MENU
ビジネス

【貴方の周りにもいますよ】もうすぐ会社を辞める人の特徴についてまとめてみた。

【周りにもいますよ】もうすぐ会社を辞める人の特徴についてまとめてみた。

辞める人を知りましょう
辞める人を知りましょう
辞める人の特徴って知っていますか?知らないで過ごすと全てが貴方に「引継ぎ」という名のもとに返ってきますよ。

最近の売り手市場を背景に気が付くと同僚や部下がまた一人会社を辞めている、そんなことがありませんか?

同僚や部下は常に転職先を探しているものです。退職する社員は人気企業や独立する機会や可能性を常に狙っているものです。

転職活動が日常になったこの時代に「会社を辞める人の特徴」をチェックし次の手を打つことが必要な時代になっています。最近では副業も盛んです。大副業時代だからこそ目を外に向ける同僚や部下が多いのです。

特に上司や管理職、経営者であれば「会社を辞める人の特徴」を自然と把握して準備をしておく必要があります。「会社を辞める人の特徴」を知る。これは一つの能力です。

ブラック企業などでは職場関係が悪く折角の入社者が早期離職することは日常茶飯事。入社後の対処方法一つとして「会社を辞める人の特徴」を知ることは非常に大切です。

そして最近ではブログやSNSなどもあり下手をすると退職理由が次の採用、関係性にも影響する時代です。「会社を辞める人の特徴」を知っておくことでブラック企業と悪口を書かれるリスクを低減することもできます。

経験の浅い管理職や能力の低い管理職にはこの「会社を辞める人の特徴」には気が付きません。会社を辞める人は、仕草、話の仕方、仕事先での振る舞い、飲み会での様子、ストレスチェック、生活の様子など離職者する人に共通することがあります。

今回はそんな「会社を辞める人の特徴」についてまとめてみました。このブログを読むことであなたの周りにいる「会社を辞める人」が見えてくることでしょう。

もうすぐ会社を辞める人の特徴

もうすぐ「会社を辞める人の特徴」を知ることでご自身の生活を守ることができます。

例えば貴方が管理職であれば対策(慰留や採用)を練ることも出来ますし、貴方が同僚であれば、引継ぎからの回避、もしくは先回りして会社を辞めることもできるでしょう。

定時に帰る

とても分かりやすいのが「定時に帰る」回数が急に増えてきた時です。

この場合は既に転職先が決まっている、もしくは転職活動を開始している、もしくは副業を開始しているなど何かしら行動を開始しています。「会社を辞める人の特徴」そのものです。

顔色がいい

同じフロアにいる同僚や部下が「顔色がいい」もしくは「日に日に顔色がよくなっている」と感じたらそれはもう会社を辞める人の特徴、そのものです。

ストレスから解放されて新しいことに挑戦できるワクワク感。そしてもう割り切っているので毎日定時で帰宅して健康的な生活が始まり結果として「顔色がよくなる」。

こういう同僚や部下がいたらこれはもう「会社を辞める人の特徴」として捉えて行動してください。「会社を辞める人の特徴」として間違いがありません。

判断が速い

「会社を辞める人の特徴」 として多く見られるのは「判断が速い」ことです。

すでに割り切っているのでしょう。見方を変えると無敵モードです。もう自分には関係ないのでバッサリと判断ができる。

仕事をもちたくないのです。ただ「判断が速い」= 「会社を辞める人の特徴」と決めつけるのは時期早々。

自己啓発の本などで「判断の仕方」を身に着けている場合も多くあります。この項目のみで「会社を辞める人の特徴」として判断するのは大きなミスにつながりますので注意が必要ですが、注視はしたほうがよいでしょう。

仕事を人に振りがち

台所準備がはじまっていますよ。特に本来ならその方の役割なのに仕事を人に振りがちな場合は。

もう身辺整理が始まっていて上司とも退職交渉が終わっているケースのはずです。「会社を辞める人の特徴」としては十分な特徴です。さらに毎日定時に帰宅が加わっていたら間違いないく「会社を辞める人の特徴」です。

