ビジネス

心の壁問題。起業時、最初に目指すのは1億円。が多いがダメな例。

心の壁問題。起業時、最初に目指すのは1億円。が多いがダメな例。

これ本当に大事なことなんですよ。起業すると、大体、最初みんな1億円を目指すじゃないですか。何となく、1億円を突破すると成功者の仲間入りするような感じするし、1億円売れるようになると自分も周りも凄く幸せになるんじゃないか、そう思うじゃないですか。でも、現実の世界では1億円稼ぐようになる人はかなり少ない。

ほとんどの人は、
1000万円とか、
2000万円とか、
3000万円とか、

その位の年商で何年もくすぶり続ける。

で、最終的に、起業家として現役を退く時にも結局、その数字を達成できずに終わった…。そういう人、結構いると思うんです。

そこで終わってしまう一番の原因も結局、心の壁問題だと思うのです。
いや、こういう人たちだけじゃないよ。運よく1億円を突破した人だって同じです。

これは1億円突破してみて初めて分かることだけど、まあ、業種にもよるところはあるけど1億円売り上げたところで、「自分の世界ってそんなに変わらない」ですよ。

特に建設業とか製造業とかだと粗利が小さいので1億円売り上げても、社長の年収が1000万円を超えることは、まずない。使える経費は増えるけど、まあでも、たかが知れてるわけです。

コンサルタントとか粗利高いビジネスでも広告費が10~20%掛かるので役員報酬としては、ようやく3000万円とか4000万円とかもらえるようになる感じかな。

え?1億売ってもそんなものなの?

と思ったかもしれないけど、現実ってのは、そんなもん。というか、1億円売ってそれ全部自分のお金になるわけないでしょ。

まあ、それはそれとして、ここに落とし穴があるわけです。

1億円超えると、念願の1億行ったしなーというある程度の達成感も感じるし、段々ね、そこから先を本気で目指すことを志向しなくなるんです。

もちろん、自分なりには頑張ってるんですよ。

でも、豪遊して、豪邸に住んで、さらにお金もどんどん貯まって仕方ない!

というほど劇的に儲かるわけでもないし、、

(本当は、そうした可能性はあるのに、 自分が間違った行動や選択をしているから 現状維持にしかならないだけだけど…)

一応、最初は挑戦しようとするんだけどスタッフや家族など周りも反対する、

(そりゃそうです。だって、みんな今が心地よいので これ以上挑戦すると、今の環境が奪われると思うので…)

で、そうやって段々、

1億円売ったことで、ある程度、
ビジネスのことが分かってきたこともあり、
余計、変な固定観念ができちゃったり、

頑張ってはいるんだけど、
1億円から3億円、5億円と売り上がらないので
自分で自分の限界を決めつけたり、

最後には、

まあ、俺も結構頑張ったしな

という言い訳を残して、心がしおれちゃう

そんな起業家が世の中に沢山いると思うのです。

で、これって本当に勿体ないことだし、

起業家、経営者がこんな風に
限界を決めつけてしまったら、

あなたの愛する業界や、
あなたが救いたいと思う人達は、

もういいや

と思ったあなたと同じように
限界を突破できずに終わってしまうんです。

だから、僕はこの起業家の成功、
成長を蝕む心の壁問題を解決したい。

だってね、僕の大切な仲間の1人、
アジアナンバーワンの留学カウンセラー、
あの桜井彰子さんだって、

「こんなに頑張ってるのに上手くいかないなら、
 もうソコソコでいいや」

と思ってたんです。

でも、その心の壁が突破された時、

一体何のために、この世界で
自分はビジネスをしているのか?

そして、自分は誰を救って、
ほんの1ミリかもしれないけど、
この世の中や業界をどう変えたいのだろうか?

今まで自分でも想像していなかった
新しいビジョン、その答えが見えて来たと言います。

僕はこういう起業家を増やしたいし、
そのために自分の人生を賭けて
この仕事を全うしたい。

本気でそう思っています。

だってですよ、
あなたや、あなたと同じように、

お客やクライアントを救いたい

そして、お客に本物の価値を届けたい

そう思っている人は
その業界であなたが一番なはずです。

一番のあなたが、自分で作り出した
心の壁を越えなくて、誰が超えるんですか。

ほんの微力だけど、
僕はそういうあなたの力になりたい。

本気でそう思ってコンサルしてます。

だから、一人じゃ無理でも
一緒に心の壁超えていこう

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
転職を数えること6回しています。無理しないが人生のテーマ。でも数社役員に。無理しないで転職を繰り返すことも大事。その上で婚活から音楽まで。幅広いジャンルの記事を書いています。Pairsでいろいろ検証も。そのあたりのノウハウも徐々に書いていきますね。