ビジネス

【知ってた?】税金の滞納は自己破産においてもすべては免責されません。他にも沢山ある税の秘密知識を知る!

生徒様へのアンケートでは95.8%の方が上達を実感、99.7%の方がレッスンを楽しめた奇跡の英会話レッスン。今なら無料で体験。急いで!

【知ってた?】税金の滞納は自己破産においてもすべては免責されません。

日本国民には、教育、労働、納税の義務が課せられています。

これは日本の最高法規である日本国憲法においてしっかりと定められています。

国を維持するためには、高い教育レベルのもと子供たちを育て上げる必要があります。

子供たちが成人となって以降、高い生産性を上げることができれば、結果として国力を支えることになるからです。

また、しっかりとした教育を施すためには、労働をすることでお金を得る必要もあるはずです。個々の労働もまた国力に直接的に繋がります。

さらには、労働によって得た所得の中から、税金も支払う必要があります。税は国や地方自治体の運営をささえます。

また、これらの業務を担当する公務員の給与や公共投資など、さまざまな部分において、実質的な経費として充てられるのみならず、これもまた国力を支えることに繋がるものだからです。

「これでは国を支えるために生きているようなものではないか」

と、そのように感じられる方もいらっしゃることでしょう。

しかし税金によって支える国家とは、国民の生活や財産を守るための仕組みでもあることから、結果的に義務に対する恩恵を、私たちは享受することになるものです。

日本国民であれば、教育、労働、納税の義務からは
逃れることができません。

お金がどうしても返済できない策として、任意整理や自己破産についてもふれてきています。

債務を国の許可のもと、免責してもらうことができるわけです。しかしながら、国民の義務としてうたわれている一つ、納税については、すべてとはいきません。

滞納処分の停止執行が適用される場合もありますが、所得税や相続税などの国税、住民税や自動車税などの地方税などについては、支払い義務が残るのです。

つまり税金の滞納は、たとえ自己破産したとしても残る場合があるわけです。

では納税額を少なくしたりゼロにすることは可能なのでしょうか?

決して免れることができない納税ですが、では、納税額をより安くすることはできるでしょうか。

「税金とは払うものではなく、納めるものである」とお役所はいいます。

しかし、払う場合も、納める場合も、財布からお金が出て行くことに変わりはありません。

つまり、義務であろうがなかろうが支出は支出であり、よってこの支出をなるべく安く済ませることができるなら、それを貯蓄なりに回すことができることになります。

税金については、同様のことを考えられる方は少なくありません。

ただし、納めたくないからと、本来支払うべき税額をごまかしたり、隠したりすることは犯罪となります。

ごまかすことで税金の納税を免れようとすると、後に重加算税や重いペナルティを課せられることがあるわけであり、決してすべき行為ではありません。

では、税金を節約することは無理なのでしょうか。

結論から申し上げるに、合法的に税金を節約する方法はいくらでもあります。

合法的ということから、正しく納税する必要は当然ありますし、規定の納税額を納める必要もあります。

しかし、さまざまな状況を組み合わせることにより、算出される税額を低く抑えたり、一旦支払った税金を、戻してもらうことができるのです。

これを一般に「節税」と呼びます。

とてもポピュラーな方法であるとともに、私たちの生活に密着することから、この言葉を知らない人は少ないはずです。

本カテゴリにおいては、税金についての知識を深めるとともに、免れることはない税金を、なるべく少なくしたり、時にゼロにするための方法について学んでいくことにしましょう。

