K-POP

【PURPLE KISS(パープルキス)メンバー】日本人メンバーも!PURPLE KISSメンバーの魅力や経歴を徹底紹介!

【PURPLE KISS(パープルキス)メンバー】日本人メンバーも!PURPLE KISSメンバーの魅力や経歴を徹底紹介!

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP

韓国の新世代ガールズグループ『PURPLE KISS』。

人気ガールズグループ『MAMAMOO』の妹分として注目を集めている、6人組グループです。

元々は7人組で結成されたのですが、2022年11月18日にリーダーだったジウンが脱退を発表したことにより、今後は6人での活動となります。

高い歌唱力やダンススキルはもちろん、メンバー自ら作詞作曲に関わるなど、高い実力を誇る完成型アイドルとして話題になっています。

そこで今回は、PURPLE KISSの経歴や魅力、日本人もいると言われているメンバープロフィールについてご紹介していきましょう!

【PURPLE KISS(パープルキス)メンバー】 PURPLE KISSってどんなグループ!?経歴や魅力も!

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP

PURPLE KISSは、2021年3月15日に韓国の芸能事務所RBWエンターテイメントからデビューした6人組ガールズグループです。

グループ名Cherry Bullet
デビュー日2019年1月21日
メンバー人数デビュー当初は10人組。2023年現在は韓国人5人と日本人2人の計7人
事務所FNCエンターテインメント
Instagram@cherrybullet
Twitter@cherrybullet

RBWエンターテイメントからは、MAMAMOO以来6年ぶりにデビューする妹グループということで、デビュー前から大きな注目を集めていました。

デビュー前から『365 Practice』というRBWの練習生グループで活動してきたメンバーがほとんどで、デビュー前からその実力に磨きをかけてきており、デビュー前の2020年11月26日にプレデビュー曲『My Heart Skip a Beat』をプレリリースしています。

また、デビューから約半年後にとなる9月8日には、2枚目となるミニアルバム『HIDE & SEEK』をリリース。

そして、12月18日にはグループ初のウィンターソング『My My』をデジタルリリースするなど、デビュー前から注目度が高かったことが伺えますね。

メンバーにはIZ*ONEを生んだ『produce 48』出身者や『MIXNINE』出身者、元YG練習生などがいるなどかなり実力派グループと言えるでしょう。

また、2023年3月22日には日本デビューも果たしており、日韓共に人気のグループとなりそうな予感ですね!

【PURPLE KISS(パープルキス)メンバー】PURPLE KISSグループ名の由来

『PURPLE KISS』というグループ名の由来は、様々なカラーが混ざって作られた紫色のように、各メンバーの様々な個性が集まって作られた音楽を意味する『パープル』と、様々な物語の中で愛を表現する時に使う題材である『キス』の合成語で、

紫色のように多様な音楽を通じて多くの人に愛を伝える

という意味が込められているそうです。

PURPLE KISSメンバーの公式のロゴマーク

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP

また、公式のロゴマークも、紫色の唇が重なり合っているものとなっており、世界観への強いこだわりを感じることができますよね!

【PURPLE KISS(パープルキス)メンバー】ファンクラブ名

PURPLE KISSのファンクラブ名は『PRORY(プローリー)』です。

グループ名のPURPLE KISSとGLORY(栄光)を合わせた合成語で、

PURPLE KISSとPLORYはお互いに華やかで美しい瞬間を共にする

という意味が込められているそうです。

PURPLE KISSメンバー魅力

PURPLE KISSにはたくさんの魅力がありますが、中でも高い歌唱力と音楽性が特に魅力と言われています。

同じく歌唱力で注目されているMAMAMOOの妹分ということもあり、ライブでも安定した歌唱力を放っており、メインボーカルであるゴウン・チェイン・スアンはそれぞれに個性的な歌声と歌唱スタイルを持っていて、その歌声は新人だとは思えないほど。

しかし、本当の凄さは、メンバー全員が歌えて踊れるということ!

