韓国語

【韓国語で怖い】 3つの韓国語で「怖い」の意味や使い分け・例文を紹介!

【韓国語で怖い】 3つの韓国語で「怖い」の意味や使い分け・例文を紹介!

韓国語大好き
韓国語大好き
韓国語で「怖い」と言いたいときはどんな単語を使うの?
「怖い」という意味の韓国語は「무섭다」「두렵다」「겁나다」の3つが挙げられます!違いを理解して正しく使い分けることが重要です。

「怖い」という言葉を使う機会は日常生活のなかでも比較的多いですよね?

「犬が怖い」「怖い映画」「結果を知るのが怖い」などとさまざまな用法で「怖い」という言葉を使うと思います。

韓国語を学習していると、韓国語の勉強中以外にも友人とのメッセージや電話でのやり取り、SNSへの投稿などあらゆる場面で韓国語を使う機会が増えますよね?

そのなかで、韓国語で「怖い」と言いたいときしっかりと正しい意味で使えていますか?

「怖い」という韓国語を調べると

「무섭다(ムソプタ)」
「두렵다(トゥリョプタ)」
「겁나다(コムナダ)」

の3つの単語が出てきます。

日本語に訳すとすべて「怖い」という意味になりますが、「무섭다」「두렵다」「겁나다」は微妙に違った意味を持っています。

今回は韓国語の3つの「怖い」について意味の違いや使い分けをご紹介したいと思います。

「怖い」という言葉は日常生活のなかでもよく使う言葉なので、韓国語でも使いこなせるようにしておきたいですよね?

3つの「怖い」の意味の違いや使い分けを覚えておけば、それぞれの単語の持つ意味を理解して正しく使いこなせるようになります!

ぜひ3つの「怖い」をマスターして韓国語での会話やライティングの幅を広げましょう!

【韓国語で怖い】韓国語で「怖い」は3パターンある!

韓国語で「怖い」と言いたいとき、一般的に使われる単語は3つあります。

「무섭다(ムソプタ)」
「두렵다(トゥリョプタ)」
「겁나다(コムナダ)」

この3つは日本語に訳すとすべて「怖い」という意味になります。

日本語にするとすべて同じ「怖い」という意味になりますが、実はそれぞれの単語は微妙に違う意味を持っているのです。

韓国語で「怖い」という単語を使うときには、意味やニュアンスに合わせて3つの単語を使い分ける必要があるということです。

そのためには「무섭다」「두렵다」「겁나다」のそれぞれの持つ意味や使い方の違いを理解しておかなければなりません。

意味の違いやどう使い分けるのかを理解して正しく使いこなせるようにしておきましょう!

3つの韓国語で「怖い」の意味の違い・使い分け

ではさっそく「무섭다」「두렵다」「겁나다」の3つ意味の違いや使い分けをご紹介したいと思います!

