婚活

【20代結婚相談所特集】結婚相談所はまだ早い?20代後半女性も結婚相談所を利用すべき3つの理由!

結婚相談所はまだ早い?20代後半女性も結婚相談所を利用すべき3つの理由!

リクルートスーツに着られていたような、社会人なりたての女性たちも、気が付くとオフィスカジュアルと着こなして、バリバリと仕事をこなす、素敵な20代後半をむかえているところです。

その一方で、女性にとっての20代後半は結婚適齢期でもあります。
マタニティーファッショで我が子と会える日を楽しみにしていたり、オフィスカジュアルで子どもを保育園に預けて会社へ向かったり、すでに結婚をして家庭を持っている女性もたくさんいるでしょう。

結婚への先陣を切った女性たちに影響され、20代後半から結婚願望を持ち始めることも珍しくありません。結果的に婚活シーンでは30代の女性が最も多く登録しています。

だからこそ、20代後半の女性は、結婚相談所は30代をむかえてからと、婚活への一歩を踏み出せずにいるようです。

ですが、20代後半の女性だからこそ、結婚相談所に登録するべきメリットがあるのです。そこで今回は、20代後半の女性が結婚相談所を利用するべき3つの理由をご紹介します。

20代後半は結婚適齢期!だからこそ結婚相談所を利用しよう!

結婚相談所では30代の男性が占める割合が多い傾向にあります。20代後半の女性が婚活することを考えると、お相手としても30代の男性が候補としてあがるでしょう。30代の男性にとって、恋人の理想年齢は20代に集中しています。同世代ではなく、一回り、二回りほど、年下を望む傾向にあるのです。

もちろん、自分よりの若い女性が好みだということもあります。ですが、結婚相手としてみたときに、妊娠率が高く出産のリスクも少ないことも理由なのです。妊娠率は20代後半をピークに下降していきます。そして、流産率は30代から緩やかにアップし、35代後半から急激に上昇します。

結婚相談所を利用している男性は、結婚について真剣に考えている人ばかりです。
だからこそ、出産・子育てのことを考えて、シビアな視点から20代後半の女性を選びたいのです。

20代女性が結婚相談所を利用する最大のメリット。「お見合いの申し込みが圧倒的に多い!」

結婚相談所を利用する20代後半の女性は、圧倒的にお見合いの申し込みが多いのです。

お見合いできる確率からみてみると、20代後半ではおよそ11%、30代前半では9%、30代後半には7%にまで落ち込みます。結婚相談所で結婚するためには、お見合いをしなければはじまりません。できるだけたくさんの男性とお見合いをして、よりよいお相手を選ぶことがベストです。

ですが、お見合いの申し込みが少ないと、限られた男性の中から結婚相手を選ばざるを得なくなってしまいます。

そのため、結婚相談所を20代後半で利用することで、理想的な結婚相手と出会うきっかけをつかめるというわけなのです。

女性20代での結婚=「キャリアを捨てる」ではない

女性の社会進出が加速している一方、そのキャリアを結婚・出産・子育てによってあきらめなければならないケースがたくさんあることも事実です。もし、女性が20代後半で出産をしたとします。保育園に預けることができれば、30代の前半で仕事に復帰し、社会復帰することも難しくありません。現在では共働き家庭も多いですから、仕事をするのならこれまでのキャリアを再開したいのも当然です。

ですが、女性が30代で結婚・出産・子育てに突入すると、事情は変わってきます。
30代後半を迎えた頃に出産をして、子どもを保育園に預ける頃には40代…年齢的に仕事と家庭を両立することが厳しくなり、キャリアをあきらめなければならないこともあるのです。

結婚してからもキャリアを積んでいきたいのなら、20代のうちに結婚相談所を利用するべきでしょう。

20代で結婚相談所。まとめ

結婚相談所での婚活が30代女性中心ということから、20代後半の女性が尻込みしてしまうことも無理はありません。

ですが、20代後半から婚活をはじめると、結婚適齢期ともあって男性会員からの人気も高く、理想的な結婚相手と出会うことができる確率もアップしますし、キャリア復帰も望むことができるのです。

まだまだ若いし合コン行きたい、など思わず、今が一番若いのです。婚活のプロに委ねることであなたの婚活は一歩前に進むかもしれません。まずはあなたにピッタリの結婚相談所の情報収集から始めてみませんか?



ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
転職を数えること6回しています。無理しないが人生のテーマ。でも数社役員に。無理しないで転職を繰り返すことも大事。その上で婚活から音楽まで。幅広いジャンルの記事を書いています。Pairsでいろいろ検証も。そのあたりのノウハウも徐々に書いていきますね。