MENU
ビジネス

【低次の欲求】マズローの欲求段階説とは「低次の欲求が満たされないと高次の欲求は満たされない」というもの。

生徒様へのアンケートでは95.8%の方が上達を実感、99.7%の方がレッスンを楽しめた奇跡の英会話レッスン。今なら無料で体験。急いで!

【低次の欲求】マズローの欲求段階説とは「低次の欲求が満たされないと高次の欲求は満たされない」というもの。

出典:日経ビジネス 引用:https://business.nikkei.com/
普段私たちは生活で自己実現のため、人間の欲求を自分のモチベーションとして生活しています。

人間は段階的に低次元で満足すると、次の高次元の欲求を求めます。
心理学的にも自分が他者より安全でありたいという安心を求め、相手に自分を承認して欲しいという欲求を求めたりする傾向にあります。

世の中には色々な階層に所属している人は何らかの段階を踏んで成長し生活しています。
人はなぜ段階を踏み欲求を求め生活しているのかを、アメリカの心理学者アブラハム・マズローが文献の記事にまとめたものを発表しています。

あなたの生活に密接的に関係している欲求を、マズローの理論の基ひもといてみます。

・マズローの欲求段階とは?

出典:ferret 引用: https://ferret-plus.com/5369

人間心理学を研究していたマズローの欲求の理論では、人間の自己実現欲求は5段階の階
層に分別されピラミッド型をしていると定義しています。

マズローの著書の記事に人間は自己実現に向かって絶えず改善などしながら成長していくとしており、自分が生きるために働き報酬を獲得し、自分が生きるということに向かい成長しています。

また、自分のWeb上での仕事やビジネスに例えると、商品を売りたいというマーケティングの段階で購買力を調査し、顧客に商品のメリットや管理方法や安全に商品が使えるよう説明します。

サービスや標品が提供される顧客側が、自分にあっているか欲しい物なのかを判断し承認となれば商品購入になります。

自分にとって満足できなければ購入とう行為にはならない訳で、根底にある欲求について語っています。

これは、マズローの理論にも相対しており、ピラミッド型に例え理論化されており次の通りになっています。

・生理的欲求

マズローは人間の欲求には段階があり生理的欲求は、人間が生きていくたにある根底的欲求であるとも語っています。

新聞記事などで世界では未だ紛争が絶えず行われており、自分が最低限必要な食事や睡眠が確保されないまま紛争が行われています。

この状態は心理学的にも一層の紛争を招くサイクルとして認知されており、欲求の自己実現に執着するのではなく、階層や身分に左右されない安全な生活が出来るよう世界が一致協力しケアしていかなければならない問題です。

商品のマーケティングにおいても、どんなサービスを受けられても自分の根底の生活が整っていなければ欲求があったとしても商品購入はしません。

・安全欲求

出典:pakutaso 引用: https://www.pakutaso.com/

次の段階にマズローは、人間は自己実現のため生活や自分の心や体の安全を得ようとする欲求があると定義しています。

心理学的にも自分の食べる、寝るが改善されると次への欲求階層へと人間は進みます。
例えれば企業の商品販売ビジネスのWeb記事や街頭でマーケティングリサーチをするのも、どのようなサービスを行えば商品が売れ業績をのばし成長していけるかを占うものです。

少しでも販売するリスクを軽減し精神的余裕を確保しモチベーッションを上げることは大切です。

誰しも理論的に安全が頭のなかで承認され、安全が確保されることが後々自己実現には有効であることは理解しており、必要なステップでもあります。

・社会的欲求

出典:pakutaso 引用: https://www.pakutaso.com/

マズローは自己実現のため生理的欲求と安全欲求に満足すると次の段階として、社会欲求が現れると定義しています。

人間だれしも自分の人生がこの先どうなるか、安全欲求に書いたように心理学的にも気になります。

新聞記事でも、社会問題として日本の看護や介護サービスの問題は、少子高齢化を迎えている日本では理論的にも重要な問題です。

社会福祉施設が多く承認をうけ設置されていますが、低賃金が労働待遇の低さからモチベーションが上がらず離職者が多くいます。

高額所得者の階層ばかりが、安心して暮らせる社会では日本も不平等社会となってしまいます。

社会的欲求があるということは、求人マーケティングに需要があることでもあり働くことにもなます。

自分の居場所を見つけ社会参加を促し社会的欲求を持つことは生きていく上でも重要です。たとえば、ちょっとした副業でも欲求は満たせます。副業時代はすでに始まっているのです。

・承認欲求

出典:pakutaso 引用: https://www.pakutaso.com/
誰でも社会の中で、他人から自分の特徴や価値を承認されたいと思う気持ちは潜在的に持っています。

例えば日常の生活の中で英語やドイツ語など数か国語話せる人は、他者から見れば教養のあふれる人だと尊敬され、他人から尊敬されているという目で見られ自分が他人から承認され優越感の欲求を満たすことができます。

他国の言葉を英語辞典や関連用語辞書で調べれば誰にでも可能ですが、外国語が話せ理解出来るという方法に対し欲求承認の念が生まれます。

他にもブログで関連情報を検索した際に、一覧表示の最上位に自己ブログがあればみんなから認められたたと優越感にひたることも承認の欲求の現れとも言えます。

承認欲求には、高低のレベルの違いはありますが尊重欲求は自分自身の評価が重視される欲求がみたされることが重要です。

・自己実現欲求

出典:pakutaso 引用: https://www.pakutaso.com/

マズローは著書の記事の中で、自己実現のため人間の生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求の以上4つの欲求が段階的に満されても、自分の満足度が高くない限り欲求は改善されないと解説しています。

仕事やビジネスで心理的にモチベーッションが上がる方法を理論的に試すことは、自己の転機にもなり新しい自分の能力に気づくことにもなります。

自己実現欲求は自分の中では、高いレベルにあり、この欲求を満たすためには自己の努力と段階的な欲求改善が必要になります。

有名芸能人を目指し私生活でアルバイトを目指している若者は、その段階において社会的欲求が満たされないまま自己実現を目指していることになります。

【マズローの欲求段階説】まとめ

欲求段階説とは、要求にはピラミッド型状に欲求の段階があり、高次の欲求の根底には低次の要求の充実が前提であることを述べています。

我々の私生活でもこの欲求段階説にあてはまるようなことが見受けられます。

ブラック企業とは、十分な睡眠やまともな労働環境という低次の欲求を満たさないまま、高次の欲求を満たそうとする組織の総称であり、高次の欲求を目指すには低次の欲求の充実が必要不可欠です。

今回は【マズローの欲求段階説】についてまとめましたが

この記事を読んでいるということは日常に少し悩みを抱えているのいるのでしょうか?そんな貴方にこちらの記事がお勧めです。たくさんの方がSNSにアップしてくれています。参考にしてみてください。

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
転職を数えること6回しています。無理しないが人生のテーマ。でも数社役員に。無理しないで転職を繰り返すことも大事。その上で婚活から音楽まで。幅広いジャンルの記事を書いています。Pairsでいろいろ検証も。そのあたりのノウハウも徐々に書いていきますね。
生徒様へのアンケートでは95.8%の方が上達を実感、99.7%の方がレッスンを楽しめた奇跡の英会話レッスン。今なら無料で体験。急いで!
23の質問で運命の出会いを。