ビジネス

結果を出すメンバーの特徴とは?結果を出すメンバーの特徴10選

結果を出すメンバーの特徴とは?結果を出すメンバーの特徴10選

結果を残したい!今よりももっと成長したい!向上心のある人なら誰でもそう思うはず。

では実際に結果を残したいならどうすればよいか。そう、それはすでに結果を出している人の「マネ」をすることです。それで今回は「結果を出すメンバーの特徴10選」ということでお話していきます。

これを読めば、あなたもより効率的にしかも短期間で成長できます。では、さっそく結果を出す人の特徴を完コピしていきましょう。

素直(過ちを認められる)

間違いを指摘したときに「でも…」とか「私的には…」と自分の意見を曲げない人がいます。

そして自分の意見を正当化する為に上司の悪口を言って回る人も。そうした「味方探し」をしてしまう人や「過ちを認められない人」は残念ながら結果を出す人とは言えません。

言いたいことがあったとしても「申し訳ありませんでした」と素直に言える人は心の大きな人、自尊心のある人です。その人はたとえ部下が失敗しても「私の責任です」と言える頼れる上司になれるでしょう。

自責が強い(言い訳しない)

自責とは、読んで字のごとく「これは自分の責任だ」と理解している事。

これはチームにとって非常に大切です。なぜなら、チームの一人一人にはそれぞれ異なった役割が与えられています。時には誰のせいで失敗したのか、原因を追究しないといけないこともあります。

おそらく原因を作った人は心の中で「自分のせいだ…。」とすぐに分かるはず。責任感が強い人は進んで手をあげ「自分の責任です」と言うことが出来ます。

間違いを隠そうとしたり、その場をやり過ごすために人のせいにする人が企業のために結果を出すことは出来ません。なぜならその人は会社の益ではなく自分の益しか考えていないからです

ハードワークする

自分に与えられた仕事を完璧に果たす人は責任感がある人の特徴です。

しかし、一歩進み「何が改善できるか、より良いものにできないか」と追求できる人は「結果を出すメンバーの特徴」です。改良を求める人は、進んで自分の時間を割くため、仕事の量も増え、睡眠時間を削る必要さえ生じるかもしれません。

なぜそこまでの犠牲を払えるのでしょうか?それは、その仕事が好きだから、楽しいからです。

その人は他の社員と比べてハードワークをしているにも関わらず顔は生き生きとしています。進んでハードワークをこなす人は、その仕事にやりがいを感じているのです。

その人は必ずや結果を出してくれる素晴らしい人材であるに違いありません。

悲観的に見積もり楽観的に行動する

「あれもダメ、これもダメ」悲観的な人は色んな理由をつけてチームの足を引っ張ります。

特に悲観的な人はいわゆる「攻めの企画」に全力で抵抗します。リスクばかりに注目、なかなか前に進めません。でも仕事において、何もリスクを考えず「なんとかなるさ精神」も考えもの。

しかし結果を出す優秀な人材は絶妙なバランス感覚を兼ね備えています。それが「悲観的に見積もり楽観的に行動する」です。しっかりリスクにも向き合い、必要な対策も練り、それでも失敗したなら仕方がない、みんなで頑張ったのだからきっと上手くいく、という楽観的な見方も持っています。

そのように仲間を励ましてくれる人は必ず結果を残します。

数字に執着する

何かに執着するということは、「こだわり」を持っているということ。

数字にこだわる人は、原因と結果を数値化できます。無駄なことを省き、利益を生み出すために何をしなければならないかを明確にしてくれます。そのデータはチームとして決定しなければならない方向性をはっきり示すものになります。

もちろん、数字はあくまでも参考程度でやってみなければ分からない、とりあえずやってみよう!という経営者の方もおられるかもしれません。しかし根拠のない自信よりも、徹底的な調査に裏打ちされた自信は全く違います。社員の安心感、仕事への取り組み方も違ってくるでしょう。

そんな頼れる根拠を与えてくれる人材は結果を出す人の特徴です。

レスポンス速い

いつ返信しよう…?そんな恋愛のような駆け引き、仕事には必要ありません。

速いに越したことはありません。例えば「この仕事をお願いできますか?」とのメールに2日以上返信がなかったら、差出人はどう感じるでしょうか?