メインボーカル以外の3人も、メインボーカルに匹敵するほど実は歌が上手なんです!

さらには、既にメンバー全員が作詞作曲に関わっていることからも、グループ全体としての音楽性の高さを感じますね!

全員がボーカル&ダンサーを兼任し、複数曲のプロデュースも担当するという、バランスがとれているところも魅力!

これまでリリースしてきたタイトル曲は、メインボーカルのメンバーに歌のパートが多く振り分けられているので、PURPLE KISSの本気はまだまだ隠されているのではと言われています。

このようにビジュアルだけではなく、高い実力を誇るグループは長く愛される傾向にありますよね!

次世代グループの中でも特に個性があり、これからもまだまだ隠し持った才能を今後見せてくれるのではないでしょうか。

PURPLE KISS (パープルキス)メンバーのプロフィール&経歴

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP

続いて、日本人メンバーもいるということで、ここではメンバープロフィール&経歴についてご紹介します。

PURPLE KISSメンバー①ゴウン

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP
本名ナ・ゴウン
ポジションメインボーカル・リードダンサー
生年月日1999年9月3日
出身地韓国光州 広域市 南区
血液型B型
身長162cm
特技ギター・ピアノ

プデュに出演した経験のあるゴウン。

芸能系の学校の音楽家を卒業していることもあり、番組出演時から高い歌唱力が評価されていました。

Red Velvetのイェリや宇宙少女のヨンジョン、MOMOLANDのジュイなど、様々なグループで活躍する動機と学生時代を過ごした経験も。

プデュでは第3次で落選してしまいましたが、その歌唱力は韓国ドラマ『憑依~殺人鬼を追え~』のOSTに参加したほどの実力。

また、美しい歌声が少女時代のテヨンに似ていると言われたこともあります!

グループではメインボーカルを務めており、鶏や猫など様々な動物の声帯模写など器用な一面にも注目です!

PURPLE KISSメンバー②ドシ

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP
本名チャン・ウンソン
ポジションメインダンサー・サブボーカル
生年月日2000年2月11日
出身地韓国 釜山広域市
血液型O型
身長163cm
特技ランダムダンス

2017年にYGエンターテイメントの主催する『MIX NINE』というオーディション番組に出演していたドシ。

RBWの練習生としては唯一本選まで出場しましたが、最終順位は74位という結果に終わっています。

そして、RBWの練習生時代にジウンたちと出会い、PURPLE KISSのメンバーに選出。

作詞作曲・ラップなど何でも起用にこなしますが、特にダンスの実力は抜群です!

立ち振る舞いや表情からはカリスマ性が感じられ、実力以外にもアイドルとして光るものがあります。

また、極度の潔癖症で、ハンカチやタオルを一度でも使うと、洗濯しないと使えないという一面も。

PURPLE KISSメンバー③イレ

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP
本名チョ・ソヨン
ポジションメインダンサー・サブボーカル
生年月日2003年12月9日
出身地韓国
血液型O明
身長164cm
特技絵を描く

YGエンターテイメントの練習生として過ごした経験がある実力者のイレ。

ダンスはもちろん歌唱力も高く、PURPLE KISSのオールラウンダーとしても知られています。

YGエンターテイメントを退社後、チェインと同時期にRBWの練習生として『365 Practice』に合流。

元YGエンターテイメントということもあり、ヒップホップの要素が強く、ダンスも歌もイレ独特の雰囲気があります。

また、思いついた瞬間にすぐ絵を描けるように、クロッキー帳やデッサンを普段から持ち歩くほど絵が大好きです!

