ビジネス

失敗したらどうしよう?を乗り越える

失敗したらどうしよう?を乗り越える方法

何か買い物をするにしても,何かビジネスを始めるにしても、異性にアプローチするにしても、失敗したらどうしようと考える人は多いものです。

そして、失敗しないために
やめておくという選択肢を取る人が
大半であります。

しかし、アクションしなければしないで
手に入るものも手に入らず
生活は良くなっていきません。

イメチェンすることが出来ず
収入を増やすことも出来ず
恋人を作ることも出来ないのです。

失敗はしないかもしれませんが
新しい生活も手に入らないのです。

では、どうすれば
失敗したくないという気持ちを乗り越え
行動できるようになるのかというと
「失敗しても仕方ない。イチローだって打率3割」
と考えるようにするのです。

ありきたりの話なのですが
本当にこの通りなのです。

実際のところ、買い物もビジネスも恋愛も
達人だって打率10割で
確実に成功することはあり得ません。

どれだけ達人になっても
一定確率で失敗するので
失敗するのは仕方ないことなのです。

そして、達人は
一定確率で失敗することも折り込み済みで
トータルでプラスになれば良いと考えるので
失敗を恐れず打席に立つのです。

というわけで、あなたが失敗を恐れて
あまり打席に立てていなかった場合
失敗は誰でもするものと思って
もっと打席に立つことをお勧めします。

何事においても、例え一部で失敗しても
トータルで成功すれば
それは何もしないより良いですね。

0勝0敗なら、たしかに無敗ではありますが
それより15勝10敗の人生の方が
はるかに多くのものを
手に入れられる人生になります。

誰と自分を比較するか?で将来が変わる

たいていの人は自分と誰かを比較して
優越感を感じたり、劣等感を感じたり
賞賛したり、嫉妬したりしているものです。

それは、男の場合は収入や家や車などについて
女の場合は恋愛や家庭などについて
特に比べてしまうものなのです。

ここで、誰と比較するかは
みんな無意識のうちに決めているのですが
自分より下と比較して
優越感を感じているようでしたら要注意です。

なぜかというと、下と比較していると
あまり上に行く必要を感じなくなり
むしろ下がっていってしまうからです。

例えば、自分が年収1000万円で
年収300万円を人を意識していた場合
年収900万円800万円と
下がっていく可能性が高くなるのです。

一方、自分より上の人と比較して
劣等感を感じているようでしたら
伸びていける可能性があると言えます。

なぜかというと、上と比較していると
自分も頑張らないとという気になり
その結果、上がっていけるからです。

例えば、自分が年収1000万円で
年収1億円の人を意識していた場合
年収1500万円2000万円と
上がっていく可能性が高くなるのです。

というわけで、あなたが
もっとレベルアップしたいのであれば
自分より上の人に目を向け
その人と比較することをお勧めします。

私自身、下と比べると気持ちは楽なのですが
そうするとどんどんだらしなくなっていくため
あえて香港の大金持ちの中に身を置いて
「自分はまだまだだ」と思って暮らしています。

誰と比べるか?は、とても大事で
それは、どんなメディアを見るか?とか
どんな人と会うか?どんな街に住むか?により
変わる面が大きいので
これらには気をつけた方がいいですね。

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
転職を数えること6回しています。無理しないが人生のテーマ。でも数社役員に。無理しないで転職を繰り返すことも大事。その上で婚活から音楽まで。幅広いジャンルの記事を書いています。Pairsでいろいろ検証も。そのあたりのノウハウも徐々に書いていきますね。