婚活

【婚活疲れ?】「結婚なんてしなくても良いかも!?」婚活に疲れたアラサー女性たち。婚活疲れを抜け出すには?

生徒様へのアンケートでは95.8%の方が上達を実感、99.7%の方がレッスンを楽しめた奇跡の英会話レッスン。今なら無料で体験。急いで!

【婚活疲れ?】「結婚なんてしなくても良いかも!?」婚活に疲れたアラサー女性たち。婚活疲れを抜け出すには?

そもそも、私って本当に結婚したいんだろうか…? ふとそんな疑問を抱いてしまうことがあるという婚活中のアラサー女性の皆さま。もしかして「婚カツ疲れ」に陥っていませんか?

気づいたらもう婚活をはじめてン年。複数の男性たちとの出会いとデートを繰り返して、なのに結果はサッパリ。結婚どころか一生恋人さえできないかも?なんて思い始めてしまっていたり。

「私って、結婚不適合者なのかも…」

そんな思いにがんじがらめになってしまうことも、実は婚活中の女性によくありがちなことなのです。

だけど、思い出してみてください。「結婚したい! 愛する人と生涯一緒に生きていきたい!」と思った日のこと。その気持ち、決してゼロになったわけではありませんよね。

まずは、なぜ婚活で疲れてしまうのか、その原因は何なのか。そして、あなたが本当に望んでいる生き方は何か?を、一緒に考えていきましょう。

そもそも失敗続きなのは「素敵なお相手がいない…」から?

「婚活パーティに50回以上は参加した。婚活アプリには5つのサイトに会員登録している」という31歳U奈さん。

オシャレなインテリアショップで北欧雑貨のバイヤーをしているという彼女は、スタイルが良く、サラサラのロングヘアが知的なイメージの美人です。

「結婚願望は強いほうで、25歳までには結婚するのが夢でした。でも当時つきあっていた彼氏には全然結婚願望がなくて。時間を無駄にしたくない!って思いで、その彼とは自分から破局。

それから積極的に結婚願望のある方とおつきあいしたくて、婚活を始めました」。当時26歳。婚活市場ではかなりの売り手市場だったに違いない世代です。

「さぞかしモテたでしょう?」という筆者の質問に対して、「はい、正直モテました。パーティに行ったら大勢の男性が寄ってきてくれましたし、婚活サイトでも1日に10件以上、多いときで30件の申し込みがきます」と素直にご回答。

「だけど、近づいてくる男性は、どれも私の苦手なタイプばかり。出会いは多くても、素敵なお相手がいないんです」。それが5年も続いたとなれば、確かに気持ちは萎えてしまいそうです。

では、どんな男性がU奈さんのタイプなの?という質問を投げかけたところ、「普通の人です。性格が明るくて、会話が楽しい人。顔には特にこだわりませんし、身長も普通で大丈夫です。

年収は私より上であればいいかな、くらいの感じですし、年齢はプラスマイナス5歳くらいならオッケー」。これだけ聞くと決して贅沢な高望みをしているわけではなさそうです。

なのにどうしてU奈さんは、結婚どころか交際する段階にすら進めないのでしょう?

【婚活疲れの原因?】とにかく出会いの数を増やす!?“数打ち婚活”の地獄

実はこれ、婚活疲れ中の女性にありがちな失敗例なのです。

一時期流行った、初対面の瞬間に「ビビッ!」とくる運命の出会い、ご記憶にありますか? そんな運命の出会いを体験できる女性は、稀少中の稀少。「超」がつくラッキーガール。

現実世界には、特に婚活市場ではほとんどあり得ないというのが当然です。

U奈さんのように、「なかなか良い人で出会えない」というのは、なかなかビビッと、あるいは「ピンとくる人と出会えない」と言っているのと同じこと。

実はこれ、恋愛体質である女性ほど、このタイプが多かったりするのです。結果、U奈さんのようなタイプの女性は、「ピンとこなかった」タイプの男性をどんどん排除し、「ピンとくる」ような新たな出会いを、数だけで求めようとしているのです。

あなたの場合はいかがですか? 「ピンとくる人との出会い」をひたすら求めて、出会いの数をこなせばいつかきっと…と夢見てしまっていませんか? 

こうした“数打ち婚活”をしている方は、何度も同じ過ちを繰り返すため、同じダメージを受け続け、結果、婚活疲れに陥ってしまうのです。

この婚活の失敗の原因は何か?を、1つ1つ考察する

U奈さんのインタビューをしているとき、こんなエピソードも語ってくださいました。

「ある男性とパーティで出会ってお互いにいいなって雰囲気になって。何度か食事もしたんです。この人が運命の人なのかも…って思いかけたこともあったんですけど…」。

IT企業に勤めているという3歳上の彼は、月の半分は海外へ出張しているというエリートなやり手男。

U奈さん好みのイケメンアーチストに面影が似ていて、U奈さんにとっては、やっと見つけた理想に限りなく近いお相手だったようです。

「でも彼とはわずか2ヶ月でお別れしました。理由は、彼ってLINEの返事がすごく遅いんです」。すごくってどのくらい?という質問に「2〜3日」と答えるU奈さん。

U奈さんは、もともとLINEを返すスピードがとても早いタイプ。数時間返信がこないだけでも、「私のこと大切に思ってくれていないのかな」と考え込んでしまうそうです。

LINEの返事に2〜3日かかることが、遅すぎるのか標準なのかは個人の感覚によるものなので何ともいえませんが、その理由だけで、理想に近いと思っていた男性をみすみす手放すのもなんだか…。 

