。

・TOEIC
・秘書検定
・サービス接遇検定

外国人のお客様を相手にする事が多い航空業界やホテルなどで働く場合、韓国語と英語のダブルスキルを持っていたほうが採用試験では、有利になりますよね。

また、将来現地で働くという際にも、専門学校時代に習得した複数の語学スキルや資格は役立つでしょう。

韓国語専門学校の特徴その4 留学支援

もっと本格的に韓国語を学びたい場合は、専門学校の短期留学を利用する事も出来ます。専門学校だけではなく、現地で韓国語に触れてくることも学習の近道だったりします。

そのため、専門学校では短期留学の支援のようなものや留学を勧める姿勢があったりするのも特徴の1つと言えます。

一方、大学の場合は、留学先の大学の学費を別途納入する必要があったり、現地でかかる費用も実費だったりすることが多いので、留学をするにも少しお金と相談する必要が出て来ます。

その点、専門学校は学費のなかに語学留学にかかる以下のような費用がすべて含まれているケースがあるので留学には行きやすいという声も聞きます。

・現地での学費
・飛行機代
・宿泊費
・食費 など

このような形で専門学校は在学中に留学費用の心配が不要のケースが多いので、留学にチャレンジしやすい環境が整っていると言えますね。

現地で韓国語に触れたい人や留学を最初から検討している方には専門学校がおすすめかもしれません。

韓国語専門学校の特徴その5 就職について

これまで様々な特徴を紹介してきたように、韓国語により近い仕事をするなら、大学よりも専門学校がおすすめです。

専門学校には、各コースの学習内容に合った就職実績も非常に多いです。

学校で習得した韓国語の知識を活かせる就職先を求める人の場合、進路が多彩な大学よりも専門学校を選んだほうが、希望する仕事に就きやすいでしょう。

また、インターンシップの参加のしやすさや情報量も専門学校の方が豊富な印象を受けます。

就職支援も結構充実しているので、韓国語を学びながら韓国人講師の先生などにより詳しい進路の相談をしてみることもしやすいと思います。

【韓国語のメリット】韓国語の勉強に関する様々なメリットを紹介!【韓国語のメリット】韓国語の勉強に関する様々なメリットを紹介! 韓国ドラマやK-POP、料理に美容と魅力がたくさんの韓...

【韓国語 専門学校】韓国語の専門学校を卒業したら、どんな仕事に就ける?

ここまで、韓国語専門学校の特徴などを説明してきました。

では、韓国語専門学校を卒業したら、多くの人は実際どんな仕事に就けるのでしょうか。
気になりますよね?
もちろんすべてではありませんが、一般的な進路として次のような職種が挙げられます。

翻訳家
通訳士
韓国系企業・金融機関への就職
商社(ビジネスマン・貿易事務、物流事務など)
空港サービス関連
ホテルなどの観光業界

これらの仕事には、韓国語ができるということはかなり有利と言えるでしょう。

また、それだけではなく仕事についての専門技能も求められます。専門学校では韓国語が話せるようになるだけでなく幅広くその業界における専門的知識も勉強をすることが大切です。

【韓国語 専門学校】韓国現地にある専門学校って?

実は、韓国現地にも専門学校があるそうです。韓国の専門学校は、日本と少し違うようです。どんな学校なのか気になりませんか?

韓国関係の仕事に特化した技能・知識を学ぶ野であれば、韓国にある専門学校も視野に入れても良いのかもしれません。

ただ、韓国の専門学校は、主に韓国人を対象にしている学校です。そのため、韓国語が話せないとかなり厳しいです。

先程、韓国の専門学校は、日本と少し違うとお伝えしました。

何が違うのかというと、専門学校と言っても、日本でいう短期大学にイメージが近いという事です。ちなみに、韓国語では、전문대학(チョンムンテハク):専門大学と呼ばれます。

与えられる学位も日本での短期大学に相当するのだそうです。大学でありながらも専門的に仕事の為の実践的な教育を受けられる学校というのが、韓国の専門学校=전문대학に値します。

学科は日本の専門学校と似ているようで、IT・コンピューター関連や航空関連、機械工学、観光、建築・デザイン・インテリア、社会福祉に教育関連に看護に美容・調理など様々な学科があるようです。

最近は、就職難であることから、この専門大学の人気が高まっているそうです。

韓国は、受験も厳しく、学歴社会であることはよく知られていますよね。その難問を超えて、4年制大学を卒業しても、なかなか思うように就職ができないという状況があります。

現在は、それが大きな社会問題となり、学歴よりもより実践的な知識や技能を身に付けて就職につなげようという情勢が広まりつつあるようです。

ただ、先ほども触れたように韓国現地の専門学校は韓国人を主に対象としているため、韓国語が話せることが前提となります。

【韓国語 専門学校】専門学校以外での韓国語学習は?

日本にいながらでも、専門学校の他にも色々な方法で韓国語は学べますよね。

韓国語教室に通うという方法もあります。韓国語教室というと、習い事や趣味のイメージがあるかもしれませんが、資格試験や留学の為の専門的なコースを用意してくれている学校もあるのです。

また、直接韓国に韓国語を学びに行く語学留学という方法もありますね。

韓国の大学の中にある母国語が韓国語ではない人向けの語学学校「語学堂」への留学の手段もあるでしょう。

職業の為の専門学校とは違いますが、気になる人は語学堂への留学も検討してみるといいかも知れないですね。

【韓国語 専門学校 まとめ】韓国語が学べる専門学校について知ろう!

今回は、韓国語が学べる専門学校は、一体どんなところなのかについて紹介していきました。

専門学校には、どんな授業があるのかや、専門学校の特徴、将来どんな仕事に役立てそうかなども、触れていきました。

韓国に関連する仕事に就きたいと考えている方、もっと韓国語を学びたい・活かしたいと考えている方には、様々な視野が広がったのではないでしょうか。

あくまでもここでお伝えした情報は、微々たるものです。他にももっと沢山の視点や学習方法、取り入れ方があると思います。ご自身でも調べて見て、是非検討の視野を広げていって下さいね。

韓国語教室 K Village(ケービレッジ)韓国語に通っている私のK Village口コミ体験談!K Villageの口コミ・評判は本当なの?生徒数日本最大、そして550円で有名な韓国語教室 K Village(ケービレッジ)韓国語に通っている私のK Village口コミ体験談!K Villageの口コミ・評判は本当なの?...
ABOUT ME
アバター
韓国語大好き
韓国語、カカオフレンズ、K-POPの記事を書いています。 TOPIK6級取得。韓国語を勉強したい人向けに書いていたブログですがいつの間にかブログそのものにも興味が沸いてきました! 皆さんのお役に立てるように韓国語もブログ情報も発信していますので是非フォローをよろしくお願いいたします!
テキストのコピーはできません。