ビジネス

感情至上主義が人生を滅ぼす

生徒様へのアンケートでは95.8%の方が上達を実感、99.7%の方がレッスンを楽しめた奇跡の英会話レッスン。今なら無料で体験。急いで!

感情至上主義が人生を滅ぼす

今の日本は感情至上主義価値観が蔓延しており感情的に動くことが素晴らしいことと考え感情的に動く人が多いものです。

また「自分の気持ちに素直に」とか「俺が思ったことが俺のルール」とか感情至上主義を肯定する人が人気だったりします。

しかし、感情至上主義で動くとどうなるのかというとほとんどの人は、だらしなくなりワガママになるだけです。

だらしない方が楽だしワガママにしてた方が楽だからです。

そして、だらしなくてもワガママでもチヤホヤしてくれる相手とだけ関わろうとしその結果、相手に搾取されます。

世の中、チヤホヤしてくれるかわりにお金がかかることが多いものなのです。

というわけで、感情至上主義になるとだらしなくてワガママな存在になりがちでそれが原因でお金に困ることにつながるため気をつけることをお勧めします。

毎日気分良く過ごすことは大切ではありますがそれはやるべきことをやった上でそのようにすべきです。

きちんとした身だしなみをして礼儀やマナーをちゃんと守って責任を持って仕事をしてその上で好きなことをやらないと本当に痛々しい存在になりますので気をつけた方がいいですね。

スーツを着こなすのは面倒だから嫌だ
礼儀やマナーも面倒だから嫌だ
仕事も面倒だから嫌だ

これが俺流だ文句あるかと言っていたらキャバ嬢しかチヤホヤしてくれません。

ではどうしたら感情至上主義が人生を滅ぼざすにすみのでしょうか?

「借金を何とかしないと…」
「老後のための貯蓄が不安」
「熟年離婚したらどうしよう…」

多くの人は問題を抱えると、問題に焦点を当ててしまいます。つまり問題にフォーカスしてしまうクセがあるのです。脳は考えていることを実現しようとする性質があります。

「自分にとって悪いことでも自分の脳が実現させようとするなんて信じられません」

残念ながら脳は、悪いこと、良いことという判断ができません。しかも、考えている言葉を正確に理解してくれるとも限りません。

「借金問題を解決したい」

と正確にとらえず、

脳内「借金?、んー、そうか、借金したいのか。なら借金するようにして行こう」

という感じで勝手にマイナス方向へと脳が舵を切ってしまうことも多々あります。そのため脳内で考えるキーワードにも注意する必要があります。

問題のことを頭で考えていると良いことでも悪いことでもそれを実現させようとしてまうのです。

逆にこの脳の性質を問題解決に利用することもできます。それが問題から目的へとフォーカスをズラすという方法です。

たとえば借金を何とかしたいと考えている。それを考え続けている限り、借金問題の解決からは遠ざかります。

ですが、そこからフォーカスをズラして「やりがいのある仕事をして資産を構築する」という目的にフォーカスしたら。結果としてお金がなく、借金が返せないという問題は解決してしまうのです。これは借金という状態の真の原因を突き止めることにも繋がります。

問題を解決したいと願うなら、問題から目的へとフォーカスをズラす。これがミソです。

今日行うウェビナーは、まさに問題から目的へとフォーカスをズラすキッカケとなります。資産を構築するという目的を達成する中で通過点として借金の完済ができる方法を話します。

1.問題を抱えている
2.問題から目的にフォーカスをズラす
3.目的達成へ行動する
4.目的達成への道を歩きながら問題が解決
5.最終的に目的達成

こういうシンプルなフローで問題はいつの間にか解決するのです。問題から痛みを感じていると、問題に脳内を支配されてしまうものです。

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
転職を数えること6回しています。無理しないが人生のテーマ。でも数社役員に。無理しないで転職を繰り返すことも大事。その上で婚活から音楽まで。幅広いジャンルの記事を書いています。Pairsでいろいろ検証も。そのあたりのノウハウも徐々に書いていきますね。