しかし、寝る時間が最も好きと話しており、寝る時には必ず人形を抱きながら寝るという女の子らしい一面も持っています。

PURPLE KISSメンバー④ユキ

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP
本名毛利小雪(もうりこゆき)
ポジションメインラッパー・リードダンサー
生年月日2002年11月6日
出身地日本 東京都
血液型O型
身長164cm
特技不明

PURPLE KISS唯一の日本人メンバーであるユキ。

ビジュアル担当とも言われており、ファンからは『顔の天才』『中華美人』とも言われるほどの美貌の持ち主。

中学生時代に様々なオーディションを受け、2PMやTWICEが所属するJYPエンターテイメントの練習生に。

その後、退社したユキはRBWの練習生になり、PURPLE KISSとしてデビューすることに!

長い期間練習生として過ごしたことから、韓国語もお手の物!

PENTAGONのファンで楽曲をよく聴く他にも、ラップの歌詞を書くために海外の曲やヒップホップの曲もよく聴いているそう。

ラップにかける思いも強く、寝る前には必ずラップの歌詞を考え、ノートにメモしながらラップを作るルーティーンがあるとのことです。

グループの中でも大人っぽく目を惹くビジュアルと、おっとりした話し方のギャップも魅力ではないでしょうか!?

PURPLE KISSメンバー⑤チェイン

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP
本名イ・チェヨン
ポジションリードボーカル・リードダンサー・リードラッパー
生年月日2002年12月5日
出身地韓国 釜山広域市
血液型O型
身長160cm
特技作詞・作曲・ギター

2011年に当時10歳という若さでオーディション番組『Kポップスター』に参加していたチェイン。

オーディションでは落選してしまいましたが、最年少ながらTOP30まで進出し、注目を集めました。

番組出演をきっかけにYG練習生となり、退社後はRBWの練習生に参加してPURPLE KISSに加入。

ダンスや歌以外にもギターが得意で、自身で作詞作曲もこなすほど得意なようです。

また、『PURPLE KISSのFLEX(見せびらかし)』と呼ばれており、気に入った服やアイテムがあったらすぐに購入してしまうという一面もあります。

PURPLE KISSメンバー⑥スアン

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP
本名パク・スジン
ポジションマンネ・メインボーカル
生年月日2003年7月11日
出身地韓国 京畿道流仁市水枝区
血液型B明
身長165.5cm
特技絵を描く

あどけない見た目に反してグループトップクラスの歌唱力を誇るメンバーで末っ子マンネのスアン。

モダンK実用音楽学院に通っており、オーディションを通じてRBWの練習生となりました。

サバイバル形式のオーディション番組『MIX NINE』では惜しくも脱落してしまいましたが、優れた歌唱力で存在感を放つことに。

『PURPLE KISSの声』とも言われており、個性的な低音ボイスがグループの中でも異彩を放っています。

姉グループであるMAMAMOOの『Wind flower』にガイドボーカルとして参加していたこともあり、その歌唱力は折り紙付き!

幼少期にフィリピンに住んでいたことがあり、英語も堪能なため、グローバルに活動する際にはとても頼りになる存在になるでしょう。

PURPLE KISSメンバーのおすすめ楽曲5選!

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP

最後に、これまで多くの楽曲を発表してきたPURPLE KISSの曲の中から、特におすすめの楽曲を5選ご紹介します!

PURPLE KISSメンバーといえば「Ponzona」

『Ponzona』はデビューアルバム『INTO VIOLET』のタイトル曲で、PURPLE KISSのデビューを飾ったグループ全体を象徴する重要な1曲です。

タイトル『Ponzona』とは、スペイン語で『毒』という意味を持つ単語で、PURPLE KISSの魅力で世界を染めるということ、さらに毒のように中速性のあるグループになるという思いが込められています。