しかも相手は海外出張の多いエリートマン。スマホを見ている時間さえ無いほどの超多忙人間であることは想像がつきます。

「だけど、LINEのペースって、男女が交際するにあたって、すごく重要な問題だと思うんです。それにLINEなんてほんの10秒もあれば送れます。それさえできないなんて、やっぱり私のこと、そんなに好きじゃなかったと思うんです」。

果たしてそうなのでしょうか。彼がU奈さんのことを何とも思っていないのだとしたら。2〜3日どころか、1週間、あるいは永遠に返事は返さないのでは? その彼のLINEペースは「2〜3日」が適切、言い換えれば「標準」だったのではないでしょうか。

婚活疲れから抜け出したい。婚活は「出会う」ことより「育てる」ことが大切

このケースでのU奈さんの失敗と呼ぶべきことは、「お互いのLINEペースの理解度」を放棄したことにあります。

「いつも、LINE返してくれるの、遅いのね。仕事、忙しいんだよね。私が早すぎるかな? もう少しゆっくりペースのようが良い?」

こんなふうに、お相手の状況をいたわりつつ、今後はどうする?という建設的な言葉が、U奈さん側に一言でもあれば、事態は変わっていたかもしれません。

彼は上の一言で、U奈さんのことを「自分の状況を理解しようとしてくれている」「LINEの返事が遅くて、彼女に申し訳ないことをした」「今、自分たち二人のトラブルになるそうなことをいち早く察知して、解決策を提案してくれている」と思うことでしょう。

そうして彼は、できる限りU奈さんのLINEペースに合わそうと努力してくれるか、自分の状況をきちんと話してLINEの返事が遅れることがあることを今一度丁寧に説明してU奈さんの理解を得ようとするかもしれません。

お互いに、お互いの理解を得たい、理解してあげたいと思ったとき、赤の他人だった男女はその瞬間に運命の人となり得ます。

【婚活疲れから抜け出したい】さぁ、ここから大切なことをお話しますよ。

運命お相手は、探して見つけ出すのではなく、「育てる」ことが必要です。

生まれも育ちも性別も違う男女。異なる意識や感覚があって当然です。そしてそれは必ずしも統一する必要はありません。

でもできれば、同じ感覚、同じ意見、似たような感覚を持っている男女は、一緒にいて心地よさを覚えます。

同じ価値観を持っていればいるほど、幸せな未来をつかみやすいのです。その、同じ価値観をお互いが持てるように、お互いがお互いを育てていかなければなりません。

「育てる」方法が難しいときは、第三者の意見を参考に

婚活中は「出会う」ことにエネルギーの大半を使ってしまいます。そしてそのほとんどが実際のデートにまでこぎつけず、数回のメールのやりとりで終わったり、メール交換にさえ至らない場合さえあります。

その失敗の理由、うまくいかなかったケースを、自分自身で分析し、次に活かすことはとても難易度が高いもの。理想なのは、第三者の目で冷静に分析してもらうことなのです。

「すごく親しい友達にだけは婚活の悩みを相談している」という方がほとんどだと思いますが、その「すごく親しい友達」は、冷静な第三者として適切なアドバイスを行なってくれているでしょうか。

親しければ親しいほど、言いづらかったり、相手の機嫌を損ねることは口にできなかったりしているかもしれません。これでは前へ進めないのです。

あなたの周りには、あなたの結婚について、将来について、出会った男性に対して、冷静な分析力を持って、あなた理解できるまで、納得できるまで、とことん話をしてくれる人はいますか? その人の存在こそがあなたの婚活のキーパーソンになることが多いにあるのです。

もし、あなたの周りにそういった信頼できる第三者がいないままで、今の婚活を続けているのだとしたら。あなたの婚活の方法は手段を見直したほうが良いかもしれません。

たとえば、有料の結婚相談所であれば、プロのアドバイザーが会員一人一人について、適切なアドバイスをしてくれます。悪いところは悪い、反省すべき点はこれだとハッキリ指摘してくれます。

そして何より結婚相談所の良い点は、スタッフたちが総力をあげて、あなたの幸せな結婚をサポートしてくれるという点にあります。そこに嫉妬もしがらみもありません。婚活アドバイザーたちは、1件でも多くの成婚を願う、そのための手助けの熟練を受けたものだけが就く専門職なのです。

もしあなたが婚活疲れで、結婚に対して夢も希望も見失いそうになっていたのだとしたら。

今までの婚活の方法をがらりと変えてみませんか?

まずは気楽に情報収集することが一番。気楽に片意地はらずに。この中の結婚相談所が、婚活疲れしたあなたの幸せな結婚を全力でサポートしてくれるはずです。ご自身の人生、今一度見直してみませんか?



ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
転職を数えること6回しています。無理しないが人生のテーマ。でも数社役員に。無理しないで転職を繰り返すことも大事。その上で婚活から音楽まで。幅広いジャンルの記事を書いています。Pairsでいろいろ検証も。そのあたりのノウハウも徐々に書いていきますね。