節税を考える以前に持ちたい税の知識

節税を考えるためには、税金に対する知識を持つ必要があります。ところがこの知識をほとんど持ち合わせていない人も少なくありません。

特にサラリーマンの方の場合、税金は会社側が計算し、給与を受け取る以前に控除されてしまうことから、

何がどの程度引かれているかについては、あまり関心がなく、振り込まれた残高に「給料が少ない」と嘆くだけという人が、とても多いものです。

ここではまず、税の種類について学んでいくことにしましょう。とはいえ、おおよそ知っておくべき税金は、所得税と住民税のふたつです。

所得税についての知識を深める

私たちが注意を払う国税として所得税の存在を挙げることができます。

所得税ということから、所得に対して課せられる税金であるわけですが、その詳細は若干意味合いが異なります。

また、この点が節税を実現する核となる部分なので、しっかりと理解しておく必要があります。

所得税額を計算する場合、まず収入から必要経費(給与所得控除)を差し引きます。これが所得金額と言うことになります。つぎに所得金額から所得控除額を減額します。

所得控除額とは、会社員の所得税や住民税を計算する際、実所得から差し引くことができる控除分をいいます。

会社経営の場合、商品売上に法人税が課せられるのではなく、ここから仕入れ原価や販売経費を差し引いた額が課税対象となります。

サラリーマンにおいても、この想定額が、所得控除額として認められているわけです。

所得金額から所得控除額を差し引いたものが、課税所得金額ということになり、これに税金が課せられるのです。

さて、税金を計算する場合には、課税所得金額に税率を掛け合わせ、ここから税額控除額を減額します。

税額控除額とは、その年に決定された税のおまけ的なものであり、規定額を無条件で控除することができます。

これで所得税額の算出が完了です。

そして、所得税額から源泉徴収税額をマイナスすることで算出された金額が、申告納税額ということになります。

ちなみに、この額がマイナスの場合には、その分のお金が還付されることになります。

なお、源泉徴収額とは、あらかじめ想定され事前に徴収された額です。

つまり、あらかじめ想定された税金はすでに引かれているため、年末調整などで正しい数値を計算しなおして、その差額をあらためて申告納税額として支払ったり、逆に還付を受けたりするわけです。

地方税。住民税を知る

先の所得税が国税であるのに対して、住民税は地方税として徴収されます。

住民税は所得税と連動して計算がなされます。このため、所得税を節税することができれば、住民税も、それにスライドする形で節税できることになります。

住民税は、「均等割」と「所得割」によって構成されています。個人住民税の均等割については、一部の自治体を除いたほとんどが同じ金額に設定されています。

また、所得割とは、所得金額や所得控除額から算出される税額です。

つまり、所得税を節税することで、この所得割部分の節税も実現することになります。なお、住民税は前年度の所得をもとに計算がなされます。このため入社1年目のサラリーマンは、住民税の源泉徴収はありません。

しかしながら、途中退職や定年退職などで、職業を退いたとしても、その翌年に住民税の徴収がなされる点には注意が必要です。

直接税と間接税の簡単な節税手段

先に紹介した所得税ならびに住民税は、国税と地方税の相違はあるものの、直接的に納税する必要があるものです。これを直接税といいます。直接税は、たとえば国税においては、法人税や相続税、贈与税などを含みます。

これらの税金を節税することができれば、直接的に納めるお金を少なくすることが可能となります。一方で、物品などを購入する際に間接的に支払うことになる税金もあります。これを間接税と呼びます。

間接税としては、昨今税率引き上げが問題になっている消費税や、酒税、タバコ税、登録免許税、自動車重量税、印紙税などを挙げることができます。

間接税の存在により、私たちは物品を購入したり、なんらかのサービスを受けることで、多くの税金を支払うことになります。

また、酒タバコなどの嗜好品には、高い税率が課せられていますし、ガソリンにかかる間接税もまた、意外なほど高いものです。

ちなみにガソリンや酒タバコなどの嗜好品には、間接税を含む価格に消費税がかかります。

つまり税の二重取りということになり問題となっています。

間接税を節税するための策としては、間接税のかかるものをなるべく買わない取り組みが必要となります。

まず、消費税はほとんどの商品にかかることから、消費自体をなるべく減らす必要があります。

また、車に乗ることで各種間接税の支払いを余儀なくされることから、車には乗らないことがベストな節税となります。

さらには、できればの話ですが、間接税の高い嗜好品には手を出さないことも大きな節税効果を生み出します。

そして地方税の税金の種類とは

先に紹介した直接税と間接税においては、主に国税を例に挙げています。この一方で地方税についても少々ふれておくことにしましょう。

地方税とは、地方における行政府が課税し、その行政府に対して納付する税金を意味します。地方税は、普通税と目的税に分類されています。

普通税とは、使途を特定することなく、一般経費に充てる目的で課される租税のことをいいます。

また、これに対して目的税とは、特定の費用に充てる目的で課される租税のことをいいます。

ちなみに、都道府県税の普通税としては、道府県民税、事業税、地方消費税、不動産取得税などを挙げることができます。

また、目的税としては、自動車取得税、自動車税などを
挙げることができます。

一方、市町村民税の普通税としては、市町村民税、固定資産税、軽自動車税など、市町村民税の目的税としては、都市計画税、住宅開発税、国民健康保険税などを挙げることができます。

このように、私たちはさまざまな税金を直接的、間接的に納めていることになります。このため、税金を一切支払わないで生活することは、まず不可能です。

しかしながら、無駄なものを買わない、付加価値のついたものやサービスに近づかないことで、これらの税額を減らすことは十分に可能であるといえるでしょう。

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
転職を数えること6回しています。無理しないが人生のテーマ。でも数社役員に。無理しないで転職を繰り返すことも大事。その上で婚活から音楽まで。幅広いジャンルの記事を書いています。Pairsでいろいろ検証も。そのあたりのノウハウも徐々に書いていきますね。