この曲はデビュー前、メンバーが事務所の評価のために制作した曲でもあり、作詞作曲にはメンバーのゴウンとスアン、ラップパートの作詞にはユキが関わりました。

PURPLE KISSの持つ抜群の歌唱力と表現力、そしてグループの方向性が確認できる楽曲となっています。

PURPLE KISSメンバーおススメの曲「Zombie」

『Zombie』はセカンドミニアルバム『HIDE & SEEK』のタイトル曲です。

ダークな雰囲気だった『Ponzona』に比べて、明るく楽しい曲調になっており、また新たなPURPLE KISSの魅力を味わえる1曲。

『Zombie-bie-bie-bie』と繰り返す曲のフック部分の中毒性が高く、何度も繰り返し聴きたくなるような曲調で、歌詞は好きな人との関係を追いかけっこするゾンビと人間の姿に例えており、ゾンビを連想させるキャッチ―な振り付けにも注目です!

PURPLE KISSメンバーおススメの曲「Can We Talk Again」

『Can We Talk Again』はPURPLE KISSの2作目となるプレデビュー曲で、デビュー前の2021年2月3日にリリースされました。

作詞作曲にチェインが関わっており、ラップパートにはユキが参加。

R&B調のバラード曲で、PURPLE KISSの歌唱力が引き立つ1曲となっています。

別れの悲しみを歌った切ない歌詞に合わせた歌声と、PURPLE KISS初となったMVで見られる切ない表情も見どころです!

PURPLE KISSメンバーおススメの曲「memeM」

『memeM』は2022年3月29日にリリースされたPURPLE KISSの3rdミニアルバム『memeM』のタイトル曲です。

ドラムとベースが印象的な楽曲で、PURPLE KISSの魅惑的な雰囲気が上手く表現されています。

記憶をかき分けるかのように途中で曲調が変わりながら、BPMの変化も独特なトラックになっており、『メンメンメン』という歌詞が頭の中を支配し、PURPLE KISSの魅力から抜け出せなくなる1曲です!

ちなみに振り付けポイントは『セルフデコピンダンス』だそうですよ!

PURPLE KISSメンバーおススメの曲「My Heart Skip a Beat’ Performance」

『My Heart Skip a Beat』は、2020年11月24日に公開されたデジタルシングルで、PURPLE KISSとして初めての音源です。

廃工場を舞台にメリハリのあるダンスをするメンバーの姿が印象的で、確かなダンススキルと歌唱力が伺えます。

基本的にはEDMやトラップを基調とした曲調ですが、K-POPでは珍しいいハードロックの要素も取り入れられた多様な1曲となっています!

【PURPLE KISS(パープルキス)メンバー】日本人メンバーも!PURPLE KISSメンバーの魅力や経歴を徹底紹介!

PURPLE KISS引用元:PURPLE KISS 公式 Twiiter
https://twitter.com/PURPLEKISS_JP

今回は、2021年にデビューしたPURPLE KISSについてご紹介してきました!

リーダーだったジウンの突然の脱退には驚きましたが、6人で引き続き素敵なパフォーマンスを見せてくれると思います。

まだまだ知名度は低いガールズグループですが、実力派揃いのグループであることは確かなので、今後の活躍が期待されますね!

MAMAMOO
【MAMAMOOメンバー】ガールズクラッシュの代表格!MAMAMOOメンバーの魅力やメンバープロフィールなどを徹底紹介!【MAMAMOOメンバー】ガールズクラッシュの代表格!MAMAMOOメンバーの魅力やメンバープロフィールなどを徹底紹介! 2014年に...
【BlackPink】ガールクラッシュグループ“ブラックピンク”の魅力を一番詳しく徹底分析!【BlackPink】今一番アツい!次世代ガールクラッシュグループ“ブラックピンク”の魅力を一番詳しく徹底分析!...
ABOUT ME
アバター
韓国語大好き
韓国語、カカオフレンズ、K-POPの記事を書いています。 TOPIK6級取得。韓国語を勉強したい人向けに書いていたブログですがいつの間にかブログそのものにも興味が沸いてきました! 皆さんのお役に立てるように韓国語もブログ情報も発信していますので是非フォローをよろしくお願いいたします!
テキストのコピーはできません。