韓国語で怖い「무섭다(ムソプタ)」

무섭다は最も一般的な「怖い」単純な「怖い」という意味でも使われる韓国語です。

英語にすると「be scared」にあたります。

무섭다は人やものに対する「怖い」「恐怖心」を表現し、物事を詳しく説明するときにも使われます。

このとき恐怖の原因は主に外部にあり、恐怖の対象は具体的であることが多いです。

例えば「ヘビが怖い」「犬が怖い」「怖い映画」などというときに使います。

また、予想できる恐怖に対して使われます。

韓国語で怖い「두렵다(トゥリョプタ)」

두렵다は(〜が心配で)「怖い」「心配だ」「不安だ」「気がかりだ」という意味で使われる韓国語です。

英語にすると「be afraid」にあたります。

두렵다は未来に対して「不安だ」「気がかりだ」と表現するときに使われます。

まだ現実には起こっていないこと・まだ結果が出ていないことなど、未来に対する「恐怖心」を表現します。

このとき恐怖の原因は主に内部にあり、恐怖の対象は抽象的であることが多いです。

例えば「結果が怖い」「幸せすぎて怖い」などというときに使います。

また、予想できない恐怖に対して使われます。

韓国語で怖い「겁나다(コムナダ)」

겁나다は겁이 나다(コビ ナダ)を縮めた表現です。

また겁나다を別の韓国語で表現すると「두려운 생각이 들다」となります。

これは「怖い思いがする」「怖い気がする」などと訳すことができます。

겁は「恐れ」나다は「出る」という意味で直訳すると「怖気が出る」「恐れが出る」となります。

英語にすると「be feared」となります。

겁나다は「怖い思いがする」「おじける」「怖じ気づく」「怖くなる」また、フランクな表現で「ビビってしまう」という意味で使われる韓国語です。

例えば「顔を見たら怖くなった」「よく考えてみると怖い」などというときに使います。

以上、「무섭다」「두렵다」「겁나다」についての解説でした。

それぞれの持つ意味や使い方の違いは理解できましたでしょうか?

3つの「怖い」の意味やニュアンスの違いがわかっていれば、正しく使い分けることができるはずです!

日本語で文章を考えるとき「怖い」という言葉だけでなはく、「不安だ」「怖じ気づく」など違う言葉に言い換えることができるかどうかを考えてみるのもヒントになるかもしれません。

使っていくうちにどんどん慣れて自然と使い分けることができるようになりますよ!

【韓国語で怖い】3つの「怖い」を使った例文を紹介!

「怖い」という意味の「무섭다」「두렵다」「겁나다」の3つ意味の違いや使い分けをご説明したところで、それぞれの単語を使った例文をご紹介したいと思います。

무섭다を使った例文

韓国語 日本語
저는 개가 무서워요. 私は犬が怖いです。
어제 본 영화가 진짜 무서웠어요. 昨日見た映画は本当に怖かっです。
어제 무서운 꿈을 꿨어요. 昨日怖い夢を見ました。
친구가 무서운 표정을 하고 있다. 友達が怖い表情をしている。
저는 뱀이 무서워서 싫어요. 私はヘビが怖くて嫌いです。
이 귀신의 집은 무섭게 보인다. このお化け屋敷は怖そうだ。
공포영화는 무섭지만 재미있다. ホラー映画は怖いけど面白い。
아버지는 무섭고 엄격하시다.. 父は怖くて厳格だ。
이 영화는 아이에게는 조금 무서울 수도 있어요. この映画は子どもには怖いかもしれない。
이 길은 밤에 걸으면 무섭겠다. この道は夜に歩くと怖そうだ。

두렵다を使った例文

韓国語 日本語
시험 결과를 보는 것이 두려워요. 試験の結果を見るのが怖いです。
새로운 일을 시작하기가 두려워서 고민하고 있어요. 新しい仕事を始めるのが怖くて悩んでいます。
요즘 너무 행복해서 두렵워. 最近幸せすぎて怖い。
밤이 되는 것이 두렵다. 夜になるのが怖い。
남자친구가 나를 버릴까 봐 두려워. 彼氏が私を捨てないか怖い。
이별이 두려웠어요. 別れが怖かったです。
이번 달은 카드로 쇼핑을 많이 해서 월말이 두렵다. 今月はカードで買い物をたくさんして月末が怖い(気がかりだ)。
앞날이 두렵다. 将来が怖い(心配だ)。
앞으로는 무슨 일이 벌어질까 두렵다. これからどんなことが起きるのか怖い(不安だ)。
운전할 때 사고를 낼까 봐 두려워요. 運転するとき事故を起こさないか怖い(不安だ)。

겁나다を使った例文

韓国語 日本語
어제 있었던 일을 잘 생각해보면 겁나다. 昨日起きたことをよく考えてみると怖い。
다들 선생님 얼굴 보니까 겁나요. みんな先生の顔を見たら怖じ気づきます。
갑자기 겁났어. 突然怖じ気づいた。
거짓말이 들키지 않을까 겁났다. 嘘がバレないか怖くなった。
싸움이 시작되자마자 겁나서 도망쳤다. 喧嘩が始まった途端怖くなって逃げた。
저는 사람들 앞에 서면 항상 겁나요. 私は人前に立つといつも怖くなります。
귀신의 집 앞까지 갔는데 겁나서 들어가지 못했어요. お化け屋敷の前まで行ったのにビビって入れなかった。
즐거운 척을 하고 롤러코스터 탔는데 사실은 겁났었어. 楽しいふりをしてジェットコースターに乗ったけど実はビビっていた。
엄마한테 혼날까 봐 겁났어요. お母さんに叱られるかと怖かったです。
혼자 외국에 가는 것이 사실 겁난다. ひとりで外国にいくことが本当は怖い。

【韓国語で怖い】その他の関連用語を紹介!