違う人に依頼すべきか、返信を待つべきか、待った結果断られるのであれば、本当に時間の無駄です。もちろん熟考した結果、返信が遅れたというのは仕方のない事です。

しかし「いついつまでには必ずお返事します」「今、こういう状況です」などのレスポンスがあるだけで印象は全く違います。

何かを尋ねられるということは、誰かが待っているということ。待たされている人はずっとそのことが気になっています。レスポンスが早いということは相手の立場に立って行動できる愛のある人、結果を出すメンバーの特徴です。

口よりも行動で示す

「口ばっかりだな…」そんな同僚があなたの周りにもいますか?

そんな人は結果を残せない人の典型的な特徴です。結果を残す人は、口より行動で信頼を勝ち得ます。口が上手な人は一見、上司からも気に入られ、信頼されているかのように見えるかもしれませんが実は違います。

上司は本質を見抜いています。外せない大切な企画があるときには、無口でも行動で信頼を実証してきた人が必ず選ばれます。結果を出す人ほど、語ったことと行動が一致しているのです。

タスクの優先順位が明確

「それ今やる?」新人に対してこう感じる方も多いはずです。

優先順位をしっかり見極められない人には共通する事があります。それは「仕事の全体像が見えていない」という点です。しかし結果を出すメンバーは違います。

まず全体像をしっかり把握し自分に求められてることを明確にします。分からないことは質問します。さらに優先順位を明確にできるメンバーはイメージする力にも長けています。

自分の仕事が遅れれば次はどうなるのかを想像し、客観的に仕事を見ることも出来ます。結果に差が出来るのは当たり前です。

コミュニケーション能力が高い

結果を出すメンバーのほぼすべてに共通しているのが「コミュニケーション能力の高さ」と言っても過言ではありません。

ではどんな人がコミュニケーション能力が高いと言えるのでしょうか?自分の意見を分かりやすく、堂々と発言できる人ですか?そうとも限りません。自分の意見をどのように伝えるかよりも、大切なのは相手が何を求めているのか、それを汲み取る能力です。話をよく聞くだけではなく、相手の目や表情、口調、雰囲気をよく観察し、まずは相手の必要を理解し、意見を尊重しなければならなりません。

その過程を経て初めて、自分の意見を発信する環境が整います。結果を出すメンバーは相手の必要をよく理解している人とも言えるでしょう。

社外でインプットしている

結果を出す人は、空いた時間に「投資」をします。とは言っても、実際の投資ではありません。

自分自身への投資です。向上心のある人は、自分の時間を、価値あるものに振り分けます。お金を払って講義に参加したり、読書したり、限られた時間を有効活用します。しかし一見価値がないと感じるもの、例えば居酒屋での上司の長い話でさえ、貴重なインプットになり得ます。

無駄と思える会話に心を閉ざした時点で、そこから学べるものは何もなくなります。言い換えると、結果を出す人は謙遜な人です。いつでも学ぶ側、インプット側に回れるからです。

【まとめ】結果を出すメンバーの特徴10選

いかがだったでしょうか?今回は結果を出すメンバーの特徴10選をお伝えすることが出来ました。

「あの人は結果を残す人だ!」誰かの顔が思い浮かびましたか?

今回、お伝えした点を実践するなら誰でも結果を出す人として成長していけます。一度にすべてをマネするのは難しいですが「今日はこの分野で頑張ってみよう」と小さな目標を立て、それを毎日クリアしていくなら1年後、3年後には必ず結果を出す人として成長していることでしょう。

ABOUT ME
GOSPELS OF JUDAS
韓国語、カカオフレンズ、そして副業時代の生き方まで幅広いジャンルの記事を書いています。
コロナ時代を勝ち抜くために

今回のコロナ騒動。皆様も体感されたと思いますが在宅含め働き方が確実に変わりました。今後働き方がもっと変わっていくでしょう。

コロナ時代を生き抜く準備としての副業時代対策、貴方は万全ですか?

私はこの副業時代を勝ち抜くためにプロにキャリアを見てもらいキャリアからは疎遠と思っていた業界の副業を紹介してもらいました。これが見事にマッチ。

今では毎月12万円程度、副業収入を得ています。

転職ではなく副業。
考えてもいなかった業界での仕事。
副業だから出来るトライ。
まずは無料で相談を。

次は貴方の番です。
↓↓↓↓↓↓↓


テキストのコピーはできません。