ビジネス

「雰囲気が悪い会社や組織」に見られる共通点

生徒様へのアンケートでは95.8%の方が上達を実感、99.7%の方がレッスンを楽しめた奇跡の英会話レッスン。今なら無料で体験。急いで!

「雰囲気が悪い会社や組織」に見られる共通点

「雰囲気が悪い会社や組織」、職場にいると仕事するのが嫌になってきますよね。そもそも「雰囲気が悪い会社や組織」ってどういった特徴があるのでしょうか?

社会人になると人は必ず、仕事、同僚、自分、社員、上司とコミュニケーションを取ることを求められます。転職したく原因はストレスや写真同士の人間関係、空気の気持ち悪さなどすべてが人に依存します。つまり「雰囲気が悪い会社や組織」に愛想を付かすのです。

雰囲気が悪い会社はオフィス環境や職場環境で改善するのか、というと少しは改善しますが根底は人が原因です。

昨今、企業運営においては離職率は大切な指標になっています。採用が難しいこの時代では当然のことでしょう。それが「雰囲気が悪い会社や組織」が理由だとしたら、非常に由々しき事態です。

社長や上司からすると「我が社は雰囲気が悪い会社や組織ではない」と思っているものですが実際の社内は各部署の悪口や居心地の悪さ、待遇の悪さなど常に話題になっているものです。一般の社員は社長や上司には相談できません。小さい積み重ねが「「雰囲気が悪い会社や組織」」を作ってきます。

今回はそんな「雰囲気が悪い会社や組織」の特徴をまとめてみました。貴方の会社は大丈夫ですか?でもこの記事を最後まで読むことで「「雰囲気が悪い会社や組織」」の特徴が整理され貴方の会社も「雰囲気が悪い会社や組織」から「雰囲気が良い会社や組織」変えることできるかもしれませんよ。最後までゆっくりご覧ください。

「雰囲気が悪い会社や組織」の特徴


「雰囲気が悪い会社や組織」の特徴を経験からまとめてみました。一つ一つにコメントと対策をまとめていきますね。極論から申し上げますとこの特徴を読んでいるうちにイメージ想起できたキーパーソンは部署移動、もしくは最悪解雇を検討すべきです。人は簡単には変わりません。

他人に無関心なのに他責する評論家社員


他人に無関心な人はまだいいのですが、他責して評論家ぶる社員が多くないですか?とくに長年働いている人はその傾向があります。時としてその判断はあっているかもしれませんが、新入社員や若いメンバーからするとその人の行動は「雰囲気が悪い会社や組織」に見えてきます。兎に角自分は正しい、間違えているのは貴方だ、と言いふらし、空気を悪くして、「あの人には何を言っても無駄だ。あきらめよう」と組織に勢いがなくなります。

他人に無関心なのに他責する評論家社員が組織の中心に居るときはすぐに異動をさせましょう。明確なタスクを与えることで作業に集中し、ほかのスタッフに目が行き届かなくなります。その結果として、他人に無関心なのに他責する評論家社員に怯えていた優秀なスタッフは生き生きと仕事をすることになり、結果として組織自体も活性化してくるでしょう。人の配置次第で「雰囲気が悪い会社や組織」は一変するものです。

強すぎる上下関係。気分屋・裏表ある管理職や上司


「雰囲気が悪い会社や組織」の多くは管理職や上司によって形成されます。これは間違いないです。最近では「上司ガチャ」なんて言葉も流行っていますがご存知でしょうか?

上司ガチャ
部下は上司を選べないため、どんな上司に当たるかは運次第。ゲームによくある課金ガチャのようなものである、という皮肉たっぷりな例ですが、正直本当にそうですよね。

そんな上司ガチャで引いた上司が「気分屋・裏表ある管理職や上司」だったらもう人生損したようなものです。気分屋・裏表がある上司とは仕事をするだけ無駄という風習が最近の若い子たちには根付いています。時間の無駄だからです。何を言ってもその時の気分ですし、裏表があるから何を言っても無駄、そして時として見捨てられる。「雰囲気が悪い会社や組織」の出来上がりです。

実はこれ対策が一つしかありません。定期的に部署変更。これにつきます。大体上司は新しい組織になった当初は本性を隠します。牙を剥くのは半年後くらいでしょう。一年では長いのです、半年以内に組織変更をすることで対策を打てます。長期プロジェクトを依頼した時点でマネジメントの敗北となりプロジェクトの失敗どころか事業の失敗、そして「雰囲気が悪い会社や組織」として世に広まる前に前向きに手を打ちましょう。

社長が、上司が、が口癖で媚びる人が出世する風土

効率より上司の顔色を見て仕事をする風土があればそれは「雰囲気が悪い会社や組織」と判断して間違いありません。世間ではなく、常に自社の上層部しか見ない会社にそもそも魅力はありません。

不満を裏で言い合う


陰口が大っぴらに出回っている状態です。「雰囲気が悪い会社や組織」といっていいでしょう。表立って進言できないのです、雰囲気が悪い会社や組織だから。

仕事を押し付け合い雑務から逃げる

雑務を後輩や新人、女性に依頼するのが日常の会社、多いですよね。

「コピーしておいて」
「名刺をスキャンして登録しておいて」
「お茶だして」

だけではなく本来本人がすべき仕事ですら押し付け合う風土があるとしたらそれはもう「「雰囲気が悪い会社や組織」」の仲間入りです。

ポイントは「依頼した仕事の意義」を伝えているかどうか。お茶出し一つでも「意義」が本人に伝わりプラスに転じていれば雑務ではなくなります。大切なのは「意義のある仕事」ということを常に伝えていることで事態は180度好転します。貴方は大丈夫ですか?

新人に誰も声をかけない


もうダメです。興味がない人の集合体です。新人に声をかけない組織や会社を作った時点でもうどうしようもありません。今までの採用がすべて間違えています。ということを認めて、あきらめましょう。

【まとめ】「雰囲気が悪い会社や組織」に見られる共通点

多くの方は心当たりがある、もしくはその中心にいる人をイメージ想起できたのではないでしょうか。その件に一度真摯に向きあうことで、貴方の会社は「「雰囲気が悪い会社や組織」」から少し脱却できる機会になるでそう。

一方自分の会社は「「雰囲気が悪い会社や組織」」ではない、と言い切れましたか?もしいい切れるようであれば貴方の会社や組織は本当に素晴らしい組織ですが、私はそんな企業を一度も見たことがありません。過信しても仕方がなく「問題にどう対応するか」に目を向けてみませんか?

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
転職を数えること6回しています。無理しないが人生のテーマ。でも数社役員に。無理しないで転職を繰り返すことも大事。その上で婚活から音楽まで。幅広いジャンルの記事を書いています。Pairsでいろいろ検証も。そのあたりのノウハウも徐々に書いていきますね。