最後に「무섭다」「두렵다」「겁나다」以外の「怖い」「恐怖」に関する韓国語をご紹介したいと思います!

覚えておくと韓国語のボキャブラリーも豊富になりますし、韓国語での表現力も豊かになりますよ!

韓国語 日本語
무서워하다(ムソウォハダ) 怖がる
무서워지다(ムソウォジダ) 怖がる・怖くなる
두려워하다(トゥリョウォハダ) 怖がる・恐れる
두려움(トゥリョウム) 恐れ
겁이 많다(コビ マンタ) 怖がりだ・臆病だ
겁나게 하다(コンナゲ ハダ) 怖がらせる
겁을 주다/겁주다(コブル ジュダ/コプチュダ) 怖がらせる・脅かす
겁을 먹다/겁먹다(コブル モッタ/コンモッタ) 怯える・怖がる・恐る
겁을 내다/겁내다(コブル ネダ/コムネダ) 怖がる・恐れる
겁에 질리다(コベ チルリダ) 恐怖に怯える・怯える
겁쟁이(コプジェンイ) 怖がり・臆病者・弱虫
겁보(コッポ) 怖がり・臆病者・弱虫
공포(コンポ) 恐怖・ホラー
공포심(コンポシム) 恐怖心
공포를 느끼다(コンポルル ヌッキダ) 恐怖を覚える
공포에 떨다(コンポエ トルダ) 恐怖に震える・恐怖におののく

韓国語の「怖い」「恐怖」に関連する単語や慣用句をご紹介しました。

自分が使うときだけでなくドラマなどのセリフや本やSNSなどの文章など知っていれば役に立つ韓国語も多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

もちろん韓国語の「怖い」「恐怖」に関する単語や表現はここでご紹介したものだけではありません。

その他の単語や表現もぜひチェックしてみてくださいね!

【まとめ】韓国語の「怖い」マスターしよう!

いかがでしたでしょうか?韓国語の「怖い」という意味を持つ3つの単語について意味の違いや使い分け、またそれぞれの例文もご紹介しました!

「怖い」という言葉は日常生活のなかでもよく使われるものですよね?

日本語にするとすべて同じ意味でも韓国語の微妙な違いやどうやって使い分けるのかを理解すれば、文章のニュアンスや意味によって正しく使いこなせるようになります。

そして正しく使いこなせることができるようになると、韓国語でのコミュニケーションがスムーズにいくようになり微妙なニュアンスの違いも相手に伝えたり相手から受け取ったりすることができます。

ぜひ韓国語の3つの「怖い」をマスターして、韓国語学習やコミュニケーションなどに役立ててみてください!

韓国語大好き
韓国語大好き
こちらの記事もご覧いただくとより韓国語に詳しくなれますよ~。
ABOUT ME
韓国語大好き
韓国語、カカオフレンズの記事を書いています。 韓国語を勉強したい人向けに書いていたブログですがいつの間にかブログそのものにも興味が沸いてきました! 皆さんのお役に立てるように韓国語もブログ情報も発信していますので是非フォローをよろしくお願いいたします!
550円で韓国語を!


韓国ドラマを字幕なしで見てみたい!
旅行で使える韓国語を身につけたい!
韓流アイドルにファンレターを書きたい!

韓国語が気になったらまずは日本最大の韓国語教室で無料体験レッスンに申し込むのが一番。

6/末までなんと1,000円分のQuoカードキャンペーン!
今すぐ無料体験が絶対にお得!!

↓↓↓↓
\無料体験はこちらから/


テキストのコピーはできません。