会議で思ったこと言う

これも見方がたくさんあります。一概に「会社を辞める人の特徴」として判断するのは時期早々。

自己啓発本で啓発されたのか、ご本人がとても興味がある議題だったのか、もしくは「会社を辞める人の特徴」として無敵モードに入ったのか。

「会社を辞める人の特徴」としてこれだけでは判断してはいけません。複合的に判断したほうがよいでしょう。

同僚に言いたい事言える

仕事は配慮の上で成り立ちます。その中で配慮もなく「同僚に言いたい事を言う」ようになったらこれも「会社を辞める人の特徴」と思ったほうがいいです。

ポイントは「配慮」があるかないかです。配慮の上での言いたいことであれば自己啓発の影響です。

この差を感じ取れる人が「会社を辞める人の特徴」を本当に見極めることができる優秀な人材です。

上司と腹割って話せる

同僚以上に配慮が必要なのが上司です。

「上司と腹を割って話せる」ようになった人は昇進が決まったか、吹っ切れたか、もしくは 「会社を辞める人の特徴」です。この判断は難しいので、少し距離を置いて様子をみることをお勧めします。

一応に「会社を辞める人の特徴」として判断するのは難しいでしょう。

身の周りがきれいになる

急に「身の周りがきれいになる」は確実に 「会社を辞める人の特徴」です。

特に普段物が多い人の場合は確実です。身辺整理が始まっていると考えたほうがいいです。もちろん年末年始の大掃除や異動前後の場合は別で考えてください。

それ以外に急に「身の周りがきれいになる」は確実に「会社を辞める人の特徴」と思い接したほうがいいでしょう。しかも身の周りのものを急にプレゼントされたら間違いありません。確実に「会社を辞める人の特徴」です。

面倒な仕事うけつけない

「判断が速い」+「面倒な仕事はうけつけない」=「会社を辞める人の特徴」。

これは間違いありません。もう辞めることを決めているので時間がかかる仕事や面倒なことは一切受けません。ただ「面倒な仕事はうけつけない」ことも自己啓発本にはよく書かれています。

この特徴も複合で 「会社を辞める人の特徴」として見分けたほうが良い判断になるでしょう。

【まとめ】もうすぐ会社を辞める人の特徴についてまとめてみた。

貴方の周りにもいるかもしれない「会社を辞める人の特徴」をまとめてみました。

特徴一つ一つは些細なことかもしれませんが、「会社を辞める人の特徴」が複数表れてきたら、確実に注視して様子をみることが大切です。

この特徴が3つ以上の場合はもう間に合わない可能性もあります。「会社を辞める人の特徴」を知ることは貴方の生活を守ることになります。

「会社を辞める人の特徴」今一度しっかり振り返ってみてはいかがでしょうか。

今回は会社を辞める人の特徴についてまとめましたが

この記事を読んでいるということは日常に少し悩みを抱えているのいるのでしょうか?そんな貴方にこちらの記事がお勧めです。たくさんの方がSNSにアップしてくれています。参考にしてみてください。

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
韓国語、カカオフレンズ、そして副業時代の生き方まで幅広いジャンルの記事を書いています。
60分500円からの韓国語 K Village
コロナ時代を勝ち抜くために

今回のコロナ騒動。皆様も体感されたと思いますが在宅含め働き方が確実に変わりました。今後働き方がもっと変わっていくでしょう。

コロナ時代を生き抜く準備としての副業時代対策、貴方は万全ですか?

私はこの副業時代を勝ち抜くためにプロにキャリアを見てもらいキャリアからは疎遠と思っていた業界の副業を紹介してもらいました。これが見事にマッチ。

今では毎月12万円程度、副業収入を得ています。

転職ではなく副業。
考えてもいなかった業界での仕事。
副業だから出来るトライ。
まずは無料で相談を。

次は貴方の番です。
↓↓↓↓↓↓↓


テキストのコピーはできません。