資産家が資産家である理由とは

資産家が資産家である理由とは

資産家が資産家である理由とは

「資産家」と呼ばれる人々も、同様に豊かな暮らしをしているものです。

しかしそのレベルにまで至った経緯は、前者とは大きく異なるものです。
彼らは、お金の価値を熟知しているため、比較的質素な暮らしを続けてきたはずです。

つまり、常に年収よりも低いレベルの生活をすることに配慮し、収入の一部を、必ず貯蓄へと回していたことでしょう。

なぜなら、稼いだお金をすべて使っていたら、いつまでもお金が積み上がることなどないからです。

彼らは、サラリーマンかもしれませんし、会社を経営しているのかもしれません。彼らもまた、徐々に収入を上げてきたはずです。
そして、それに伴い、収入の範囲内において少しずつ生活水準を上げてきたのです。

さて、そんな方々の年収が、現在3千万円だったとしましょう。

彼らは必ずその年収以下の暮らしをしているはずです。3千万円のうち、1千万円を貯蓄に当て、残りの2千万円で生活をしていることでしょう。

つまり、豊かな生活であったとしても、毎月お金を積み上げることを忘れていないのです。

ちなみに彼らは、老後においてもこのスタイルを貫くものです。

資産家ですから、年金に頼った生活を強いられることはありませんが、自らの資産にお金を生み出させる術を知っています。そして資産が生み出すお金の範囲内での生活水準を維持し、お金が稼いだお金の一部を、再度働かせるために貯蓄しているのです。

資産家とは、文字通り大きな資産を持つ人々をいいます。

彼らは「高給取りのお金使い」ではないのです。お金を使うことは、とても楽なことですし楽しいことでもあります。しかし、入ったお金をそのまま消費していては、お金が積み上がることはありません。

人が豊かな暮らしをしているからと、それでは自分も負けずに豊かな生活をしようと、安易に考えるのは好ましくありません。その相手は、もしかしたら、多くの貯蓄を残しつつ、そんな生活をしているかもしれないからです。

当初は質素であっても、お金を積み上げることができるようになれば、必ず経済的自由が手に入ります。

豊かな生活をしたいがためのみに年収を上げたとしても、それは消費を拡大するに過ぎず、資本主義社会の潤滑油にしにしかならないことを、今ここでご理解いただければと思います。

「年収をいくら上げてもお金を貯めることができない訳とは」

について詳しく解説していきます。

お金を貯めるためには、収入をあげることよりも、
むしろ支出を減らす取組みをする必要があります。

「もう少し給料があがれば、俺も貯金ができるのに」

このような言葉をよく耳にします。

しかしこの考え方では、給料が上がったとしても、
結果として貯蓄をすることはできません。

なぜなら、現在貯蓄の余裕がない人が、
たとえ収入を増やすことができたとしても、
その際には、さらに上のライフスタイルを見てしまうからです。

つまりいつまでたってもお金は足りず、
結果としてお金を残すことができないものなのです。

ですから、貯蓄は、今から始める必要があります。

しかしそうはいっても、今まで足りなかったものを、
余らせて貯めていくことは、簡単な話ではないはずです。

各所を節約したとしても、ある日気を許した瞬間に、
お金は出て行ってしまうからです。

では、どのようにしたら、
これまで足りなかったお金を、
逆に余らせて、確実に残すことができるようになるのでしょうか。

これには、抜本的な生活改善が必要となります。

まず削減しかねればならないのは、月々の家賃です。

これを半分からゼロにします。

「そんなこと、できるはずがない」

多くの方がそう思われることでしょう。

では、現在の家賃の半額の物件は、
存在しないでしょうか。

また、実家に戻ることは不可能でしょうか。

抜本的な生活改善とは、
つまり住環境を大きく変えるということに他なりません。

また、住環境を変える為には、
それまで持っていた多くのものを
処分しなければならなくなるかもしれません。

車や家電製品などもしかりです。

随分と不便な暮らしを強いられるかもしれません。

しかし、これを乗り越えなければ、
結果として経済的自由を手にすることは難しいといえます

ビジネスカテゴリの最新記事